リーキーガット症候群について~リーキーガットが引きおこす症状と病気~ | クロイターピール・核酸DNA美容法

クロイターピール・核酸DNA美容法

にきび・クレーター・赤ら顔・敏感肌・乾燥肌・その汚肌・トラブル肌解決します!美魔女続出。あなたの美肌をお約束します!


テーマ:

皆さんは、「リーキーガット症候群」という疾患をご存知ですか?

日本でも最近、問題視され始めている症状で、現代疾患の1つとも言われています。

最近、

便秘が酷くなった、

花粉症が酷い、

突然アレルギーになった、

肌荒れが酷くなかなか治らない、

など、原因不明の体調不良はもしかすると、リーキーガット症候群かもしれません!

 

<リーキーガット症候群とは?>

リーキーガット症候群、別名「腸もれ症候群」。

日本語の正式名称は「腸管壁浸漏症候群」。

英語の頭文字をとって「LGS」とも呼ばれます。

「リーキー(Leaky)」は、「漏れる」

「ガット(Gut)」は、「腸」

「シンドローム(Syndrome)」は、「症候群」で、

「LGS」ですね。

 

リーキーガット症候群は、ネーミングにあるように、腸内の異物が腸壁から漏れ出してしまうことによって起こる疾患のことです。

 

「腸」の粘膜(腸壁)に穴があく、もしくは腸壁が損傷する

  下矢印

本来は腸内にあるはずの「菌」や「ウイルス」、未分解の物質や身体に有害なウイルスが、腸壁から外部へ漏れ出す

  下矢印

腸壁から漏れ出した異物が、血管内に侵入、血液中に入り込む

  下矢印

身体が異常を感じ、抗体が出来て異物を攻撃

  下矢印

体内に炎症がおこる

  下矢印

様々な疾患がおこる

 

そして、

便秘や肌荒れの比較的軽い症状から、

アレルギーや自己免疫疾患、糖尿病などの重篤なものまで、

様々な疾患を起こしてしまいます。

 

主な症状は、

* 疲労感

* 肌荒れ

* 便秘

* 偏頭痛

* 花粉症

* アレルギー(食物アレルギー、アトピー、化学物質過敏症など)

* 自己免疫疾患

* 糖尿病

* 低血糖症

* 関節炎

* ぜんそく

など。

 

また、女性特有の疾患としては、「子宮筋腫」など婦人科系の疾患も多いそうです。

腸内機能が低下し、消化酵素が不足するので、栄養の吸収が上手くいかず、ビタミンやミネラル欠乏症などのリスクも高まります。

リーキーガットの症状が進んでくると、皮下脂肪や内臓脂肪が付きやすくなり、メタボリックシンドロームのリスクもあるようです。

皮膚疾患、

炎症系の疾患、

アレルギー系の疾患、

メンタル系の疾患など、

個人差はありますが、様々な不調が報告されています。

 

<リーキーガット症候群原因>

では、腸壁に異常を来たしてしまうリーキーガット症候群の原因は何なのでしょう?

アメリカでは、実に80%近くもの人がリーキーガットだと言われているそうです!

その多くの原因は、私たちが毎日必ず口にする「食べ物」。

そう「食品」だと考えられています。

アメリカ人の80%がリーキーガットなら、食の欧米化が進んでしまった日本でも多くの人の疾患の原因がリーキーガットだと考えてもおかしくはないですね。

腸壁を損傷したり、穴を開けてしまう主な原因として考えらているのは、

 

 (1) タンパク質などの未消化の食べ物

タンパク質は普通、消化酵素の働きで分解され、アミノ酸として腸で吸収されるのですが、腸内環境の乱れなど何らかの理由で消化酵素が不足していると、「消化吸収」作用が正しく行われず、ペプチド(タンパク質の未消化形)のままで腸内に留まります。そして炎症を起こしてしまい、それがトラブルへの原因となります。

この未消化タンパク質になりやすい食品が、

* グルテン(小麦に含まれる)

* カゼイン(乳製品に含まれる)

だと言われています。

 

(2) 食品添加物や遺伝子組み換え、農薬などの影響

自然界に存在しない人工的に作られた添加物の中には、消化できないものも多くあります。ホルモン剤や抗生剤を多用されたお肉や乳製品、遺伝子組み換え原料を使った食品、トランス脂肪酸や酸化の進んだ油なども注意が必要です。

 

(3) 抗生物質や抗炎症薬などの薬の多用

すぐに薬を飲んでしまう、頼ってしまう人もいると思いますが、抗生剤やステロイド系の多用はリーキーガットのリスクが高まると考えられています。抗生物質は腸内の善玉菌が減ってしまいます。特に女性の方はピルの常用にも要注意です。

などが挙げられます。

 

その他にも、

* 糖質(特に精製されたもの)

* カフェイン(特にエナジードリンクとよばれるもの)

* アルコールの過剰摂取

* ライフスタイルの乱れ(ストレス、睡眠不足など)

なども原因の1 つとして挙げられます。

 

そして、これらは全て「腸内環境の乱れ」に繫がっているのです。

前回「腸活のすすめ」でも書きましたが、「腸は第二の心臓」です。

腸内環境の善し悪しは、様々な疾患の予防になるのですね。

 

<リーキーガット症候群改善法>

リーキーガット症候群はもちろんのこと、身体の不調の改善には何より腸内環境を良好に保つことが大切です。

具体的に改善方法をみていきましょう。

 

