【ネタバレ注意】映画『キサラギ』の解説&考察。 | 裏旋の超絶☆塩レビュー

裏旋の超絶☆塩レビュー

主にアイドル・推理小説・スポーツ・ゲームについて日々感じたことを毒を交えて熱く語るブログ。


テーマ:

「最高に贅沢なキャスト5人が贈る、

密室エンタテインメント!」
 
『キサラギ』
(2007年)日本映画
<あらすじ>
2007年2月4日、売れないアイドル・如月ミキの一周忌。
ハンドルネーム「家元」(小栗旬)の呼びかけによって、都内某所の一つの部屋にファンサイトで知り合った「オダ・ユージ」(ユースケ・サンタマリア)「スネーク」(小出恵介)「安男」(塚地武雅)「いちご娘」(香川照之)の5人の男が集まった。愛するミキちゃんの追悼会として、思い出話に花を咲かせて盛り上がるはずが、「彼女は自殺じゃない、殺されたんだ」という一言から事態は急変してしまう。もしかして犯人がこの中に……!?次々と明かされる意外な事実。果たして如月ミキの死の真相は!?たった一つの部屋の中で生まれる謎は、誰も知らなかった思わぬ結末へと向かっていく……。
 
<スタッフ>
監督 佐藤祐市
脚本・原作 古沢良太
製作総指揮 三宅純二
製作 水野勝博
    橋荘一郎
音楽 佐藤直紀
撮影 川村明弘
編集 田口拓也
 
<キャスト>
小栗旬(「家元」)
ユースケ・サンタマリア(「オダ・ユージ」)
小出恵介(「スネーク」)
ドランクドラゴン塚地武雅(「安男」)
香川照之(「いちご娘」)
酒井香奈子(如月ミキ)
宍戸錠(イベントの司会者)
 
 
物語のほとんどが
部屋の一室だけで繰り広げられる
舞台劇のような
ワン・シチュエーション映画。
 
自殺した売れないアイドルを偲ぶため
オフ会に集まった5人が
それぞれの情報を元に
事件の真相を探るという密室ドラマ。
 
5人の個性的な配役が絶妙だ。
 
「オダ・ユージ」という役を
ユースケさんが演じて
「踊る」ネタをぶっ込んできたり、
塚地さんが言い間違えて
頬を叩くコントのやつとか
配役絡みのネタや、
香川さんの風貌に似つかわしくない
「いちご娘」の名前や
「喪服を着れば盛り上がれるんです!」
「お前なんか毎日香で十分だ」
「そもそもジョニー・デップを
この角度で見たことがない」
「ママレモンじゃなくてファミリーピュア」など
笑える台詞も多い。
 
そして
練りに練られた脚本が凄い。
さらっと出て来た写真や情報が
後で繋がっていき、
そういうことだったのかと納得する。
 
この映画、
アイドル好きは絶対に観て欲しい!
(ネタバレは見ないでレンタルしてね)
 
アイドルヲタは
共感する場面が多いはず。
ミキが売れなすぎて
ヘアヌード写真集を出すことになり、
それを聞いたファンの
そんなことをしてまで
売れてほしかったわけじゃないという気持ち、
ミキが最後に
納戸で倒れていた真相には
ほろっと泣かされるものがありました。
 
欠点は標準の音量が低いこと。
あと最後の宍戸錠が蛇足に感じた。
小説版ではもうひと捻りあるようだが
俺はその捻りは必要ないと思う。
綺麗に収まっているものを壊さないでほしい。
下のネタバレ項目では
映画版の内容で考察するので
小説版や舞台版とは別物と考えてください。
 
★★★☆☆ 犯人の意外性
★★★☆☆ 犯行トリック
★★★★★ 物語の面白さ
★★★★☆ 伏線の巧妙さ
★★★☆☆ どんでん返し
 
笑える度 ◎
ホラー度 -
エッチ度 -
泣ける度 ○
 
総合評価(10点満点)
 8点
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
--------------------
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ここからネタバレあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
----------------------
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1分でわかるネタバレ
 
○被害者 ---●犯人 ---動機【凶器】
如月ミキ ---●如月ミキ ---事故死【焼死:火事による一酸化炭素中毒】
※小説版の犯人は「家元」
 
<結末>
5人それぞれの正体を知り、
情報をまとめると
ある推測が浮かんできた。
あの日、
ゴキブリが出て、
安男に電話して殺虫剤の代わりに
ママレモンを使ったが
サラダ油を間違えて撒いたらしい。
ラッキーチャッピーのボトルに
入れ替えたため
ボトルを間違えてしまったのだ。
 
寝ている時に地震が発生し、
アロマキャンドルが倒れて火事になった。
留守電の遺言は
安男にリダイヤルしたつもりで
マネージャーに電話がつながり
遺言っぽく聞こえた。
 
納得できる仮説が出たので
この会はお開きとなるが
翌年新しい情報を持った男が現れ、
ミキは殺されたと言い出すのだった……
 
どんでん返し
 
5人の正体についての
小さなどんでん返しから。
それぞれの正体はこちら。
 
「家元」……警察官。
警視総監を父に持つ、
警視庁総務部情報資料管理課所属。
ミキの載った雑誌は全てコンプリートしている。
毎週1通、計200通以上のファンレターを送った。
 
「オダ・ユージ」……ミキの元マネージャー。
「デブッチャー」と呼ばれていたが
ミキの死のストレスで55キロも激やせした。
今回の会を提案した人物。
ストーカー(いちご娘)を犯人だと思っていた。
 
「スネーク」……雑貨屋の店員でミキの友人。
元バンドマンでモヒカン姿だったことがある。
雑貨屋の常連だったミキと知り合う。
事件の夜にラッキーチャッピーのグッズを配達した。
ミキに告白するが振られる。
 
「安男」……ミキの幼なじみ。
福島で農業を営む純朴な男。
ミキとは幼い頃に結婚の約束をした。
「やっくん」とミキから呼ばれ、
ミキを「ミキっぺ」と呼んでいる。
 
「いちご娘」……ミキの実の父親。
無職の中年男性で、
ミキの部屋に侵入したことがある。
その際にミキのカチューシャを盗んだ。
ストーカーかと思われたが
実はミキが4歳の時別れた父親だった。
 
 
そして、
大きなどんでん返しが
ミキの死の真相。
 
ミキは殺されたと推理したオダ・ユージが
いちご娘をストーカーと指摘。
いちご娘はあの夜に
スネークがいたことを指摘。
スネークは幼馴染に電話したことを指摘。
幼馴染の安男はマネージャーが
彼女を追いつめたと指摘。
オダ・ユージが落ち込むので
他の解釈はできないかと考える一同。
そこから
ミキのドジな性格と
偶然が災いした事故死だと推理する。
 
ゴキブリを殺そうと殺虫剤の代わりに
ママレモン(ファミリーピュア)を使ったが
ラッキーチャッピーの入れ物に替えたので
うっかりサラダ油を部屋中に
撒いてしまったのではないか?
安男にリダイヤルしたつもりが
キャッチホンで入った
マネージャーの留守電に
メッセージを残してしまい
遺言に聞こえたのではないか?
アロマキャンドルに火をつけて寝たら
地震が起きて倒れて火事になったのでは?
つまり
ミキは事故死だった……。
これが5人の出した
一番納得のできる結論だった。
 
「俺がママレモンを使えと言ったから……」
「俺がボトルを交換したから……」
それぞれが自分のせいだと責める中、
一人だけ無関係だった家元だが……
 
もうひとつ疑問が残っていた。
ベッドで寝ていて事故死したはずなのに
死体は納戸で発見されたことだ。
どうしてミキは玄関や窓に逃げようとせず
逃げ場の無い納戸で死んだのか?
 
家元の送ったファンレターを
最後に持って行こうとしたのが
逃げ遅れた原因ではないかと推理する。
真相はわからないが
全員が事件の
原因を作っていたことになる。
 
……という真相ですが
正直言って、
アロマキャンドルと地震が出た時点で
着地点がわかってしまう。
結局は事故死だろうなと。
小さなどんでん返しの連続技で
大きな衝撃はほとんど無い。
映画では最後に宍戸錠が出て来て
わざと謎を残して終わり、
続編につなげようという意図が見えるが
これが逆に蛇足でしかなかったのが残念だ。
 
水色はミスリードピンク色は伏線です。
 
視聴者を騙そうとするような
真相から遠ざかるミスリードの
行動や台詞はほとんど無い。
 
デブッチャーの外見が
ユースケと全く似ていないから
オダ・ユージがマネージャーだとは
誰も思わないだろう。
この程度しかミスリードが無いのだ。
 
伏線の分析をしてみよう。
 
家元が言う
「普段はしがない公務員ですが」
警察官のことだった。
 
安男が言う
「本名です。福島で農業やってます」
本名の安男が「やっくん」に繋がり、
ミキと同郷の福島なのが重要。
ついでにおかし作りもミキと一緒の趣味。
 
デブッチャーと呼ばれている
嫌われ者のミキのマネージャー
こいつがオダ・ユージ。
悪く言われた時、
「まあ本人も仕事でしょうから」と
自分で自分をフォローしている。
 
