【ネタバレ注意】映画『真実の行方』の伏線解説&考察。 | 裏旋の超絶☆塩レビュー

裏旋の超絶☆塩レビュー

主にアイドル・推理小説・スポーツ・ゲームについて日々感じたことを毒を交えて熱く語るブログ。


テーマ:

「意表をつく展開に、さらにひねりが」

「ギアが最高の演技を見せた作品」

 

『真実の行方』

[Primal Fear]

<1996年>アメリカ映画

真実の行方 [DVD] 真実の行方 [DVD]
1,500円
Amazon

 

<あらすじ>

冬のシカゴで地元のラシュマン大司教が惨殺され、大司教のもとで教会のミサを手伝っていた聖歌隊所属の青年アーロン・スタンプラー(エドワード・ノートン)が容疑者として逮捕される。自分の名前がテレビのトップニュースに取り上げられることに目がない辣腕弁護士マーティン・ベイル(リチャード・ギア)は、アーロンの弁護を自ら買って出る。これに対し検察当局は、こちらも辣腕女性検事として名を馳せていたジャネット・ベナブル(ローラ・リニー)を担当検事に任命し、第一級殺人の罪でアーロンを起訴、死刑の判決を得るよう指示する。ジャネットはマーティンの州検事局時代の部下であり、一時交際していた元恋人だった。

マ-ティンは大司教の身辺を洗ううちに大司教の裏の顔を知る。アーロンたちに「悪魔払い」と称して性行為を強要するポルノビデオを撮影していたが、それは同時に被告の動機に繋がる証拠でもあった。法廷に持ちだすことは弁護側の敗北も覚悟しないとできない。マーティンは苦境に立たされることになる……。

 

<スタッフ>

監督 グレゴリー・ホブリット

脚本 スティーヴ・シェイガン

    アン・ビダーマン

原作 ウィリアム・ディール『真実の行方』

製作 ゲイリー・ルチェッシ

製作総指揮 ハワード・W・コッチJr.

音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード

撮影 マイケル・チャップマン

編集 デヴィッド・ローゼンブルーム

 

<キャスト>

リチャード・ギア(マーティン・ベイル)

エドワード・ノートン(アーロン・ルーク・スタンプラー)

ローラ・リニー(ジャネット・ベナブル)

スタンリー・アンダーソン(リチャード・ラシュマン大司教)

ジョン・マホニー(ジョン・ショウネシー)

アンドレ・ブラウジャー(トマス・グッドマン)

マウラ・ティルニー(ナオミ)

フランセス・マクドーマンド(モリー・アリントン)

アルフレ・ウッダード(ショート判事)

ジョン・セダ(アレックス)

アザレア・ダヴィーラ(リンダ・フォーブス)

 

 

ある日、

市民から愛されていた大司教が

ナイフでめった刺しにされ、

血まみれで逃亡していた青年を逮捕する。

彼は無罪を主張し

現場にもう1人の犯人がいたと言う。

血を見て気絶したのでその男の顔は見ていない、

気づいたら血まみれで

怖くて逃げてしまったらしい。

 

名声が欲しい傲慢な弁護士マーティンは

すぐこの事件に飛び付き

無償で弁護を引き受けると、

検察側はマーティンの元恋人

ジャネットを担当検事にぶつけてくる。

果たして

アーロンは有罪なのか?無罪なのか?

 

この映画は

「刑法第39条」がテーマになっている。

心神喪失者は罰せられず

心神耗弱者は刑を減刑するという法律。

事件を追ううちにアーロンが

解離性同一性障害、

つまり二重人格で

「もう1人の人格(ロイ)」が

殺人を犯したということがわかるのだが

弁護側は無罪で進めた最初の主張を

変えることができないため

今さら心神喪失で逃げることはできない。

そこでマーティンのとった作戦とは?

 

いや~途中まではよくある展開だけど

やっぱり最後のひと捻りが効いています。

(読めたけどね……)

恋人同士で争う法廷バトルも熱い。

ジャネットに最後のスイッチを

わざと入れさせるやり方も上手く

あの真実をも見破ったマーティンは格好よかった。

真実を知ってしまったがゆえに

ラストは後味の悪いものになってしまうのも

過去の自分の台詞が皮肉になって

跳ね返ってくるのが面白いと思いました。

 

それとこの2人には

よりを戻してもらいたいなぁ。

 

★★☆☆☆ 犯人の意外性

★★★☆☆ 犯行トリック

★★★★☆ 物語の面白さ

★★★☆☆ 伏線の巧妙さ

★★★★☆ どんでん返し

 

