九州の道の駅を再び!“くるめ、うきは、原鶴” | 全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1145カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1098カ所ですから、まだまだ旅は続きます。


テーマ:

地元九州の道の駅を、もう一度全部回ってみようと思い立ちました。

 

そこで新しい道の駅スタンプブックを買いました。

『2018年度版』 になっていますが、九州では2019年度版は作成しないことになったのです。

 

 

 

 

最初に九州の道の駅をすべて制覇したのは2008年5月で、これは私がまだブログを始める前です。

ですから2008年11月にブログを開設して最初に書いた記事は、記憶に基づいて数カ所づつまとめて紹介したもので、写真すら満足に撮っておらず、内容も貧弱なものでした。

 

そこで、2010年からは全国を巡る合間に九州の道の駅をもう一度回り直し、1記事1道の駅を原則としてブログを書き直したのです。

 

今回、3たび九州の道の駅を回りなおそうと考えたのは、実は車を買い替えたからです。

ほぼ15年にわたって乗り続けた愛車を手放し、1月に注文して4月中旬にようやく納車されました。

 

新しい愛車で九州の全部の道の駅に足跡を残そうというのが、今回の目的なのです。

 

 

 

 

 

10連休が始まった初日の 「4月27日(土)」 にまず近隣の3か所を巡ってきました。

今回のこのシリーズは、特別のことが無い限り、数カ所の道の駅をまとめて紹介します。

既に一度はレポートしているので、内容は少し雑ですけどね!(;^_^A

 

 

最初の目的地は

道の駅くるめ です。

 

 

 

 

久留米市は私の地元です。

福岡県の南西部に位置し、筑後川が流れ、耳納連山のふもと、筑後平野の中心部にあります。

 

福岡市、北九州市に次ぐ福岡県第三の都市で、九州自動車道と大分・長崎自動車道のクロスポイントに近く、国道3号など5つの国道が走る交通の要衝です。

 

 

 

 

 

ここは普段から私がよく立ち寄る道の駅なのですが、『写真撮影禁止』 の張り紙が店内至る所に貼ってありますので、紹介はこのくらいにさせて頂きます。

 

 

 

 

次は、ここから約22km、40分ほど東に走った

道の駅うきは に行きました。

 

 

 

 

 

 

連休初日のこの日はお天気も良く、背後の山肌もきれいに見えます。

これらの写真は国道210号に架かる陸橋の上から撮っていますが、この国道をもう少しだけ東に走ると大分県の日田市に入ります。

 

ここ “うきは市浮羽町” は昔から “フルーツの里” として知られ、特に巨峰、梨、柿などが有名です。

ですから店内にも季節ごとの果物や新鮮な野菜類が豊富で、国土交通省の “重点「道の駅」” にも選定された人気の道の駅です。

 

 

 

 

 

この特徴ある道の駅の建物は、国の重要文化財である “くど造り民家” をモチーフにした木造建築で、

左から、“トイレ” “インフォメーション・観光案内所” “レストラン” “物産館” と並んでいます。

 

 

 

 

道の駅の左端はご覧のような公園になっています。

 

道の駅は筑後平野を見下ろす小高い “大野原台地” の西北端にあり『西見台』と呼ばれていました。

ですから、この公園の名前も “西見台” であり、直売所も正式名称は “物産館西見台” です。

 

 

 

 

 

道の駅の裏手に回ると、そこには “展望デッキ” があります。

先ほど紹介したようにここは大野原台地という高台ですから、ここからの筑後平野の眺めは雄大です。

 

 

 

 

 

 

商品の新鮮さ、豊富さ、景色の良さから、いつ来てもたくさんのお客さんで賑わっている道の駅です。

 

 

 

 

3カ所目、この日の最後は

道の駅原鶴 に立ち寄りました。

 

 

 

 

 

先ほどの道の駅うきはからは約8km、15分ほどの距離にあります。

国道386号添いの、この大きなひまわりのオブジェが目印です。

 

この住所は “朝倉市杷木町” になりますが、“博多の奥座敷” と呼ばれ年間80万人の観光客が訪れる “原鶴温泉” の玄関口にあります。

 

この道の駅の特徴のひとつに、道の駅と国道を挟んで向かい側にある田んぼがあります。

 

 

 

 

 

この田んぼに、この季節は無数の鯉のぼりが泳いでいました。

 

この広大な田んぼが、夏は一面のひまわり畑になります。

“杷木大ひまわり園” と呼ばれ、9月には “ひまわりフェア” が開催されます。

 

そして2月頃は一面の菜の花畑となり、5月のこの季節は鯉のぼり、ということです。

道の駅はこれらを楽しむ人たちが大勢訪れます。

 

 

 

 

 

道の駅は大きなスーパーのようなイメージです。

先ほどのうきはと同じく “フルーツ” が特産のまちで、特に “富有柿” が有名です。

 

いつ来てもたくさんのお客で賑わっているのも、今回訪問した3つの道の駅に共通しています。

今回は新しい車に慣れる、というのも目的でした。

 

この翌日にも他の道の駅を回ったので、次回はそれを紹介します。

 

 

 

 

フォローしてね…