指の脱力エクササイズ! | バイオリンを人生の友に♪名古屋市のバイオリン教室 「RISAバイオリン教室」

バイオリンを人生の友に♪名古屋市のバイオリン教室 「RISAバイオリン教室」

ケルン音大卒ヴァイオリニスト。演奏家として活動しながら名古屋市にて「RISAバイオリン教室」を主宰。本場ドイツで学んだ技術と自分の想いを音に乗せる表現力のバランスを重視した本格派オーダーメイドレッスンです


テーマ:
現役プロバイオリニストRISA先生の
オーダーメイドバイオリン教室

「RISAバイオリン教室」の瀧澤理紗です






今日は指の脱力について!

脱力って、しなきゃいけないのわかってるけど
力を抜こうとするけど、力を抜こうとすればするほど
余計に力が入っちゃう。



すごーくすごーく難しいですよね!?



まずね、
右手の脱力するには左手が脱力していないと出来ない。

右手の親指の力を抜くには
右手の指全体が脱力してないと出来ない。

だからまずは
左手の指の力を抜くことから始めます。


そもそも指でギュっと押さえていませんか??
その認識から変えていきましょうよ!


指は押さえるんじゃなくって
指板の上に置く
って考えてくださいな!


やり方としては

①弦の上に指を置く




まずは押さえないで弦と指を触れさせます。

②弦に触れたまま指を指板の上に置く




指が指板に向かい、指板についたら止めるということです。


③これで弾いてみましょう!

どうですか?
いつもより力抜けてます?

いつももっとぎゅっと押さえていたならそれは押さえすぎです。
これくらいの力できれいな音は十分出ます。

指は中は芯が通っているけど外はフワフワなモールをイメージしてください。





いつもと変わらないなって思った方は
指の脱力は問題ないということです。

まずは意識して音階をこれくらいの力で弾いてみましょう♪



このエクササイズをした時の生徒の感想をどうぞI

------------------------------------


今日はスゴイ事教えて頂いた‼️
いや、毎回だけどね。

右手、弦を押える指。
弦に指を乗せる、次に指板に指を乗せる。

と、あら不思議。
ちゃんと音が出る。

今まで矢印ギューっと弦を押さえていたけど
こうやって脱力していかないと、右手も左手も
力が入り、疲れると思うし、キレイな音も出ない。

レッスンで先生と二重奏すると
なんだか上手くなった気分になれる。

------------------------------------

違いがすぐ感じられるこのエクササイズは
時に感動を生むことも!笑


練習の一番初めのウォームアップとして
続ければこれだけでも相当うまくいくようになりますよ!

ぜひ実践してみてください♪
 




名古屋市緑区のバイオリン教室

「RISAバイオリン教室」です


宝石ブルーホームページ

宝石ブルー体験レッスンについて

宝石ブルーレッスン案内

宝石ブルーお問い合わせ



本場ドイツで学んだ技術と自分の想いを音に乗せる表現力のバランスを重視したレッスンを、


ひとりひとりの個性や目標にあわせてオーダーメイドで行います


 


ご演奏依頼もお待ちしています♡


ご依頼はこちらクリックご演奏依頼



アクセス

電車地下鉄桜通線「神沢駅」から徒歩7分

車名二環「鳴海インター」から車で3分

 


 


 


ポチっと応援していただけたら嬉しいです!ダウン




にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ



にほんブログ村



「RISAバイオリン教室」には西区、北区、守山区、東区、中区、千種区、天白区、名東区、昭和区、瑞穂区、熱田区、西区、中村区、南区、緑区、中川区、港区、豊明市、大府市、日進市、東海市、みよし市、鳴海、大高、有松、左京山、東郷、神沢、徳重から生徒さんにお越しいただい


 


 


 

名古屋市「RISAバイオリン教室」瀧澤理紗さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス