カワサキの125ccモデルといえばKLX125が思い浮かびますが、エンジンの外見を見る限りでは、KLXベースのモノではなく、KSR110/プロの111cc空冷単気筒エンジンをベースにしているもよう。

しかし、Z125はただKSR110の外装を変更し、排気量を拡大しただけのモデルではないことは明らかだ。

たとえば、エンジンはキックが廃止されセルのみになっており、その他にも何かしらの変更が加えられている可能性は少なくない。


「倒立フォークやオフセットレイダウンリヤサスペンション、そし­て前後のペタルブレーキディスクなどパフォーマンスを重視した装備を持つ。変速システ­ムの違いで、自動遠心クラッチのZ125とマニュアルクラッチのZ125 PROの2バリエーションを用意・・・・・とか。

発売が楽しみな一台ですね。


元ソース