笑える度 -

ホラー度 -

エッチ度 ○

泣ける度 -

 

評価(10点満点)

 7.5点


 

 

 

 

 

 

 

 

 

------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ここからネタバレあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

----------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1分でわかる結末

 

 

○被害者 ---●犯人 ---動機【凶器】

リチャード・ラシュマン ---●アーロン・スタンプラー(ロイ) ---憎悪【刺殺:ナイフ】

(事件以前)

リンダ・フォーブス ---●アーロン・スタンプラー(ロイ) ---憎悪【不明】

 

<結末>

大司教が性行為を強要したポルノビデオを証拠に

厳しく追いつめられるアーロン。

その時アーロンの態度は豹変した。

暴力的な「ロイ」の人格が現れて

ジャネット検事の首を締め付ける。

すぐにアーロンは取り押さえられて

法廷は騒然となった。

 

二重人格を認めざるを得ないとして

判事は裁判を審理無効とし、

アーロンは精神病院へ収容されることになった。

ジャネットは仕事を失い、

マーティンの勝利を認める。

 

拘置所のアーロンに伝えると

彼は助けてくれたことに感謝する。

そのまま帰ろうとしたマーティンだが

別れ際に言った

アーロンのある一言が気になり

そのことを追求すると

彼は驚くべき真実を告げる。

 

実はアーロンは二重人格のふりをしていて

マーティンたちをも欺いていたのだ。

しかもアーロンは最初から存在せず

ロイの方が本体だと……。

まんまと騙されて

殺人者を助けてしまったことを知った

マーティンの足取りは重かった。

 

どんでん返し

 

この映画のどんでん返しは

ラスト5分に訪れる。

 

拘置所で別れる時に

アーロンがマーティンにこう言う。

「ベナブル検事に伝えて下さい。

すみませんって。

首が何ともなければいいけど」

「ああ」

一度は帰ろうとしたマーティンだが

今の台詞がおかしいことに気づく。

法廷で暴れたのはロイの人格で

アーロンにはジャネット検事を

襲った記憶が無いはずだ。

「今何て言った?」

「え?」

「覚えていないはずだぞ。

どうして首のことを知ってる?」

するとアーロンは拍手をして笑う。

「いやぁ大したもんだね、マーティン。

黙っていようと思っていたんだ。

すげー喜んでいるのに水差しちゃ悪いから。

けど気がついてくれて本当に良かった。

もうずっと言いたくて堪らなかったよ。

どっちをやればいいか

途中でわかんなくなっちゃってさ(笑)

アーロンかロイか、ロイかアーロンか」

 

 

アーロンは二重人格のフリをして

マーティンを騙していたのだ。

彼は心神喪失者が罰せられないという

刑法第39条を利用するために

別人格を演じたが、

それはロイではなく

臆病者のアーロンの方が

演じていた人格だった。

つまり本体の人格は凶暴なロイの方だ。

この顔、

腹が立ちますね。

 

これにはマーティンも脱帽するしかない。

二重人格のアーロンに同情し

彼を助けるために

元恋人まで巻き込んだのに

依頼人が完全に1枚上手だった。

アーロンが悪人だと知っているのは自分だけ。

彼は精神病院から

1ヶ月ですぐに社会復帰する。

そのように手配してしまったから……。

殺人者を逃がしてしまった後悔は

この先も付いて回るだろう。

 

 

水色はミスリード紫色は伏線です。

 

アーロンを解離性同一性障害であるように

思わせる方向がミスリードになる。

 

最もわかりやすいのが

精神科医のアリントンとの対話で

突然ブチ切れたこと。

カメラの調子がおかしくなり、

アーロンに聞いたら「俺が知るかよ!」と

急に態度が変わった。

 

その後マーティンに責められて

ついに凶暴な別人格ロイが登場する。

ここで完全に二重人格だと思わされる。

 

 

一方でアーロンが演技をしているとわかる

重要なシーンがある。

 

精神分析医のアリントンとの対話で

急に態度が凶暴になったが

人格が入れ替わった時の様子とは違って

急に怒り出している。

 

ビデオカメラの充電切れで

「ピッ」という音がうるさくて

アーロンは明らかにいらついていた。

アリントンが話しかけると

「それがどうしたってんだ?」と顔を挙げて睨む。

よく考えてみてほしい。

人格が入れ替わった時、

それまでの記憶が無いはずなのだ。

 

マーティンに詰め寄られてロイが出た時、

ロイは「お前誰だ?」とマーティンに質問している。

今までの流れからして不自然だが

人格が入れ替わったのだから

アーロンの時の記憶がないとすれば理解できる。

しかしこの時はついカッとなって

切り替えの芝居を行わずに

ボロを出してしまったようだ。

その後ロイの状態で「アーロン?」と声をかけられて

あわててアーロンに戻るのだが

これも急にアーロンに戻って不自然だった。

 

アーロンが事件のことを話す場面も

よく考えたらおかしい。

彼はこう言った。

借りた本を返しに行って大司教の書斎にいました。

そしたら物音がしたので戻ったんです、ベッドルームに。

大司教が床に倒れていて

そこら中血だらけだったんです。

それから人影に気が付きました。

誰かが大司教の上にかがみこんでいた。

そいつが僕に気づいてこっちに来た時、

気絶したんです」

 

さて我々、視聴者は

大司教が殺された場面を見ている。

大司教は風呂上がりを殺されていた。

つまりこの話が本当なら

大司教が風呂に入っている間に

アーロンが本を返しに

書斎に来たら物音がして

寝室で殺された場面に

遭遇したということになる。

これは無理が無いだろうか?

 

彼は大司教の部屋の鍵を持っていた。

なぜ鍵を持っているのか誰もつっこまなかったが

そこは置いておいて

アーロンは『7つの破風の屋敷』を

10ページで挫折する程度なので

読書家だとは言い難い。

 

アーロンの部屋には

「読みかけの本」が1冊あった。

この本はウィリアム・フォークナーの

『アブサロム、アブサロム!』という

アメリカ南部のゴシック小説。

この小説は未読だが

さまざまな人物によって語られる複雑な構成らしい。

多重人格の示唆か。

 

おそらくこの本が借りている本だろうが、

返しに行っていないことが重要

複数冊借りていたとしても

図書館みたいに期限があるわけじゃないから

1冊だけ返しに行かないだろうし、

上にも書いたがそんなに読書家じゃないはずだ。

 

現場は血の海だった。

第3者がいたとして

足跡を残さずにアーロンを血だらけにして

立ち去ることは容易なことじゃない。

 

大司教は首から胸にかけて

左側からナイフが突き立てられたと推測される。

つまり犯人は左利き。

アーロンは左利きだった。

 

被害者の胸に刻まれた

「B32.156」の数字は

図書室のB32の棚にある

ナサニエル・ホーソーンの『緋文字』の

156ページを見ろという暗号。

次の文章にアンダーラインが引かれている。

「人は長い年月にわたって、

内と外で2つの顔を使い分けていると

やがて混乱に陥り、真の自分を見失う」

これは話の流れで

大司教の裏の顔を指しているように思わされるが

アーロン自身のことを言っている。

またこの文章には「長い年月」とあるので

ロイとアーロンの2役は

かなり昔から(おそらく幼少期の虐待時から)

やり続けているのだとわかります。

 

 

それ以外の伏線では

リンダについて聞かれた場面。

 

リンダが他の男と

つき合っていたか聞かれると黙りこみ

今どこにいるか訊ねられると

別れていなくなったと答える。

自分が殺していることを

嘘をつかずに誤魔化している。

 

よくある疑問

 

Q、大司教が襲われた時、

アーロンは窓ガラスが割れるのを

見ていませんでしたか?

 

この人ですね。

一瞬エドワード・ノートンかと

思った人はいるでしょう。

外国人の顔は似ているから。

この人はただの郵便配達員で

この人が通報したからすぐに警察が来ました。

 

Q,アレックスはアーロンの部屋で何をしていた?

 

ポルノビデオを始末しようと思って

部屋を物色していた。

大司教の秘密を隠蔽するためだが

あれには自分も映っていたから

自分も巻き込まれるんじゃないかと思ったが

結局アーロンの部屋にはビデオは無かった。

 

Q,ピネロという男は

誰に、どうして殺されたの?

 

ショウネシーの部下に殺された。

彼は前からこの町から出て行けと

忠告されていたヤクザ。

それにマンションの建設工事を中止した件で

ショウネシー反対派の重要人物なので

マーティンにとっては大きな損失だった。

 

ショウネシーが出資しているラシュマン財団は

教会の周りの土地を買い取って更地にして

高級マンション開発工事を進めていた。

貧乏な人間を追い出してまで。

マルティネスやピネロは

それに反対するグループで

これはひどいと大司教に抗議した。

すると慈悲深い大司教は開発工事の中止を宣言。

投資したお金(6000万ドル)が

水の泡になったショウネシーは

反対グループを金で黙らそうとしたがうまくいかず

結果的に殺すことで口を塞いだのだ。

 

Q,『緋文字』のアンダーラインは

アーロンが引いたのか?

