バラード1番 ロシア語解説

テーマ:

お久しぶりです。

 

オリンピックから約1か月半ぶりにブログ更新です。

 

毎日仕事・家のことにアワアワ・ワタワタしながら日々を過ごしていますが、

 

実はオリンピック後にイリーナさんが羽生選手のショートプログラム ロシア語解説の文字おこしをして下さいました。

 

私の都合でひと月半も経ってしまいましたが、

 

イリーナさんの労力を日本語にしましたので、お時間のある時にどうぞ。

 

 

ショートプログラムだけで3つあるのですが、一つ目は、アレクセイ・ヤグディンさんの解説です。

パートナーを務めているのは、アンドレイ・ジュランコフさんです。

 

ヤグディンさんは皆さんご存知ですが、

 

ジュランコフさんは・・ソチの時に羽生選手の金メダルが確定した瞬間の映像・・

ここに映ってました。眼鏡をかけた男性です。

 

 

ヤグディンさん&ジュランコフさんの解説より一部を抜粋:

 

(演技前)

ヤグディン:この先ミハイル・コリャダの演技がありますが、タチヤナ・アナトリエヴナ・タラソワがおっしゃるように、
しばし黙って、オリンピックチャンピオンの演技に浸りましょう。

 

(タラソワさんが解説の相方さんによく演技に前言う言葉ですが、最初のジャンプの後、ジュランコフさんが我慢できずしゃべってしまいます。)

 

ジュランコフ:彼は今二つ目の4回転を跳ぶ必要が
あるだろうか?彼は跳ぶだろうか?

 

ヤグディン:もちろん。

 

(2つ目のジャンプ後)

 

ヤグディン:ワーオ!

 

ヤグディン:このプログラムが終わるのが待ちきれない。
これは本当に・・・何か信じられないものです。

 

(演技後)

ジュランコフ:フー。なんということだ。


ヤグディン:そう。皆さん、あなたたちは本当に何か信じられないショートプログラムの目撃者です。

 

(途中省略)

 

ヤグディン:彼はこの怪我の後、どこにも出場していなかった。
そして彼の最初の演技がここオリンピックのリンクだった。
そしてそれは非の打ちどこのないものだった。

 

(途中省略)

 

ヤグディン:ユヅルは多くの選手に比べ、プログラムの中でのバランスの良さが特に優れています。
いつもそのプログラムの多くにうっとりと浸ることが出来ます。
最高難度のエレメントにだけではなく、そのカリスマに、彼のスタイルに。

 

(以下省略)

https://rutube.ru/video/130f223f70a19f9d379b1ce765658622/

 

ちなみにジュランコフさんはユーロスポーツのロシア語解説をしていて、2017四大陸選手権でも弾丸トークを繰り広げた方ですが、

字幕をつけた動画、dailymotionでは見られなくなってますので、Rutubeに移動しました。

https://rutube.ru/video/50fc2977ddd26203c1a43f0dd1cf8575/ )

 

Rutubuという動画サイトはYoutubeを文字ったようなジョーダンのような名前のロシアの動画投稿サイトです。

馴染みのない動画サイトですが普通に見れます。ちょっと速度が遅いことがあるかもしれません。

ご不便をおかけしますが、都合によりこちらに動画を投稿しました。

 

---------------

2つ目は タチヤナ・タラソワさんの解説です。

 

タラソワさんの相方さんはいつものスポーツ解説者グリーシンさんです。

こちらも抜粋です。

 

(演技後)

 

タラソワ:音楽と彼。 これは・・・一つのもの。

 

タラソワ:どんなに私は才能を愛しているでしょう。
彼のすべてを愛している!

 

タラソワ:才能は人々に幸せを与えている。幾千の人々に。
幾百万の人々に。生き、魅了し、創造する(力を)与えている。

 

タラソワ:ありがとう、愛する男の子。
回復したことに、復帰したことにありがとう。

 

痛いのか、痛くないのか-それは誰の関心も呼ばない。
あなたはここにいる。

 

そして再び自分のために素晴らしく滑り切った。
ありがとう。

 

(途中省略)

 

タラソワ:彼はどんなに音楽を感じているでしょう。
すべてがその中で一致している。

 

タラソワ:この外見上の、そして内面的な繊細さ。
そしてその精神状態。

 

タラソワ:これはこのような日本人の内面にある
とてつもなく大きな力。

 

タラソワ:私はいつも言っているんだけど、
勝つためには、少し日本人のようでなくちゃいけない。

 

(途中省略)

 

タラソワ:なんという精神的力。

 

 

タラソワ:あぁ、なんというスケートの美しさ。

なんと素晴らしい息吹がこのスケートの中にあるでしょう。

 

(途中省略)

 

グリーシン:これは最も偉大なスケーターによる現在の名作です。
すべての時代のといってもいいくらいです。
大げさに言うのははばかられるが、、
彼は素晴らしい。

 

(途中省略)

 

タラソワ:彼はルッツを跳ばず、ループを跳ばなかったんですよ?
跳んでいたものを跳ばなかった。
でも彼は跳んだものをいっそう輝かしく跳んだ。
彼はまるで・・・タービンのように回転した。

 

 

(少し考えてタービンという言葉が出てきました。)

 

https://rutube.ru/video/7365c1141f9c1d758636a8dcc977549b/

 

(動画をうまく貼り付けできなかったので、リンクで紹介します)

 

タラソワさんはジャンプの時にハッ!とか言ったり、

とても感情豊かにしゃべるので、聞いているだけで、なにか気持ちが伝わってきます。

 

---------------

 

最後は、ユーリャ(ユリヤ・リプニツカヤ)解説です。

相方の解説者さんは、名前が分かりませんでしたので、解説者としました。

 

最終グループが始まる前の6分間練習の一部を入れています。

 

(6分間練習)

リプニツカヤ:今誰よりも気がかりなのは、もちろん、ユヅルとミーシャ(ミハイル・コリャダ)です。
ミーシャについては、団体戦の後で今大変だという分かりやすい理由で。

 

リプニツカヤ:ユヅルについては、どれだけ私たちは彼を見ることがなかったでしょう。

どれほど私たちは彼を待っているでしょう。

練習で見ましたが、もちろん、彼を心配しています。

まだ怪我から離れたばかり。2週間・・オリンピックまで

2週間というところでやっと跳び始めました。

わかりません。見てみましょう。待ちましょう。

 

リプニツカヤ:でも彼は自分を緩めることはしません。
彼は闘士です。最後まで闘うでしょう。

 

(途中省略)

 

リプニツカヤ:ブライアン・オーサーが心配しているのは、
もちろん見ればわかります。
練習では、とても几帳面になっていました。

足のことで手を打っているのはすぐわかります。

 

(6分間練習が終了)

 

解説者:でも試合を欠場する時期があって、彼の格付けは下がってしまったでしょう。
 
リプニツカヤ:そんなことは決してありません!
 
(演技中、このお二人は沈黙を守りました。)
 
解説者:氷を支配する人、ユヅル・ハニュー。
 
リプニツカヤ:これは何か驚くべきものでした。
本当に神のように滑りました。
 
(途中省略)
 
リプニツカヤ:最高の人。本当に最高。

 

リプニツカヤ:決して彼は自分を緩めない。
 
解説者:彼はなんと感情で観客を支配しているんだろう。
見事に。巧みに。
完全に観客を支配している。
 
リプニツカヤ:本当にコメントする必要はありません。
必要なのはただ見ることです。
 
リプニツカヤ:4回転ルッツはなく、4回転ループもありません。
その代わりやったことは、2つの4回転。
4回転-3回転を後半に。後半にトリプルアクセル。
 
リプニツカヤ:スピンのそれぞれの動きは、
すべて腕で完成させている。スピンの時に。
 
(途中省略)
 
 
リプニツカヤ:ジャンプはまだいずれにしても
苦しいものだということは明らかです。
でも彼はいかにそれらに挑んだでしょう。
どんなに大変か、どのように彼が回復したのか、
彼は怪我の後、長い時間をかけて回復したのですが、
まったく何も見せていません。
 
解説者:シークエンスはどう?
 
リプニツカヤ:シークエンスは本当に・・・
 

解説者:まるで氷の上に習字の手本を描いているかのようだね。
すべての形を描き出した。

 

リプニツカヤ:どれほど難しい音楽でしょう。

 

(以下省略)

 

https://rutube.ru/video/712c0db603050788f9663dfbfc8d8277/

 

ユーリャ解説は淡々としたしゃべり方が彼女らしくて好きです。

淡々とエレメントを解説し、最高の賛辞をおくっています。

 

以上 ロシア語解説の紹介でした。

 

まもなくアイスショーの季節がやってきますね。

 

皆さまどうぞお元気で・・・heart*