昨日は所属しているJOFI愛知の文化講演会・忘年会でした。
 
 
 
講演会が午後からでしたので、大須のインド・ネパール料理店にて腹ごしらしました。
 
お店の名前を確認しませんでしたが、こちらのカレー&ナンは、わたくし好みで美味しかったです。
 

 

 

 
 
 
そして13時より、愛知県スポーツ会館において、文化講演会が行われました。
 
 
まずは大内安全部長より、ライフジャケットについての講習です。

 

 

 
ひとえにライフジャケットと言っても、大変奥が深いのです。
 
 
釣りによっても適したタイプが細かく分かれているのです。

 

 

 

とても内容が濃いので、JOFI愛知会員の方以外にも聞いていただきたいなと感じました。

 

 

続きましては安達海面部長の、北海道の鮭釣りについての講演でした。

 

 

 

今年の9月にJOFI愛知の有志会で鮭釣りに行った時の詳細をお聞きしました。

 

わたくしも行きたかったのですが、釣り教室と日程が重なっていたためあきらめたのでした。

 

 

 

 

釣り場所や、アクセス、餌や仕掛け、釣り方など、興味深いお話が盛りだくさん。

 

 

 

 

 

ちなみにその時の鮭は、余吾さんが送ってくれまして、無事わたくしの胃袋に収めることができたのですよ。
 
 
オスが2匹でしたが、メスは卵に栄養が取られてしまうので、オスのほうが断然美味しいのだそうです。

 

 

まずはルイベでいただきましたが、最高に美味しかったです!

 

 

ムニエルも、スーパーで買う鮭とは、一味も二味も違いました。

 

 

白子のバター焼きもグー。

 

 

こちらは、白子ぽん酢です。

 

 

 

胃袋は、やっぱり珍味ですね!

 

image

 

カマ焼きは、みな無言で一気にいただきました。

 

 

もちろんお寿司にもしましたが、いつもの回るお寿司とは全然違いました。

 

 

 

image

 

 

冷燻にかけましたが、こちらも超美味!

スモークサーモンのサラダは、いくらでもいけちゃう美味しさでしたよ。

 

 

 

・・・と、ブログは結局わたくしの食べる話になってしまいましたが、講演会はたいへん有意義でした。

 

 

 

講演会の後は、東別院の日本料理店・縁さんにて忘年会でした。

 

 

 

いつもながら清潔感のあふれる素敵な店内でございます。

 

 

 

こちらに我らがサカッシー兄さんの作られた、ヤマトが飾られていましたよ。

 

image

 

細かいところまで、とても精密に作られています。

またカラーリングが、超マニアックなのです。

 

 

そしてお楽しみのお料理です。

 

写真ではお伝え出来ないところがとても残念なのですが、ひとつひとつのお料理が、たいへん素晴らしいのです。

 

 

まずは、柿の白和えでございます。

 

 
 

お造りには、大好きなハガツオ登場。

 

 

 

炊き合わせは、口に含むとひとつひとつ丁寧に手が入れられていることがよくわかります。

 

 

 

最高です!!!

 

ご覧ください。

 

こちらはマスターが釣ってこられた郡上の鮎ですが、頭と骨が抜かれていて揚げてあるのです。

 

 

わたくしは普通の塩焼きでも頭から尾まですべていただきますが、こんなに丁寧かつ上品に処理されてあれば、頭や尾の苦手な方でも丸ごといただけると思います。

 

マスターの食材に対する大きな愛が感じられました。

 

 

右下のものは「マコモダケ」で、秋に道の駅などで見かけてましたが、初めていただきました。

 

 

 

 

お鍋には、キジのつみれが入っていましたが、これがふんわりとても美味しく、上品なお出汁ととてもよく合いました。

 

 
 
締めには雑炊です。
 
う~~~ん、たまりません。
 
 
心のこもった美味しいお料理をいただくと、身も心も満たされますよね。
 
 
素敵なお仲間たちとの会話もはずみ、とっても楽しいひと時を過ごすことができました。
 
 
 
 
皆々様に 感謝、感謝の一日でした。