九州の道の駅を再び!国東半島周辺⑤“くにさき” | 全国の“道の駅”完全制覇の夢!
新型コロナウイルスに関する情報について

全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1160カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1132カ所ですから、まだまだ旅は続きます。

今回の最後の目的地は

道の駅くにさき です。

 

 

 

 

 

丸い国東半島の海岸線にそって30分ほど走り、道の駅くにさきにやってきました。

ここも前回と同じ国東市ですが、“国東市国東町” となります。

 

 

この道の駅はL字型に並んだ3つの建物で構成されています。

 

この写真でいうと、左側の手前が食事処である “銀たちの郷” その右手に特産品販売の “黒津之庄” そして正面一番奥が “国東市サイクリングターミナル” です。

 

 

 

この写真がレストランの “銀たちの郷” です。

国東の特産のひとつに太刀魚がありますから、銀色の太刀魚、が店名の由来かな、と思います。

 

その右隣が直売所である “黒津之庄” です。

道の駅のすぐ裏手が海になっており、その海が “黒津崎” ですから、そこから名前を付けたのでしょう。

 

 

 

この直売所、入り口は狭いけど中に入ると随分と広く、様々な土産物で溢れています。

ここでも、ついつい買ってしまいました。

 

 

そして正面の大きな建物が “国東市サイクリングターミナル” です。

 

サイクリングターミナルなのでもちろんレンタサイクルもあるのですが、国東市観光課や国東市観光協会が入っており、国東半島の観光案内がメインの施設です。

 

 

 

 

国東半島は約1300年前から、僧侶たちの修業の場として栄えてきました。

 

半島の真ん中にある “両子山(ふたごやま)” を中心にして谷筋に沿って広がる6つの郷に開かれた寺々を総称して “六郷満山(ろくごうまんざん)” と呼びます。

 

ですから国東半島には石仏など様々な史跡や、かつて修行僧が歩いた “修験道” が残されています。

 

 

この建物の裏口から外に出てみると、そこが “黒津崎海岸” です。

 

 

 

 

 

この道の駅も3回目ですが、海岸に下りたのは初めてです。

 

白砂青松というのでしょうか、美しい砂浜が広がっていました。

空気が澄んでいれば四国まで見えるのだそうです。

 

 

これは海岸から見上げたサイクリングターミナルの建物です。

 

左手の平屋の部分は、“ベルコート” というレストランです。

テラスにもテーブル、椅子があり、海を眺めながら食事やカフェが楽しめます。

 

これでこの日の予定をすべて終了し、2時間半ほどかけて自宅へ戻りました。

 

 

 

※今回走ったルート(googleタイムラインによる自動記録)

 

 

フォローしてね…