SIED研修に込めた想い

--カウンセラーから企業研修講師へ--



北海道の中小企業を元気にしたい!



個人の悩みを聴くカウンセラー
として、長く働いてきた私が
なぜ企業研修をするように
なったのか?



それは、今から7年前に夫をがんで
失ったことに端を発します。



この時、夫は、中小企業の二代目の
社長でした。
がんの苦しみとともに
会社経営でも深く悩んでいました。
そして、結局2年間の闘病後に
亡くなったのです。



至近距離で過ごしてきたのに、
夫の苦しみを、何一つ軽くすることが
できなかった!
私は強い無力感を感じていました。



心理学の仕事をしていた私は、
夫の仕事とは一切無関係でした。
助けてあげたくても、方法が
わかりませんでした。



その後、いろいろな
ご縁が繋がって企業の研修を
させていただくようになりました。



営業の経験は皆無で、
14年間を大学と大学院で
生きてきた私に、企業のお役に
立てるのか、不安がありました。



でも長い間、仕事の相談に
のっていただいている
ある方の一言が背中を押して
くれたのです。

「土倉さんは人の心と関わる
プロだよね。
土倉さんが営業をする必要は
ないんだ。営業の人にやる気に
なってもらえばいい」



この一言で開発したのが
SIED研修です。



そんな気持ちで始めた
企業研修ですが、
去年から継続研修で
関わらせていただいている
石田歯科商会さんでは
2014年度の新規獲得件数が
過去3年間平均の3倍に
なるという結果を得ることが
できました。



数字となった結果を
見た時に、真っ先に脳裏に
浮かんだのは、亡くなった夫の
笑顔でした。



なんだか
「よくやったな!」
と、夫の
声が聞こえてくるような
気がしたのです。



私にも企業のお手伝いができる!



この時ほど嬉しかったことは
ありません。



今の私の夢は、SIED研修で、
中小企業の社長さんを
笑顔にしたい!
笑えない人は、笑えるように!
笑っている人は、大笑いできるように
お手伝いがしたい!
もちろん、社員さんも、
ご家族も笑えるようにしたい!



そんな思いで、毎日、企業研修での
新しい経験を重ねさせて
いただいています!