バイオリンの梅雨対策! | バイオリンを人生の友に♪名古屋市のバイオリン教室 「RISAバイオリン教室」

バイオリンを人生の友に♪名古屋市のバイオリン教室 「RISAバイオリン教室」

ケルン音大卒ヴァイオリニスト。演奏家として活動しながら名古屋市にて「RISAバイオリン教室」を主宰。本場ドイツで学んだ技術と自分の想いを音に乗せる表現力のバランスを重視した本格派オーダーメイドレッスンです


テーマ:

名古屋市のオーダーメイドバイオリン教室


「RISAバイオリン教室」の瀧澤理紗です




梅雨がやってきますね。もうすぐ6月ですものね~




雨の日が続いて部屋の湿度が高くなると、バイオリンの音が悪くなるので本当に気を使います。


バイオリンって木でできているんですよ。
400年前に作られてからほぼ変わっていないので木製の楽器。

ということは?
湿度にめちゃめちゃ弱いんです!

何が起こるかというと
てん雨のせいで調弦が狂いやすかったり
てん指板がベタベタしたり、
てんペグが回しにくくなったり、
てん弦がサビたり
てんそしてなにより!音が全然響かなくなる!!


演奏の機会が梅雨にあったりすると全然いい音でなくて大変・・・。


大切なバイオリンのためにもこの時期の湿度対策には色々と気を使ってあげましょう


注意点①湿度 70%を越えたら注意!!

例えば、「部屋の湿度が高くなってきたな、何かベタベタしてきたな。」って思ったら、即エアコンの除湿モードをオン!です。

これだけでも、バイオリンの調子はけっこう良くなります。

ただ除湿のやり過ぎにも注意!!

特にエアコンの風が直接当たるのは、湿気よりも危険です。
エアコンの風があたっただけでも、しばらくするとパキパキ音がすることがあるぐらい繊細な楽器なんです。

バイオリンには湿度50%~60%が最適

そして、ケース内をカラッと爽やかにしておくと安心して楽器を保管できます。

湿気は下にたまりやすいからなるべく楽器は床から少し話した場所
棚や机の上に置くようにしましょう。

弦楽器専用の除湿剤がそんなに高くなく売っているのでこの時期は入れてあげるといいと思います。



よくバイオリンを持って出かけるなら特に!

湿度調整剤も年中入れておいてもいいアイテムですね





ケース内とケース外の湿度の差が大きすぎるのは本当に危険です。
バイオリンが割れる可能性も・・・


注意点②外出するとき

もし、布張りのケースを使っているなら、雨の影響が強いので注意しましょう。

必ずバイオリンを拭く布を持ち歩いてケースが雨にぬれたらすぐ拭いてね

私もハードタイプのケースを買う前は布張りのケースだったので、雨の日はケースに専用レインカバーをかけて外出してました。

ケース専用レインカバー


私が雨にぬれてもバイオリンはぬらさない!笑


ハードタイプだと防水性が強いけどぬれたらちゃんと拭きましょう!


注意点③ペグが回らない

梅雨時は湿気を吸った木が膨張するので、ペグが回りにくくなることがよくあります。

そんな時に力を発揮するのが、ペグをすべりやすくするためのコンポジションです





雨の多いシーズンだけではなく回りにくいなと感じたら使える
本当に便利なアイテム。

松脂と同じで一回買えばなかなか、なくならないし、一本あって損はなし。

あ、塗り方の注意ですが、糸巻き全体ではなく、ペグボックスと接する部分にのみ塗ってくださいね。



大体この3項目に注意しておけば
梅雨の時期でも快適にバイオリンを弾けるのでオススメですよ♪


名古屋市緑区のバイオリン教室

「RISAバイオリン教室」です


宝石ブルーホームページ

宝石ブルー体験レッスンについて

宝石ブルーレッスン案内

宝石ブルーお問い合わせ



本場ドイツで学んだ技術と自分の想いを音に乗せる表現力のバランスを重視したレッスンを、


ひとりひとりの個性や目標にあわせてオーダーメイドで行います


 


ご演奏依頼もお待ちしています♡


ご依頼はこちらクリックご演奏依頼



アクセス

電車地下鉄桜通線「神沢駅」から徒歩7分

車名二環「鳴海インター」から車で3分

 


 


 


ポチっと応援していただけたら嬉しいです!ダウン




にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ



にほんブログ村



「RISAバイオリン教室」には西区、北区、守山区、東区、中区、千種区、天白区、名東区、昭和区、瑞穂区、熱田区、西区、中村区、南区、緑区、中川区、港区、豊明市、大府市、日進市、東海市、みよし市、鳴海、大高、有松、左京山、東郷、神沢、徳重から生徒さんにお越しいただいています


 


 


 


 


 


 



名古屋市「RISAバイオリン教室」瀧澤理紗さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス