民家再生工事②

テーマ:
仮設足場が組まれました。
{BE2FC331-3C10-4508-8D5E-71A82C59C17E}

{795AA2B5-2018-4D60-9E8F-7127598EE30E}

{DE266866-CA1F-4E08-B53D-A0EFD6F1F3F6}

中では壁の解体してます。
{91E7C14A-CF7E-42BD-BEDD-30C82E46799E}

土壁は解体しても土、竹、藁しか発生しないのですべて土に還すか土は練り直してまた土壁に使うこともできます。
{078A209F-EAB1-408A-B853-FF5B460492C7}

家の中でユンボがはしりまわってます。
石場建てには基本的には土台(木造用語)がないんです。
AD

民家再生工事①

テーマ:
T邸の民家再生工事が始まりました。

まずは北側竹林伐採から始まりましたが、

やっと片付けに目処がつき、解体を始めました。

他現場と並行作業のため、なかなか人数確保ができていませんが、

少しづつ進めています。

おそらく築100年ほどだとは推測されます。

家の神棚には一番古い年代で寛政6年、文化、嘉永と書かれた先祖のお位牌が供えられています。

{2E768000-771F-4E3F-B258-16F07704FFBF}

{358A2256-C1BA-4CF7-98A9-8CB9AE7A436E}

{3E0A7968-B7DF-4578-BFB1-9AE7B425D475}

{647041BA-72ED-4D74-ADAE-126380B4740F}

{68DE0020-61BC-4283-ACF8-DF2ECD375A3A}

{0BD9A58D-034C-4064-ADFF-0863EA26DC47}




AD