オダ・ユージが
事務所を通していない仕事に
異様に食いつくところ
マネージャーとして自分の知らない
新しい発見に興奮している。
 
オダ・ユージは
ハンカチで汗を拭く癖がある。
デブだった昔の名残りです。
 
ミキの死の伏線。
殺虫剤をヘアスプレーと間違えて
頭にかけたというドジな行動。
これがいざという時に
殺虫剤が無くなっていた原因。
 
家元が毎週ファンレターを書いて
200通以上も送っていたこと。
それがダンボールに入れて
納戸にしまっていた。
これを最後に取りに納戸へ移動した。
 
家元への返事の手紙に
「命より大事な宝物です」
本当に命より大事な宝物だった。
 
いちご娘の
頭のカチューシャは本物。
誰も信用しなかったが
彼が部屋に入ったことで信憑性が上がる。
父親だったことで確定する。
 
いちご娘をストーカーだと追いつめる件で
証拠として出てくるアロマキャンドル
これが火事の原因となっている。
 
ラッキーチャッピーグッズを
集める趣味があり、
大好きなラッキーチャッピーの
ボトルセットに中身を全部詰め替えた
ファミリーピュアと
中身を間違えたサラダ油が映っている。
 
あの夜に地震があって
店の商品が落ちたこと
スネークの口から出てくる。
アロマキャンドルと加えると……
 
 
1つの言葉が
2つの意味を持つ
ダブルミーニングになるのは
遺言の「やっぱり駄目みたい。
私もう疲れた。
いろいろありがとう。じゃあね」
売れないアイドルが行き詰まって
自殺を選んだように見えるメッセージだが
実は幼なじみに
ゴキブリ退治の相談に乗ってくれて
ありがとうの意味で
残したメッセージだった。
くだけた言い方からも
相手がマネージャーではないことがわかる。
 
如月ミキとは
 
本名は山田美紀。
マネージャーいわくD級の
歌も芝居も下手な
売れないグラビアアイドル。
 
2006年2月4日午後23時頃、
自宅マンションの火災で死亡した。
「もう疲れた」という内容のメッセージを
マネージャーに残したことから
警察は自殺と判断した。
 
劇中にはほとんど顔が映らず、
謎の存在で終わるのかと思ったら
ラストで5人のヲタ芸ダンスと共に
大磯ロングビーチの
如月ミキのライブシーンが流れる。
 
如月ミキ役は
声優で歌手の酒井香奈子(現・さかいかな)さん。
歌った曲は「ラブレターはそのままで」
わざと音痴に歌っている。
振り付けはラッキィ池田が担当した。
タイトルに「ラブレター」が入っているが
家元のファンレターとの関係性が気になる。
 
よくある疑問
 
Q,最後の宍戸錠が
「如月ミキは殺された」と言って
針金を出した意味は?
 
先の曲がった針金は
あの夜に針金でドアを開けて
自分が(あるいは誰か)侵入したという意味。
これは謎を残すための
別の解釈もできるよという演出で
せっかく終わった謎が
エンドレスで続く趣向。
実は続編を考えていたが
面白くなさそうで止めたらしい。
 
この映画はここまでに
すでに綺麗に収まっているので
この演出をやるなら
宍戸錠をもっと前に出したり、
別の侵入者の目撃情報と
ドアに関する伏線が必要だ。
それに芸能人が住むような
マンションのドアが
針金で開けられるというのは
普通はあり得ないだろう。
これは完全に蛇足だった。
 
Q,ミキはヘアヌード写真を
本当に出すつもりだったの?
 
タイトルまで決めていたのは事実らしいが
電話で安男に嫌だって泣いていたので
本当は脱ぎたくないですよ。
でもこれが
三流グラビアアイドルの末路なんだと……
父に会う目的もあるし
売れなきゃ駄目だと覚悟を決めたようです。
 
Q,欠点が多すぎないか?
 
そうですね。
賛否両論のラスト、
警察がストーカー被害の隠蔽したり、
殺虫剤が都合よく切れていたり、
サラダ油と洗剤を似たボトルに
入れ替えたりしないだろうとか、
サラダ油まいたら違うのわかるし、
地震で倒れるような
アロマキャンドルも疑問だし
オチがありきたりだとか、
最後まで如月ミキの顔を
出してほしくなかったとか
色々な批判をネットでよく見ます。
 
脚本家が駄目なんだと思うが
元が舞台劇だしコントみたいな
コメディとして割り切れば
俺はまあ許せるかな。
 
Q,こんなオタクの自己満足みたいなオチで
なんでここまで絶賛の嵐が吹き荒れるのか、
まーったく理解できません。
気持ち悪い作り手が気持ち悪い観客に
向けて作って気持ち悪い自画自賛が
循環して満足度1位ですよ。ああ気持ち悪い。
 
あ、そう。
お前の方が気持ち悪いよ。
確かに絶賛されるレベルではないけど
ワン・シチュエーションものでは
かなり面白いと思う。
あとはアイドルに興味があるかないかで
大きく評価は変わるだろうな。
 
Q,家元が
「自分のファンレターが原因かもしれない」
といった結論に達したくだりで、
罪悪感を感じるどころか、
「僕も仲間入り」といわんばかりに
むしろ喜んでいるように見えたのは
「オタクの自己満足」にすぎない。
すがすがしい気持ちで
プラネタリウムの星空を見上げるのは違うと思う。
 
お前は喜んでるように見えたのか?
自分も罪を背負うことで
ミキの死を忘れることができなくなる。
しかしこのままでは
いつまでも前に歩き出せない。
それはミキも望まないだろう。
 
偶然投げたクッションが
プラネタリウムを見せたのは
「私の為に集まってくれてありがとう。
自分を責めないで前に進んで」と
言っているように彼らには思えた。
「天国の如月ミキが
そうさせたのかもしれないな」
だから黙祷の意味で
プラネタリウムを見ていたと思う。
 
火事で苦しんで死んだのに
「あの子は幸せだった」は
ないだろうと言う人は
「幸せ」の意味が違う。
玄関でも窓からでも逃げられたはずなのに
逃げなかった理由をわかってあげるべき。
売れない自分への葛藤、
こんな自分を愛してくれた人達がいて
マイナーだけど
幸せなアイドル人生だった。
死んだことが幸せと言いたいわけじゃない。
 
ファンの応援がアイドルを支える
 
印象的な言葉がある。
マネージャーのオダ・ユージが
強引にヘアヌード写真集発売を決めて
売り出そうとしたことに対する
他のミキのファンたちの反応だ。
“オダ・ユージ 「愛してたんだ。あの子をなんとしてもスターにしてやりたかったんだ。ブレイクさせてやりたかったんだ。それがいけないことですか?ブレイクしないまま消えていったタレントを、私はたくさん見て来た。(ミキは)歌も芝居も出来ないんだぞ。ヘアヌードでもやらして話題を作らないと。それしかないでしょう。それが間違いだったって言うんですか?ねえ、あんたらだってミキをスターにしたかったんだろ?このままB級……いやC級、いやD級タレントのまま終わっちまったら、その(ミキの捜している)お父さんにだって伝わらないだろう?そうだろう。このまま消えちまって、良かったって言うのかよ!?
家元 「……良かったですよ」
スネーク 「死なれるよりマシだ
いちご娘 「売れずに引退して、田舎の主婦になって……
家元 「そういうミキちゃんを遠くで静かに応援していたかったです。いつまでも」
 
うん、そうだよな。
マネージャーたちは
人気の出ないことに
焦りを感じるのだろう。
仕事だから何としても
売りたい気持ちは十分わかる。
でもファンは応援しているアイドルが
売れようが売れてなかろうが
そんなことはあまり気にしていない。
 
売れるとメディア露出が増えて
それはそれで楽しいし、
売れてなくても
俺はいつも見てるから
という親目線で応援できる。
本人が望む仕事をやってほしいし、
卒業するまで見守ってあげたいんだ。
 
そして、
ミキが死の間際に
納戸に行った理由が良い。
アイドルにとって何が大事なのか。
それを教えてくれたように思う。
彼女が命より大事な宝物
それはファン(家元)から
もらった手紙だった。
 
家元が僕はファンレターを
書くことしかできなくて
一番遠い人間だったと落ち込むが
ミキの一番の心の支えになっていた。
“安男 「あいつを本当に支えていたのは俺なんかじゃありません。家元さん、あなたです
家元 「友達でもマネージャーでも幼なじみでも父親でも無い、単なる一ファンの僕だったって言うんですか?
安男 「単なる一ファンだからこそですよ
いちご娘 「アイドルだったんだ。正真正銘の」”
それを知って家元は涙する。
 
すべてのアイドルがそうじゃないけど
ファンレターは大事に
とっているという話はよく聞きます。
ブログのコメントや握手会や
公演に通うのも支えになるけど
ファンレターは形として
手元に残っていることが強み。
 
アイドルはファンに支えられ、
ファンもまたアイドルに支えられています。
 
みんなでプラネタリウムを
見上げるシーンで
5人それぞれ過去の回想が入り、
家元の回想では
警察内部でいじめられていることがわかる。
ロッカーを開けると
「警視庁のゴミ」とか
「使えないガキ」と罵られ……
それでもミキちゃんを
心の支えに生きて来たのだ。
 
アイドルは
夢と元気を与える存在だと思う。
あなたたちが頑張っているからこそ
俺たちは頑張れるんです。
いつも感謝していますと
この場を借りてお礼を言いたいです。
 
 

裏旋(りせん)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