明けましておめでとうございます。 | rsg_minakiのブログ

rsg_minakiのブログ

ミナキのひとこと、、ふたこと


テーマ:
 
 
いよいよ今年も始まりましたね!
今年もRSGは3本柱で走り続けますよ~(^-^)/
 
◆スクールでは一般ライダーの皆さんに技術向上をしていただき、楽しみと安全度を上げる活動。
◆レースでは選手たちの熱い気持ちを成績に繋げるコーチングを!
◆ショップではライダー皆さんのマシンをいい状態に維持するお手伝いをしていきます!
 
と、頑張っていきますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m。
 
☆RSGでは、一般車両の車検業務も受け付けていま~す(^^)d
 
 
さて昨年のRSGレーシングは、九州で3つのタイトルを獲得することが出来ました。
これも毎年応援して頂いているサポーターの皆さんのお陰です本当にありがとうございますm(_ _)m。
 
 
では その三人のライダーを紹介しましょう!
 
一人目は、大田隼人選手(14才)。
スパ直入CBRカップでのチャンピオンです。
 
 
昨年からRSGに加入し初戦でコースレコードを更新し、全勝してチャンピオンを決めました。実は前レコードは、現在ST600に参戦するRSGの本川楓選手(18才)がCBRカップ参戦時に記録したもの。
面白いのが、その当時彼が乗っていたお下りの同じマシンでの更新なんです。
(楓の名誉のために書いておくと前レコードはタイヤがα13でした。今はα13SP)
隼人の今年の活動は、九州選手権のGP3に参戦。そして九州でのタイム次第で全日本オートポリス大会の国内枠での出場、また鈴鹿選手権の参戦も考えています。
またMOTO GPへの足掛かりとなる出光アジアタレントカップに参戦するためのセレクション(選考会)に合格するのも1つの目標です。
 
 
 
そして二人目は、国内ST600クラスで6戦全勝してチャンピオンを決めた本川楓選手(18才)。
 
 
14才でRSGに加入以来着実にレベルを上げてきています。まだまだ国際ライダーのタイムには及ばないももの、転倒せずに全てのレースで国内トップでゴールした安定感には成長を感じられました。
今年は国際ライダーに昇格し全日本選手権にもスポット参戦するので彼らの走りを盗んで一皮むけてもらいたいですね!
 
 
 
最後は久しぶりにRSGレーシングからの参戦となり、JSB国際クラスでチャンピオンとなった蒲谷朋大選手。
 
 
RSGの8耐プロジェクトで使用したスタンダードエンジンのCBR1000RRを駆り、色々なラッキーが重なったものの見事にチャンピオンを獲得してくれました。
RSGでレースを始めた蒲谷選手の復帰は、ミナキにとってもとてもエキサイティングでした。
(現RSイトウで全日本選手権を戦う岡村光矩選手と鈴鹿4耐にも参戦し7位。)
 
 
 シリーズチャンピオンはフル参戦しなければまず取れません。お金のかかるこのスポーツでフル参戦することは、それだけでも大変なことです。その称賛もかねて今回は3名を紹介させてもらいました。
 
 
2019年RSGレーシングは他にも、国際ST600クラスに岡本選手。
JP250クラスに有村選手、吉松選手。
CBRカップに野間選手、元村選手、山口選手が参戦を予定しています。 
今年も応援のほどよろしくお願いいたします!
そして是非現地にレース観戦にお越しください(^-^)/
 
 
 
 
最後に、今年も出光チームアジアからMOTO3に参戦する鳥羽海渡選手がクシタニツナギの最終調整のためにRSGを訪れました。
モト3車格のマシンが近くになかったようでRSG号でツナギの調整をしていました。
彼も小学生の頃RSGスクールに来ていた一人です。(ちょっと前のブログにかわいい写真を載せてます。)
 
 
今年は表彰台常連信じてるよ~😁
頑張れ海渡!!
 

rsg_minakiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス