FBを始めてから、なかなかブログの使い方が難しくなってしまって、放置してしまいますね・・・。
でも、写真を組み合わせる場合はこっちの方が使いやすいです。
ということで久しぶりの更新です。笑

FBではお伝えしていましたが、今年の3月に開業から5周年となりました。
そのタイミングで新企画としてオリジナルのカレンダーを作ってみました。
カレンダー1
1年がそのまま見渡せる、4月スタートの大型カレンダーです。

作ることになったきっかけは2014年6月の高校時代の先輩からの連絡。
先輩はスキルアップのため仕事をしながら美大に通っていて、卒業制作のテーマが「企業のブランド・デザイン」ということで、ウチのお店を取り上げたいというお話でした。

こちらとしても光栄な事なので、喜んで協力させて頂きました。
ご来店いただいてのヒヤリングやメール等でのやり取りで、こちらの仕事に対する思いを汲んで頂き、名刺やタグ、リーフレット等の作品が出来上がりました。
形になったものを頂いて、とても嬉しかったので、ご来店のお客さんには「こんなの作ってもらったんです!」とたくさん自慢させて頂きました。笑

その中の一つにあったのが、このカレンダーです。
一目で気に入ってしまったので、作業場に貼って実際に使っていました。

こちらの要望も追加してもらい、今回ノベルティとして使わせて頂けることになりました。
1年を1つの楽曲として見立てた、楽譜をモチーフにしたデザインです。
一目で年間予定が見渡せるようになっているので、コンクールや練習予定を書き込むのはもちろん、部員全員の誕生日を書き込んだりも。
タイトル部分には学校名、五線部分には自由曲など、自由に書き込めるようにもなっています。(低音楽器の子には「へ音がない!」と言われてしまいましたが・・・。笑)

カレンダー2

カレンダー3

2週間で1列という少し変わったデザインになっているので、普通のカレンダーに比べて若干見難く感じることもあるかもしれませんが、このまま「1年の活動の記録」としてアルバム等に利用してもらうことも想定してあります。

先に書いたように、元々は卒業制作の「作品」として作られたものですが、ただの作品ではなく、そこには先輩から私へのエールが込められています。(と、受け止めています)

その思いに応えられるよう、頑張っていきたいと思います。
ありがとうございました!

http://kirara.cyber.kyoto-art.ac.jp/digital_kirara/graduation_works/detail.php?act=new&year=2014&cid=571

音楽と共に生きる演奏者にとって、家族のように信頼できる楽器のかかりつけ医になる。楽器の健康を保つことで、音楽生活をいつまでも楽しく、充実させてあげたい。そんな熱い気持ちを持った友人、ひとりの楽器技術者がいた。彼の想いがもっと伝わるように。これからもみんなのために、彼が活躍し続けられるように。