東北6県の旅:道の駅米沢(山形県) | 全国の“道の駅”完全制覇の夢!
新型コロナウイルスに関する情報について

全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1160カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1132カ所ですから、まだまだ旅は続きます。

福島県から県境を越えて山形県に入り、本日の最後の目的地である

道の駅米沢 へやってきました。

 

 

 

道の駅伊達の郷りょうぜんを出て、再び “東北中央自動車道” に乗ります。

 

この高速道は山間部を突き抜けるので、とにかくトンネルが多いのです。

その中でも福島と山形の県境にある最長のトンネルは長さが9km、それも片側一車線の対面通行なのでやたら神経が疲れます。

 

その東北中央自動車道の開通に合わせて2018年4月に “米沢中央IC” そばにオープンしたのが、ここ “道の駅米沢” です。

 

 

 

 

“米沢市” は山形県の南部に位置し、人口は約8万人、山形県で4番目の大きさです。

 

米沢は “上杉の城下町” として知られています。

以前は伊達氏が212年間統治しており、独眼竜として知られる伊達政宗もこの米沢で誕生しましたが、1591年豊臣秀吉の奥羽仕置により、仙台藩に移り、米沢を離れました。

 

上杉家はかつては五大老の一人でありましたが、関ヶ原の戦いで西軍に加担したことで会津120万石から米沢30万石へ減封となり、1601年に米沢城に移りました。

 

NHKの大河ドラマ 「天地人」 で知られる “直江兼続” が現在の米沢の元を作ったと言われています。

 

 

 

 

先程も触れたように、この道の駅がオープンしたのは2018年4月です。

 

立地が良いこともあって、2019年度の来場者は約203万人に達しました。

2020年度はコロナ禍で苦戦したものの約138万人が訪れました。

そして今現在の累計来場者は次の通りです!

 

 

開業からわずか3年半で、なんと来館者は600万人に達しています。

店内に入って、なるほど人気があるはずだと実感しました。

 

 

 

エントランスからお洒落です!

正面にはゴージャスな花が飾られ、右手のインフォメーションには若い女性2名が常駐されています。

 

 

道の駅米沢のホームページから、館内マップの画像をお借りしました。

ざっくりというと、中央玄関から入って右手がお土産コーナーで左手がフードコートです。

 

そして広い無料休憩所があります。

 

 

 

無料休憩所の左手にフードコートがあり、“牛どんぶり謙信亭” “米沢ラーメン毘沙門” “蕎麦処十割庵” の3つの店舗が並んでいます。

 

 

 

この時間、既に17時を回っていましたので、さすがにフードコートには人はまばらです。

そしてこの奥にもうひとつ、この道の駅の最大の魅力といわれるレストランがあります。

 

 

それがこの写真の一番手前にある “ステーキレストラン牛毘亭” です。

 

米沢といえば有名なのは “米沢牛” ですね!

このお店では店頭の冷蔵ケースにサーロインやフィレなど部位ごとに肉の塊が並べられており、客はそれを選んで、80グラム以上好きな量をカットオーダーできるのだそうです。

 

ちなみに私たちは、このあと泊まったホテルの居酒屋で米沢牛の串を頂きました。

口の中に入れるととろけるような、久しぶりに美味い肉を味わった気がします。(*^-^*)

 

 

受付のお嬢さんの後ろにあった登録証です。

重点道の駅の選定証もありました。

 

 

 

土産コーナーも魅力的なものがいっぱい揃っていました。

この日の最後ということもあって、色々と買い物をしました。

 

この後、ここからわずか3~4kmの距離にあるホテルに宿泊。

 

ホテル内の居酒屋はコロナ対策が厳格に守られており、アクリル板でテーブルが完全に仕切られていたので、注文した料理をシェアするのに苦労しました。(^_^;)

 

 

 

 

※本日走ったルート(googleタイムラインによる自動記録)

 この日の走行距離は298km

 

 

フォローしてね…