岩手・宮城の旅:小学校の懐かしさがいっぱい!“三田貝分校” | 全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1160カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1132カ所ですから、まだまだ旅は続きます。

いわいずみの道の駅から更に30kmほど内陸部へ走り
道の駅三田貝分校 へやってきました。







北上高地最大の交通の難所といわれた “早坂峠” を一気に貫く3115mの早坂トンネルが完成したので、ここ “岩泉町三田貝地区” はかつての僻地ではなくなりました。

盛岡市から55km、早坂トンネルを抜けて7kmの位置に道の駅三田貝分校はあります。





この道の駅、その名の通り実際にあった “町立門小学校三田貝分校” の跡地に建っています。

その実際の分校の写真がこちらです。





ほぼ忠実に再現されているのが分かりますね。





入口の横には、こんな案内があります。





これって、実際に使われていた黒板ですね。
更にこんな案内も!





“参観日” なんですね!(笑)
その後ろには水飲み場があります。





玄関を入ると “げた箱” があります。
そのすぐ下に、ちょっと見にくいかもしれないけど、昔なつかしい体重計が置いてありました。







中に入るとすぐ右側に勉強机が二つあり、そこに道の駅スタンプは置いてありました。
私も、この椅子に腰かけてスタンプを押しました。





机の落書きがそのまま残っているのが何とも言えないですね。





そして玄関から右手にあるのが “給食室” です。





まだこの時間は準備中なんですが、食事のテーブルも学校の勉強机風になってますね。
ここのメニューにはこんなものもあります。





これは “日替わり給食風セット” です。
昔なつかしいアルミの器が使われています。



それ以外にも、懐かしいものはたくさんあります。





このオルガンもかなり年季が入っていますから、実際使われていたものでしょう。
「足踏み式オルガン ご自由にお弾き下さい」 という張り紙があったのでカバーを開いたんだけど、勿論弾けません。(^_^;)





その上に置いてあったアコーデオンは故障中です。





実際の分校の写真が貼ってあり ・・・・・・・





卒業生の作品が掲示されていました。








この日は土曜日なので、お客さんも次々に入ってきます。
皆さん、懐かしそうにいろんな品物に触れていました。



ここでは山里らしく、行者にんにくと、もうひとつ激辛の調味料を私自身の土産に買いました。

この道の駅を訪れた皆さんはおそらく、自分の懐かしい小学生時代を思い出して郷愁に浸るのではないかと思います。
こういう特色のある道の駅を、是非各地に作って欲しいものです。







応援クリックお願いね!


ペタしてね


読者登録してね