全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1134カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1094カ所ですから、まだまだ旅は続きます。


テーマ:
先般お知らせした北陸の道の駅スタンプ帳ですが、昨日 くまっぺさん から追加情報が寄せられました。
詳細は下記にサイトにあります。

http://www.hot-ishikawa.jp/mobile/oshirase/120925.html 

この記事だと石川県、富山県が別々のスタンプ帳になっているようにも見えるけど、多分1冊なのでしょう。
1冊150円で、完走すると認定証も貰えますね。

新潟も作ってくれるといいな~


応援クリックお願いね!

ペタしてね

読者登録してね



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
全国の道の駅の中で、北陸(石川・富山・新潟)だけがスタンプラリーをやっていなくて、スタンプ帳もありませんでした。

 ※道の駅巡り裏話:スタンプラリー北陸編! を参照!

でも、昨日以下のようなコメントを頂きました。

----------------------------------------------------
こんばんは~
実は2012年10月くらいから
「石川」と「富山」だけですが
スタンプ帳がつくられました~。
期間はありませんので
またいらした際は、買ってみてくださ~い!
----------------------------------------------------.


新潟が入っていないのは残念だけど、期間が無い、というのは嬉しいですね。
えっこさん、貴重な情報有難うございました。(^_^)/


★☆ 追伸:2012/11/3 ☆★
本日、くまっぺさんからの情報により、下記に詳しい記事があることが分かりました。

 http://www.hot-ishikawa.jp/mobile/oshirase/120925.html

この記事だと石川県、富山県が別々になっているようにも見えるけど、多分1冊なのでしょう。
1冊150円で、完走すると認定証も貰えるようになっていますね。

新潟も作ってくれるといいな~


応援クリックお願いね!

ペタしてね

読者登録してね


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は朝早くから1年に1回の “人間ドック” に行ってきました。

どこも悪いところは無かったんだけど、胃カメラで腹の中をさんざん探られたせいか、どうも帰ってから気合が入らない。(´・ω・`)

旅の続きを書く元気が無いので、今日は久々の “裏話” シリーズでごまかそうかと!(^_^;)




■走った道路を塗ってゆく!

私は全国の道の駅地図を2~3年ごとに買い替えるのですが、その一番古いのは “消しこみ用” に使っています。
つまり、訪問した道の駅を黄色のマーカーで塗り潰してゆくのです。

でも、最近ちょっと思いついて、“自分が走った道路” を塗ってゆくことにしました。

例えば、今レポートしている東北地方だとこんな具合!





赤いラインが実際自分で走った道路です。
小さく丸をつけているのは泊った町ですね。



他の地域をいくつかお見せすると、例えば近畿がこれ・・・・。






中国地方はこんな具合です。







私のこの地図帳は現在、中部地方と関東地方はほぼまっさらですが、それ以外はこのように網の目状に赤いラインがほぼぎっしりと引かれています。




■使うペンに注意!

これって、完全な “自己満足” なんだけど、やってみると楽しいのです。(^▽^;)

「日本を隅々まで走った!」 って実感が湧いてきます。(笑)



ここで、ラインを引く時の注意点!
“油性マーカー” は絶対だめです。
裏にも写ってしまいますからね。


“水性マーカー” だとほぼ大丈夫ですが、私はたまたま見つけた “ポスターカラーマーカー” を使っています。

不透明、水性、顔料インクなんですが、これは乾くのにちょっとだけ時間が必要だけど、裏には全くにじまず、きれいにラインを引くことができます。




ドライブが好きな皆さん、ツーリングを楽しむ皆さん、1冊の地図に自分の足跡を残してみると結構面白いかもよ!(^O^)/




応援クリックお願いね!


ペタしてね


読者登録してね





AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
裏話シリーズはとりあえず今回が最終回です。
今回は、実際に道の駅を回る時のことについてのお話です。


■道の駅巡りの必需品!


必需品のトップは勿論スタンプブックですね。
ですが、私はそれと別に 「メモ帳」 を持って行って、それにもスタンプを押してきます。





これは100均で買った4冊100円のセットなんですが、何故これが必要かというと、スタンプ帳よりメモ帳の方がスキャナで画像を取り込み易いからなんです。
私の場合、すべてのスタンプをパソコンに取り込んでブログで使っているのですが、その為にこのメモ帳からスキャンします。

スタンプというのは奇麗に押すのが結構難しいのですが、これなら何度もやり直しができますしね。

もう一つ、道の駅のスタンプ台は乾燥してごく薄くしか写らないことも多いので、最近は “マイスタンプ” も持参しています。





あとは既に紹介した道の駅地図、走り易さMAPなどです。


 



■道の駅でパンフレットを集める!


道の駅の現地で必ず行うのは、情報コーナーでパンフレット、リーフレットを集めることです。
道の駅自体の案内パンフがあれば一番良いのですが、他にもその町を紹介するような資料が道の駅にはたくさん置いています。

実は持ち帰った資料をよく読んで、私のブログは組み立てているのです。
(しまった! 秘密をばらしてしまった!(^^ゞ )

1回の旅では数十カ所を回りますから、それらの資料はいつも相当な重さになっています。

それらを入れる袋も必需品のひとつなんです。



■必ず写真を撮るもの!

道の駅に到着すると、嫁と私とそれぞれのカメラで写真を撮って回ります。
嫁の担当は道路上の “道の駅の案内標識”、それに店内の “道の駅登録証” です。


  


道の駅の案内標識は道の駅の目の前に無いこともあるので、2km手前、1km手前の写真も撮って、万一に備えています。

そして建物の外観やお店の中を写真に撮ってゆくのですが、基本的にはブログ記事になりそうな何らかの特徴になるものを探します。
でも、現実にはネタに困る何の変哲もない道の駅も結構あって、苦労しています。(汗)

逆にその場でストーリーが浮かぶような道の駅に出会った時は、本当に嬉しいものです。



今回で裏話シリーズを一旦終了します。
また何か思いついたら再開するかもしれません。(^^)/


次回からは佐賀県の道の駅のご紹介です。


 ランキングアップ運動中!(^^)/ぽちっと1票をお願いね!

ペタしてね


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
全国を回っていると、時々とんでもない道に遭遇することがあります。


■基本はナビ任せ!

全国の全く知らない地域を回るわけですから、現地では基本的にはナビ任せになります。
昔のようにナビが無い時代なら、おそらく道を間違えて右往左往というのを頻繁にやっているでしょうから、考えてみれば有り難いことです。

でも、ナビは最短距離を案内しますから、時にはとんでもない道に入り込むことがあります。


■過去最大の難所は島根県の県道296号!

今までにいろんな “とんでもない道路” を走りましたが、私の記憶で最も苦労したのは島根県の県道296号だろうと思います。

これは、島根県の “道の駅グリーンロード大和” から、“道の駅インフォメーションセンターかわもと” へ行くルートの途中です。
グリーンロード大和の人に安全なルートを聞いていたのですが、ナビの誘導で少し早く左折をしてしまったのです。

おかしいと気がついた時は手遅れで、離合もUターンもできない山道に入り込んでしまい、落ち葉の降り積もった薄暗い山中でヘアピンカーブが一度でハンドルを切れないし、渡れるのかな?と思うような小さな橋を渡ったりしました。

 ※その時の記事 → 島根の旅:魔の県道296号線


■国道だからと安心はできない!

先程の例は県道でしたが、国道なら安心かというと全く違います。
国道を “酷道” と書いたりしますが、これが本当に国道か?と驚く道に全国たくさん遭遇しました。

地域別に言うと四国や紀伊半島が最も厳しかった気がします。

和歌山県では、まず “道の駅おくとろ” に通じる国道169号があり、“白崎海洋公園” への道も難関でした。

 ※その時の記事 → 和歌山の旅:二度と通りたくない!“おくとろ”
 ※その時の記事 → 和歌山の旅:白い岬!“白崎海洋公園”

四国には、全国の “酷道マニア” があこがれる2つの国道があります。
“国道439号(よさく)”“国道193号(いくさ)” がそれですが、道の駅巡りをするルートでは、直接それに入り込むことは少ないのでそれほど心配はないと思います。

そうしてみるとこれほど文明の進んだ日本の道路も、まだまだ整備が遅れていることに驚きます。


■日本の三大酷道とは?

“日本の三大酷道” という名誉ある称号を得ているは以下の3か所です。

その1:国道439号(よさく)
 四国の徳島市から高知県の四万十市までの全長342kmの国道。

その2:国道425号(死にGo!)
 三重県尾鷲市から和歌山県御坊市までの194kmの国道。

その3:国道418号(キングオブ酷道)
 福井県大野市から岐阜県を経由して長野県飯田市までの全長243kmの国道。

マニア以外の方は間違って入り込まないようにした方が無難だと思います。


■走り易さマップという便利なツール!

離合不可能な厳しい道路というのは、前もって知っていれば心構えもできます。
突然遭遇すると冷汗ものです。

この走り易さを表す地図が “走り易さマップ” といって、国土交通省の各地方整備局が作成しています。

これは、それぞれのWEBサイトで見ることができます。

 例:クリック → 九州地方整備局の走り易さマップ


WEB上でもほぼ全国が網羅されいますが、私は本屋さんで見つけてこれを買いました。





これはそれぞれの道路の走り易さを、AランクからDランクまで分けて、ラインの色や形で表示しているものです。
走った後でこの地図を見て、やっぱりDランクだったか、と納得することもしばしばです。


ちなみに日本で最も走り易いのは北海道だと思います。
ほとんど “怖い道路” に遭遇したことがありません。
しかも、地平線まで続くかと思えるほどの直線道路にしばしば出会って感動します。

でも、雪の降り積もった冬場は私のような南国育ちには運転ができないでしょうね!



 ランキングアップ運動中!(^^)/ぽちっと1票をお願いね!

ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。