 

もちろんそうです。

正確にはアーロンというかロイの方でしょう。

教会では大人しいアーロンで通していましたから

溜まっていたストレスや誰かに気づいてほしい

という葛藤があったのだと思われます。

 

Q、殺害現場の隣が『緋文字』のあった図書館?

 

それは違う。

ベッドルームの隣は書斎ですが、

『緋文字』のあった書庫は「地下の」とあり、

そこは聖歌隊の他の人も自由に出入りしていた。

殺害現場は2階であるため

隣の書斎は普通の人は入ってこれないはずだ。

そうなるとアーロンが鍵を持っていたことが

ますます謎になる。

 

Q,マーティンがビデオテープをすり替える場面で

一発で正解を引き当てたのはどうして?

 

字幕だと何の説明をもないから不思議ですが

吹き替えで見たらわかります。

「悪魔払い」というタイトルのビデオを探していたので

マーティンは「悪魔払い、悪魔払い、これか」と

つぶやいていますよ。

 

Q,ジャネットはマーティンから届いたビデオを

罠と知っていたのになぜ法廷に出した?

 

これは彼女の勝気な性格と正義感が

圧力に屈しないと奮い立たせた結果です。

マーティンと話した時点では

そんな手に乗るもんですかと断ったが

ショウネシーが躍起になってビデオを消そうとして

「とぼけるな、あいつと寝た女のくせに」と

彼女を馬鹿にしたことで、

やり返したいという反骨心が生まれた。

それにあのビデオは

アーロンが大司教を恨む強力な動機なので

一石二鳥でもあった。

 

Q,結局、アーロンは二重人格ではなく、

「正常」だったということですか??
それとも、やはり二重人格で

ずっとロイが出てきていただけで、

本当のアーロンは

ずっと出てきてないということですか??

 

基本的な解釈では

「正常」な人間で合っています。

「別人格の時の記憶がある」のは

多くの患者の症状と矛盾しているから

本来の二重人格者ではない。

アーロンは芝居をしていただけです。

 

その一方で

幼少期の虐待で本当に

二重人格になった可能性もあります。

虐待によって

アーロンという弱い自分を捨てて

ロイという強い自分に乗り換えた。

つまり元々のアーロンの人格は

ロイに食われて消えてしまったのです。

「存在しなかったのはアーロンの方だ」

と言う台詞は「アーロンはもういない」と

捉えることもできますね。

 

物語の中で正解がどちらか

どちらにもとれる終わり方になっている。

ひとつだけ言えることは

アーロンの今の人格が1人で

2人分の演技をしていたこと。

本当に二重人格だったか

フリをしていただけか

どちらで考えてもいいと思います。

 

 

エドワード・ノートンという男

 

この映画でデビューしたエドワード・ノートンは

アカデミー助演男優賞にノミネートされ

ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞した。

それも納得の名演技でした。

 

この作品の後も『ファイト・クラブ』などで

クセのある役を演じて評価を高めていくノートン。

オドオドした青年アーロンという表の顔と

暴力的な男ロイという裏の顔を持ち

主役のリチャード・ギアを最後まで手玉に取った。

この最後の豹変ぶりを見るだけでも価値がある。

 

物語としては

事前に「どんでん返し」があることを

知っていて視聴したので

ズバリ予想が当たってしまった。

そこは残念だが、

「首のこと」をうっかり言ってしまい

そこを聞き逃さなかったリチャード・ギアが

真実を見破るところが

格好良かったので結構楽しめた。

 

良い台詞もありました。

終盤のアーロンが二重人格者で犯人だと知った後

雑誌記者に愚痴を話す場面。

「有罪とわかっている依頼人を

どうして弁護するのか?」という疑問に

マーティンは答える。

「有罪判決を受けるまで人は無罪だと信じている。それを信じるのは、人間というものが本来善だと信じているからだ。犯罪というものは必ずしも悪人が起こすとは限らない。わかってやりたいんだ。とても善良な人たちが悪事を働く場合もあるってことを」

この時のマーティンは

かわいそうなアーロンを

心から救ってやりたいと思っていた。

結局それは後味の悪い結末に

なってしまうのだが……。

 

>裏旋の映画レビュー倉庫へ

裏旋(りせん)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