九州の道の駅を再び!“熊本の新駅とその周辺を回る”その4 | 全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1160カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1132カ所ですから、まだまだ旅は続きます。

この日の4カ所目、そして最終回となるのは

道の駅竜北 です。

 

 

 

 

 

ここは “八代郡氷川町(ひかわちょう)” ですが、九州の大動脈である国道3号沿いにあり、天草方面への入り口付近になります。

 

道の駅の名前である “竜北” は過去の地名であり、2005年10月に竜北町と宮原町が合併して現在の氷川町になりました。

 

 

 

この道の駅に来るのは3回目ですが、屋根の形に特徴がありますね。

一番右が休憩所・トイレで真ん中が直売所、一番奥が “ビストログリーン” という農村レストランです。

 

(HPより配置図借用)

 

順番に写真だけ紹介してゆきましょう。

 

 

 

これが “情報提供・休憩室” です。

ここにはパンフレット類が少し置いてあるだけで、休憩スペースがメインですね。

 

 

この “こだわり館” というのは直売所の向かい側にあって、手作りパンなどが売っています。

 

 

 

この2枚が直売所の中ですが、普通のスーパーマーケットのイメージです。

 

 

最後のこの写真が農村レストランである “ビストログリーン” です。

お昼をとっくに過ぎているのであまりお客さんはいないようです。

 

道の駅のスタンプなどは、このレストランの入り口に置いありました。

 

これといって紹介する特徴も見当たりませんが、交通量の多い場所にあるごく一般的な道の駅です。

これでこの日の4カ所の道の駅を回り終え、帰途につきました。

 

次回からは、熊本県北部を回ったレポートをスタートします。

 

 

※今回走ったルート(googleタイムラインによる自動記録)

 

 

 

フォローしてね…