四国北部の旅:道の駅伯方S・Cパーク | 全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1160カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1132カ所ですから、まだまだ旅は続きます。

大三島の2つの道の駅を回った後、再びしまなみ海道に乗って隣の島にある
道の駅伯方S・Cパーク へやってきました。



ここは “伯方島” といい、インターチェンジで言うとわずか1つ目です。
この日は土曜日で、高速は1000円ぽっきりのはずですが、たびたび途中で降りるのでそうはゆきません。

正規の通行料の半額が適用され、それが1000円を超えれば1000円で打ち切りです。
最初の尾道から “大三島IC” までは1000円で、“大三島IC” からこの “伯方島IC” までは正規料金が450円ですから、225円が適用されます。

何度も乗ったり降りたりするので結局1000円では済みませんが、それでも安いですね!




この “S・C” って何の略だろうと気になって調べてみたのですが書いてないですね。
場所柄からすると “スポーツセンター” かなぁ??

どなたか知りませんか?



この道の駅は、この “マリンオアシスはかた” っていうのがメインになります。


その裏手には1000人規模のシアターを持つという町民会館、そして体育館、テニスコートなどの施設が集まっています。



そして、すぐ横が “伯方ビーチ” という海水浴場なのです。





子供たちが楽しそうに遊んでいます。
ビーチの向こう側にかかる橋は “伯方・大島大橋” と言います。




そしてビーチの横にはずらりと “屋台” が並んでいます。
海水浴客が目当てなのでしょうね!


“はかた” というと福岡県民の私はまず “博多” が思い浮かびますが、“伯方” は特に “伯方の塩” が有名ですね。

ということで、これがありましたよ!



“塩ソフトクリーム” です!

時間に余裕のない世知辛い旅ですので食べていませんが、聞くところによると 「ほんのり塩の味がし、しかし塩辛くない」 のだそうです!




“マリンオアシスはかた” の入り口にはこんな看板が・・・!


野菜売り場にめずらしいものを発見!



上の白いのは “白なす” で、下の丸いのは “青大丸なす” だそうです。


そしてやっぱり “伯方の塩” がいっぱい!!




そしてもうひとつ気になるのは、この “鶴姫伝説”





“瀬戸内のジャンヌダルク” だそうですよ!

そのチラシによると、このようなお話のようです・・・・。

中世の瀬戸内――。

周防の大内氏が瀬戸内の海に侵攻、鶴姫の次兄安房が陣代となって河野氏や来島氏と力を合わせ、大内軍を撤退させるが討死。
16歳の鶴姫がかわってたたかいの先頭に立つこととなった。
海の平和を守る使命を背負う鶴姫は、たたかいによって憎しみが憎しみを生むことに苦しむ。
誰かがこの連鎖を断ち切らねば、と。

鶴姫を心から愛し、鶴姫の本当の願いをわが身を持って遂げようとする若者クロタカ。 女としての鶴姫の葛藤を知り、救おうとする幼なじみの娘カモメ。
3人の思いが瀬戸内の海を駆けめぐるとき、そこに・・・



しまなみ海道10周年記念作品として「坊ちゃん劇場」で上演されているもので、実際に彼女のものと言われる鎧が今も残っているのだそうです。


ペタしてね

ランキングボタンをポチっとクリックして頂くと嬉しいです!(*^_^*)



たまにはHPも覗いてね!(*^^)v