小型ペットボトル減容回収機「Bottle Squash(ボトル スカッシュ)」普及に向けて!! | 株式会社イーリオ・ランド チャレンジ日記

株式会社イーリオ・ランド チャレンジ日記

㈱イーリオ・ランド ECOチャレンジ!

弊社の環境CSRプロジェクトとして『プラスチックごみ削減』を目指し、弊社が取扱う小型ペットボトル減容回収機「Bottle Squash(ボトル スカッシュ)」の普及により…
持続可能な開発目標(SDGs)をはじめ、北海道の豊かな資源を守る(店頭回収ペットボトルリサイクルスキーム)を、北海道企業様に御提案させて頂きます。

店頭で回収した『質の高い』ペットボトルを原料に…『ボトル to ボトル』→飲料のプライベート商品化。
『ボトル to 繊維』→エコバッグや店舗スタッフユニフォームへの製品化で、持続可能な循環型リサイクルを推奨するものです。

...

【製品概要】
注)「Bottle Squash」は株式会社寺岡精工の商標です。

この回収機は、新開発の圧縮機構の採用によりコンパクト化を実現。設置スペースが当社従来製品の約1/2で済むためコンビニやドラッグストアなど小売店の店頭・店内の他、オフィスや学校などにも設置できるようになりました。また、ペットボトルの圧縮率を1/3以上に高めたことにより、空ボトルを約150本まで(500ミリリットルの場合)収容できます。ペットボトルを圧縮する際には切れ込みを入れることで、形状が復元するのを抑えるだけでなく、リサイクルのための処理段階において裁断機の刃への負担を軽減。さらに、プラスチック量の多い“飲み口部”を残して圧縮するため、『ボトル to ボトル*』『ボトル
to 繊維』につながる質の高い効率的な資源回収が可能になりました。

■製品リリース
https://www.teraokaseiko.com/…/press-r…/2017/20171128064806/

■導入リリース
https://www.teraokaseiko.com/…/press-r…/2017/20171128065006/

http://ilio-land.com/