ぱぱやんさんに撮って頂いた写真 | 空と、風と、飛行機と。

空と、風と、飛行機と。

2013年から始めたハンドランチグライダー(HLG)。ヘタレ初心者なりの奮闘をつづります。


テーマ:
先日の奈良の写真を、
ぱぱやんさんがアップしてくださいました。
ぱぱやんさん、ありがとうございます。
勝手に使用させていただきます。
都合が悪いときはお知らせください。

今一度見直してみると、
いくつか分かることがありますね。


例えばこれ。
カメラアングルやタイミングが
微妙に違うので正確ではないですが、
トップからリリースに向けて、
加速させていく局面です。
上の写真は体軸の角度が保たれて、
肩から右翼端にかけての
ラインがまっすぐになっています。
力感はあまりないですが、
わりとイメージに近いものです。

下の写真は上のものよりわずかに後の
タイミングというのもありますが、
左肩が上がりかけています。
これだと煽り気味の軌道になって、
体の回転がスムーズでなくなります。
肩から右翼端にかけてのラインも
まっすぐではなく、
軌道が歪んでしまいますね。
この投げは恐らく、
スッポ抜けたのではないかと思います。
この日の投げは不安定でした。

次はこれら。




リリース前後の写真。
1枚目に比べて3・5枚目は手の位置が高くて、
体軸の角度が保てていないです。
少し右翼端が遅れぎみではありますが、
1枚目の方が良いイメージです。

投げている機体は、
カーボン翼を作り始めた
ばかりの頃の主翼で、
バルサコアにUDなしのもの。
UDが入っていないので、
やはり結構、撓んでいますね。
それよりも気になったのは、
Carbolineを使用しているにもかかわらず、
4・5枚目の写真で、
結構な捻れが見られること。
曲げよりも捻れの方が厄介です。
カメラアングルによる、
錯覚だと良いのですがね。

胴体のやまめ工房特注の
強化カーボンパイプは、
やっぱり超優秀。
2・4枚目の写真では多少曲がっていますが、
下の写真に比べるとその差は歴然。
やまめ工房特注強化パイプなくして、
私の機体は成り立ちませんね。

☆彡@グリーンパークさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス