公式予選直後に降り出した雨は止み、コースはほぼドライの状態へと戻った。
この90分耐久、恒例のローリングスタートで幕を開けた。



ポールポジションからのスタートとなったNo. 6和田/清末組はポジションをキープしトップをひた走る。
序盤はそのNo. 6和田/清末組を後続のNo.17香月/大西組、No.67丸野/小沢組が追いかけるパターンのレースとなった。





クオーター250ツインクラスは、総合6位のNo.17香月/大西組が優勝。
  





お立台げっとぉぉぉ ('-^*)/




AKBのマウスパッドを貰えて感激の社長・・・

実は、AKBファンなんですww(*v.v)。







多くの方のサポートもあって、素敵な結果を残すことが出来ました。

紙面を拝借しまして、御礼申し上げます。


トロフィーはショールームの一角にディスプレイしました。