スーパースポーツ(SS)に楽しく乗るには・・ | rsg_minakiのブログ

rsg_minakiのブログ

ミナキのひとこと、、ふたこと

 
遅く始まった今年の梅雨シーズン・・その分、梅雨の後半に大雨にならなければいいな~と思う今日この頃。
南九州では激雨で災害も出ているようでお見舞い申し上げます。
 
いつもは冬時期のシーズンオフにメンテ待で立ち並んでいたフォーク柱。
今年は梅雨シーズンにも同じ光景が・・。
 
 
かなり混みあって、ちょっとお待たせするレベルになりご迷惑をお掛けしていますm(_ _)m。
 
イベント、ブログ、雑誌、などで言い続けていたサスペンションメンテの重要性が浸透してきたんですかね・・嬉しいことです(^^)。
 
最近ではイベントで預かって、次のイベントに持って行く、というパターンも増えてきています。
 
お渡ししたイベントで「別物になった!」 「ベストラップを更新しました!」などの言葉を頂くと「ヨッシャ~!!」となるRSGスタッフです笑。
 
 
 
2003年辺りから各メーカーインジェクション化し、より本格的になってきたスーパースポーツ。
2000年一桁のバイクならそこそこの値段で買えて、性能も十分過ぎるほどなのでサーキットでも大活躍ですね。
(なかなかフル電子制御の新型は手が届きませんよね~あれは車の値段だ・・(^_^;)) 
 
ここで忘れてはいけないのが、SSはコーナーリングマシンってこと!
その設計から、各部品の設定、セッティングに至るまでファジーではなく全てコーナーリングしやすいようにメーカーは作っています。
これがコーナーリングマシンです☝️。
 
ネイキッドなどのマシンは、色々なシチュエーションをそれなりに気持ちよく走れるように作るので、ある意味ファジーてすが、SSはコーナーピンポイント!!
 
流石にレーシングマシンほどの専用設計にはなっていませんが、いざユーザーがサーキット走行をしたときに、「楽しい!!\(^_^)/」と思えるマシンでないとSSの意味がありません。
ギリギリ街乗り出来るレベルを維持しつつ、目線はサーキットやワインディング!!なんです。
ユーザーもそれを求めていますよね。
 
こんな素晴らしいコーナーリングマシンをそこそこの値段で買えるようになったのはライダーとって嬉しい限りです。
だって200馬力近く出てるんですから、昔のGP500に近いですよ(^_^;)。
これは凄いこと!
 
話がずれましたが・・
ただ気をつけないといけないのが、このピンポイントの設定で作られたマシンは、その状態を維持し続けないととんでもないことになるということなんです。
 
エンジンは走行距離が増えていけばヘタります。しかしヘタっても故障レベルにならない限り普通に乗れますが、足回りと言われる可動部はそうはいきません。
走れば走るほどコーナーリングというピンポイントから外れていくのです。
 
 
 
 
 
 
1万キロ走行で削たCBR!1000RRのフロントフォークのブッシュ類。
どちらの写真も左側が新品。
上は外側が、下は内側がかなり磨耗しています。削れると言うことは、ガタが出るということ。機械製品にとって可動部のガタは致命傷。
 
 
そんなマシンで走っても当然楽しくないし、危険ですらあります。
高い参加費を払ってサーキットを走っても楽しくなかったり、ましてや危険だったりしたら・・
 
少しずつ悪くなるマシンにライダーも気がつかなかったり、初めて買ったSSに、こんなもんかな・・と思ってしまったりするので、ますます悪化していくんですね。
 
3万キロもなにもせずに走り続けたSSはこのピンポイントから間違いなく外れています。
例えば、「フロントフォークはオイル漏れをしたのでオーバーホールをしました!」と自信を持って言われるライダーさんがいますが、
・・でも、リアサスは? ステムは? と思ってしまいます。。
 
可動部というのはバイクが走る上で全て同時に動きます。
フォークだけ動くということはないんですね。
当たり前てすが、フォークが沈む時にはステムも動くし、リアサスも伸びます。
全て連動しているのです。
(フレーム、スイングアームでさえメーカーの考える適正値で、たわみ、ねじれています。レースのワークスチームは転倒イコールフレーム交換らしいですね。)
 
エンジンオイルの交換はとても大事ですが、フォークオイルの交換も同じレベルで大事です。
 
中古SSを購入する場合には、是非足回りのメンテを必須に考えてもらえればと思います。
せっかくのコーナーリングマシンです!
楽しく、安全に乗ってみて下さい(^-^)/
 
 
 
最近はオーリンズのオーバーホールもちょこちょこ入ります。
しかし部品が高い!!(^_^;)