九州の道の駅を再び!“有明海沿岸の道の駅2カ所” | 全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1160カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1132カ所ですから、まだまだ旅は続きます。

佐賀県にできた新駅 “道の駅しろいし” を訪問したついでにあと2カ所を回ってきました。

道の駅鹿島 がその1カ所目です。

 

 

 

ここは “佐賀県鹿島市” にあり、有明海に面しています。

 

有明海は、満潮と干潮の水面の差が約6メートルと、日本一の “干満差” があります。

干潮時には広大な “干潟” が現れますが、それは全国の干潟の面積の約4割を占める広さです。

 

この干潟を利用し、毎年5月には “ガタリンピック” が開催されますが、その会場がここ道の駅鹿島です。

そしてここでは、4月中旬から10月末の期間、“干潟体験” が行われています。

 

 

干潟体験を楽しむ為の更衣室やシャワーは元々あったのですが、今回それが新たな施設として完成していました。

 

 

 

 

この道の駅には何度も来ていますが、この建物は初めです。

“鹿島市干潟交流館 なな海” といい、今年(2019年)4月にオープンしました。

 

ここで干潟体験などの受付を行っていますが、更に男女別の更衣室やシャワー室が完備されており、2階には有明海が一望できる展望デッキがあります。

 

その2階には、有明海特有の生態系を観察できる “ミニ水族館” もあります。

 

 

 

 

 

 

これらの生物ですが、実はすごくちっちゃいのです。

水槽自体も小さいのですが、そこで泳ぐ姿がとってもかわいい!

 

このミニ水族館は、以前は別の建物にありましたが、ここに引っ越したようです。

 

 

道の駅のすぐ裏手が有明海で、そこが 『鹿島ガタリンピック』 の会場であり、干潟体験も行われます。

 

干潟体験は事前予約制で有料(700円)ですが、10分ほどの講義を受けた後、専用の “潟足袋” を履いて干潟にでます。

ちょうど私が行ったときは干潮期でした。

 

 

 

 

これが “潟スキー” といって、これに乗って干潟の上を移動します。

 

潟スキーの上で竿を振るってムツゴロウを針で引っ掛ける “むつかけ” という伝統漁法があります。

今、このむつかけのできる人は、国内に数名しかおられないそうです。

 

 

 

 

 

 

泥んこ遊び、いや~実に楽しそうです。(*^_^*)

こんな体験のできる道の駅は全国ここだけしかありませんね!

 

さて、道の駅自体も簡単に紹介しておきましょう。

 

 

 

道の駅パンフレットからお借りした配置図がこれで、向って左から、

 ・農産物直売所の “千菜市(せんじゃいち)”

 ・バーベキューハウス “がたっこハウス”

 ・鹿島市干潟展望館

の3つの施設があります。

 

 

 

 

 

これが “千菜市” の農産物直売所です。

 

 

その隣の “がたっこハウス” では、ここで買った海産物をバーベキューでいただけます。

冬場は、“カキ小屋”に なります。

 

 

最後のこの建物は “鹿島市干潟展望館” で、先ほど紹介したミニ水族館は以前ここにありました。

 

 

道の駅鹿島の紹介はここまでですが、次にここからわずか5分の距離にある

道の駅太良 にやってきました。

 

 

 

 

 

ここも裏手が有明海で、先ほどの鹿島と環境はよく似ています。

ただ、買い物や食事をする施設としては、私はこちらの方が充実しているように思います。

 

 

 

 

 

以前にも何度か記事を書いているので詳細は省きますが、私たちもここで色々土産を買って、帰途につきました。

 

 

フォローしてね…