九州の道の駅を再び!“佐賀県北部の7カ所を巡る”その3 | 全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1160カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1132カ所ですから、まだまだ旅は続きます。

今回は佐賀県を回っていますが、1カ所だけは長崎県です。

道の駅鷹ら島(たからじま) が、5カ所目の立ち寄り地点です。

 

 

 

前回の桃山天下市からしばらく走ったところに “九州電力玄海原子力発電所” があります。

何度か通ったはずだけど、こんど初めて看板に気が付きました。

 

そこを更に南下したあと西に転じると、やがて伊万里湾が見えてきます。

景色の良い場所で車を停めて写真撮影です。

 

 

 

この付近、棚田がとってもきれいなんです。

 

以前ここを通った時、ちょうど田植えをしていたことがあります。

水が張られた水田もとってもきれいでした。

 

 

 

 

車を停めた場所は、“鷹島肥前大橋展望広場” といい、公衆トイレと小さな売店があります。

ここから見える橋が、鷹島肥前大橋” で、長さは1251mあります。

 

この橋の手前は佐賀県、渡った先が長崎県で、道の駅は橋を渡ってすぐのところにあります。

2009年4月に橋が開通したのと同時に道の駅もオープンしました。

 

この先から橋を渡りますが、道の駅までは数分の距離です。

 

 

 

これが道の駅側からの “肥前鷹島大橋” です。

 

この橋には歩道があり、歩いて渡れるようになっています。

むかし橋が開通したばかり時に来ましたが、対岸のパーキングに観光バスが停まり、たくさんの人たちが歩いて橋を渡っていたものです。

 

 

 

この島は “鷹島” といい、長崎県の松浦市に属します。

実はこの島、“水中考古学最大の宝庫” といわれる場所なのです。

 

1281年の蒙古襲来(元寇)の際に、嵐により元軍の艦隊4400隻、14万人が沈んだ場所です。

水中音波など最新の技術を駆使した調査で、貴重な遺物が多数発見されています。

 

島内には “松浦市立鷹島歴史民俗資料館” というのがあり、それら貴重な遺物が展示されています。

私も見学したことがありますが、これは一見に値します。

 

この道の駅のもう一つの特徴は、定期的に “マグロの解体ショー” が行われることです。

 

(2013年撮影)

 

松浦市では、海上でマグロの養殖をしています。

そこから釣り上げてきたものをここで解体して販売するのです。

 

以前は第2、第4土曜日に行われていましたが、今もやっているか確認するのも目的のひとつでした。

マグロ解体ショーの貼り紙があったので、曜日は変わったかもしれないけど継続しているようです。

 

ここで昼食の予定でしたが、かなり待たされそうだったので、次へ進むことにしました。

 

 

 

フォローしてね…