左手の小指の待機場所は? | バイオリンを人生の友に♪名古屋市のバイオリン教室 「RISAバイオリン教室」

バイオリンを人生の友に♪名古屋市のバイオリン教室 「RISAバイオリン教室」

ケルン音大卒ヴァイオリニスト。演奏家として活動しながら名古屋市にて「RISAバイオリン教室」を主宰。本場ドイツで学んだ技術と自分の想いを音に乗せる表現力のバランスを重視した本格派オーダーメイドレッスンです


テーマ:

現役プロバイオリニストRISA先生の
オーダーメイドバイオリン教室

「RISAバイオリン教室」の瀧澤理紗です

 

 

バイオリンは左手の親指以外の4本の指で弦を抑えて音程をコントロールします。

 

ここで一番大変なのが小指です。

ほぼ皆さん、最初のころは小指を動かすことに苦労します。

 

 

まず必ずポイントになってくるのが
小指を使わない時でも弦の上で待機させているかどうかです

 

こんなふうに待機!矢印

 

小指が弦から大きく離れてしまっている場合、

いざというときにさっと弦を押さえられないのです。

 

人間は基本的に上げる動作よりも下げる動作のほうが楽にできています。

そのほうが負荷もすくないです。

 

つまり弦の上で小指を待機させておき、下におろすだけの動作のほうが楽なのです。

 

たったこれだけの前準備が、曲を弾くうえで大切になってきます。

 

で、よくあるのが

てん小指が下に落ちて丸まっちゃってる状態



 

いざ小指を使おうとすると、

①指を持ち上げる→②伸ばす→③押さえる

 

という動作が必要でスマートに弾けないのです。

 

指板の上に小指を待機しておけば

①小指を弦の上におとす

 

だけで済むのに!!

 

小指が丸まってしまっているときは

 

丸小指が下に落ちないように小指を掴んじゃったり

丸小指の下に指を出してストッパーにしたり

 

生徒には弾きにくいらしく大不評ですが!笑

 

この小指の正しいポジションが当たり前になるまで続けます!

なれるとこのほうが楽なので小指がスムーズに押さえられるようになりますよ

 

 

名古屋市緑区のバイオリン教室
「RISAバイオリン教室」です

宝石ブルーホームページ
宝石ブルー体験レッスンについて
宝石ブルーレッスン案内
宝石ブルーお問い合わせ

本場ドイツで学んだ技術と自分の想いを音に乗せる表現力のバランスを重視したレッスンを、ひとりひとりの個性や目標にあわせてオーダーメイドで行います

アクセス
電車地下鉄桜通線「神沢駅」から徒歩7分
車名二環「鳴海インター」から車で3分

 

 

 

ポチっと応援していただけたら嬉しいです!ダウン


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村

「RISAバイオリン教室」には西区、北区、守山区、東区、中区、千種区、天白区、名東区、昭和区、瑞穂区、熱田区、西区、中村区、南区、緑区、中川区、港区、豊明市、大府市、日進市、東海市、みよし市、鳴海、大高、有松、左京山、東郷、神沢、徳重から生徒さんにお越しいただいています

 

 

 

 

 

 

名古屋市「RISAバイオリン教室」瀧澤理紗さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス