【追記あり】PCだけでSIGNALを使う方法 ガラケーも不要 | パソコン片手に田舎暮らしのオヤジ@リピカ

パソコン片手に田舎暮らしのオヤジ@リピカ

日常の出来事や、気づいたこと、不思議なこと等、自由気ままに書いています。ダジャレ、オヤジギャク注意報発令ブログです(笑)

去年の秋にある理由からSkypeからSIGNALを使うことになりました。
PCだけでSIGNALを使うようにするのに難航していました。

仮想スマホアプリを使ってSIGNALをインストールするところまでは出来ました。
しかし、SIGNALに登録する時にSMSでPINが送られ、それをSIGNALに入力することによりSIGNALが使えるようになるのですが、SIGNALでSMSが受信できないという状態になっていました。

当時三日程色々やってみましたが、結局対処法がわからず、放置していました。
ガラケーを使う方法は知っていましたが、ガラケーも持っていないので、保留で放置状態でした。

今年、部分日食瞑想が終わった後、それを思い出し、新しい発想を発見し、それを試した所無事PCだけでSIGNALが使えるようになりました。

後日具体的な操作方法などを説明したページは改めて追記等の形で紹介しますが、どのような方法で実現できるかだけ紹介します。

Windwos であれば BlueStacks を使いますが、僕はFedora(Linux系)なので、Genymotion を使いました。
Genymotion の仮想スマホのモデルによってはGoogle Playストアが存在しないモデルもあるので、Google Playストアが使えるようにします。

Google Playストアが存在するモデルであれば、Open GAppsはインストールする必要はありません。
Open GApps から自分が使っている仮想スマホに適した物を選択してインストールします。

Google Playストアから NextPlus をインストールします。
NextPlusにSIGN INして使えるようにします。

Google Playストアから SIGNAL を選択します。
SIGNAL を起動し、NextPlusで取得した電話番号に SMS を送信します。

NextPlus で受信した PIN を SIGNAL に入力します。

これで PC だけで SIGNAl が使えるようになります。

Windows / Mac でもこの方法で SIGNAL が使えるようになると思われます。

SIGNAL を登録するのに、SIGNAL は直接 SMS を受信できないようなので、
NextPlus を使って SMS を受信し、それを SIGNAL に登録するという流れです。

NextPlus / Genymotion 仮想スマホの電話番号がそれぞれ異なりますので、注意が必要です。
 

このような発想、気付きも瞑想などにより光がもたらされ、これからどんどん出てくると思います。

瞑想の大切さがわかる出来事でした。

 

------------------------------------------

2019/01/09 19:50 追記

上から順に作業して下さい。

1 仮想スマホアプリをインストールする
Windows / Mac は BlueStacks をインストールする
https://androidlover.net/android-emulator/bluestacks/install-bluestacks.html
このページはインストールだけでなく、Google Playストアを使うようにする方法のリンクも有ります。
Windows をお使いの方はそちらの方が参考になると思います。

Linux系OSの場合は Genymotion をインストールする
https://straycatlab.com/post-174
を参考にインストールして下さい。
Genymotion に必要な VirtualBox のインストールも解説されています。

補足
今確認したら、Genymotion は Mac / Windows / Linux に対応しているようです。
http://www.ringo-bito.com/entry/mac-android-emulator-select
からどのエミュレータを選択すればいいか、ご自身の環境と合わせて検討するのも良いですね。

--------------------------

2 Google Playストアが存在しない場合
Google Playストアが存在する場合は 3 へどうぞ。

仮想スマホにGoogle Playストアが存在しない場合の対処法
Windows の場合
上記の BlueStacks のページにありますので、そちらを参考にして下さい。

Linux系OS(Genymotion)の場合
https://androidlover.net/genymotion-install-google-play
を参照して下さい。

--------------------------

3 NextPlus をインストールする
Google Playストアから NextPlus をインストールする
https://appli-world.jp/posts/555
を参照して下さい。

--------------------------

4 SIGNAL をインストールする
Google Playストアから SIGNAL をインストールする
https://morifuji.me/wp/archives/4153
を参照して下さい。

--------------------------

5 SIGNAL に自分の仮想スマホを登録する
上記サイトを参照して登録します。
但し、登録する電話番号は NextPlus で取得した電話番号にします。
NextPlus はアメリカの電話番号が取得できますので、国番号は+1にします。
日本は+81なので、ここを間違えると認証番号(PIN)が届かないので注意が必要です。

また Genymotion 自体の電話番号もありますが、SIGNAL には登録できないようです。
標準のメッセージアプリで SMS が受信できません。
これが原因で去年は立往生しました。

Genymotionの電話番号



SIGNAL(NextPlus)の電話番号




PIN が SMS で送られてくるので NextPlus で PIN を確認します。



PIN を SIGNAL に入力します。
一度違う番号を入力すると、後で正しい番号を入力しても正常に登録出来ないようです。
もし違う番号を入力した場合は、SIGNAL で再度電話番号登録からやり直します。


SIGNAL の登録が正常に行えた場合、SIGNAL をデフォルトの SMS アプリに変更しても問題なく動作します。
SIGNAL をデフォルトの SMS アプリに変更した場合、以下の確認が容易にできます。

正常に登録できたら、SIGNAL を使って NextPlus の電話番号に SMS を送ることで
正しく動作するかどうか確認できます。
つまり自分自身にメッセージを送って確認するわけです。



また色々試行錯誤しているうちに以下のことを発見しました。
NextPlus の電話番号を他の仮想スマホで使いまわしました。
その結果 SIGNAL を新しい仮想スマホで登録できましたが、以前の仮想スマホを開くと
「このアプリは他の端末で使われています」
というような表示が出ました。
つまり SIGNAL が乗っ取られた場合は、すぐにわかるということです。
安全対策がしっかりしていると思いました。

 

ガラケーもスマホも持っていないが、PCだけ持っているという人は少ないでしょうが、この記事が一人の方にでも役に立つのであれば幸いです。

 

ヤフオク!等でSMS認証のみ請け負うサービスを出品している方がいます。

僕も過去に数回利用しました。

問題なく認証できましたが、それは国内の SMS なので問題なく出来ました。

しかし Genymotion はアメリカの電話番号が付与されます。

聞く所によると、SMS にも色々規格が有り、アメリカと日本では規格が違うのか、送受信できないという話も見かけました。

そのため、今回は自力でやるしかないと思って時間がかかりました。