(1) 腸への負担になる食品を摂らない

何はともあれ、まずはここからです。

食は体を作る、と言われていますね。

腸に負担をかける食品とは…

 

* 小麦などに含まれるグルテン

最近話題のグルテンフリーは全くグルテンを摂らない食事療法です。リーキーガットの重度が疑われる人は断ってしまった方が良いとの考え方もあります。

 

* 牛乳に含まれるカゼイン

カゼインも腸に負担をかけるタンパク質の代表的なものです。過剰摂取は禁物です。低温殺菌牛乳もその過程で活性酸素が破壊されると言われており、乳製品を摂るなら「生乳」が良いようです。

 

* 精製された砂糖

腸内の悪玉菌、カンジダ菌のエサとなります。悪玉菌は健康な細胞を破壊し、腸壁(粘膜)にダメージを与えてしまいます。砂糖は極力摂らない方が賢明ですが、どうしてもの場合は黒糖など、なるべく原料に近い形で摂るのが良いでしょう。

 

* 添加物や農薬などの化学物質

保存料、着色料、農薬、水道水の塩素、などは、腸内細菌を殺してしまいます。悪玉菌だけなら良いのですが、善玉菌も同様に殺してしまうので、腸内バランスが崩れてしまいます。消費期限の長い加工食品、酸化しやすい油脂を使った食品は避け、なるべく加工品ではなく、手作りのものを食べましょう。無農薬野菜がベストですが、農薬が掛かっていても「重層水」などに浸けておくだけでもある程度は取れるようです。水道水は浄水器を使ったり、ミネラルウォーターなどを代用してみてはいかがでしょうか。

 

(2) 腸に良い食べ物を摂る

* タンパク質はアミノ酸に変えて摂取する

添加物の入っていないものが前提ですが、「骨付き肉のスープ」はコラーゲンに含まれる成分が腸粘膜の修復に有効だと考えられています。

「和風だし」「魚介のブイヤベース」なども良いようです。

 

* 発酵野菜を摂る

キムチ、ピクルス、ぬか漬けなどは、腸のph バランスを整えて腸内環境を正常化してくれます。ただし、悪玉菌が多い状態でこれらを摂取すると、悪玉菌を助けてしまうのではないかという説もありますので、これらを摂っても何も変わらない、あるいは悪化する場合は注意が必要です。

 

* 乳酸菌、ビフィズス菌

ラクトバチルス、ラクトコッカスなどの乳酸菌の発酵乳製品。ヨーグルトやケフィア、チーズやバターなど、適度に摂取が良いようです。

 

* ココナッツ製品

ココナッツに含まれている「中鎖脂肪酸」は消化されやすく、リーキーガットの方には適しています。ココナッツミルクやココナッツオイルなど積極的に取り入れてみましょう。

 

* 香味野菜やハーブ類

しょうが、ニンニク、シソ、唐辛子などの香味野菜や、胡椒、シナモン、バジル、クミン、ターメリック、コリアンダーなどのハーブ類には、抗菌作用・殺菌作用があります。

 

* 水溶性食物繊維

アボカド、プルーン、キウイ、リンゴ、玉ねぎ、ごぼう、ラッキョウ、おくら、わかめ、海苔、ひじき、寒天などの水溶性食物繊維は、乳酸発酵を促進します。乳酸発酵とは、乳酸菌やビフィズス菌が水溶性食物繊維をエサとして、腸のエネルギーとなり、ぜん動運動や消化吸収を良くする「酪酸菌」を生成することです。

 

* オメガ3 脂肪酸

鮭、青魚、ラム肉などに含まれる、抗炎症作用のある油です。

 

(3) サプリメントで不足分を補ってみては?

プロバイオティクス(善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす)、消化酵素(消化を助ける)、L-グルタミン酸(抗炎症、修復作用)、リコリスルート(胃酸の分泌促進)などで腸内環境正常化をサポートするのも1 つの方法ですね。

 

<リーキーガット症候群検査方法>

リーキーガット症候群の指標としてよく用いられるのが、以下の3 つの検査です。

保険適用ではないものがありますので、医療機関で説明をしっかり聞き、内容を確認・相談のうえ、受けることをおすすめします。

 

(1) 食物アレルギーlgG 検査

即時型アレルギー反応ではなく、遅延型アレルギー反応を調べます。

遅延型アレルギーは、数多くの症状がみられるうえに、症状の出るタイミングが遅いので食物と症状の関連に気付かないことが多いためです。

 

(2) ゾヌリン検査

ゾヌリン(タンパク質の一種)の血中濃度を測ることで、腸からどの程度の量が漏れ出ているかを判断します。リーキーガットの重症度判定に用いられます。

 

(3) セリアック抗体検査

血液からグルテンに対する反応を調べる検査です。

 

リーキーガット症候群。

あまり聞き慣れない言葉でしたが、内容をみてみると、私たちの身近に潜んでいる疾患ですね。

しかし、私たちの意識を少し敏感に、食べ物や生活習慣へ気配りをするだけで、防げる疾患でもあるような気がします。

みなさんも、リーキーガット症候群の予防を兼ねて、食生活の見直しを行ってみませんか。

 

弊社では健康セミナーも実施していきますので、セミナー情報でご案内させて頂きます。

ご興味のある方はぜひご参加下さい。

http://royaltrust.jp/category/seminarinformation/

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

美を追求するエステティシャンの皆様へ。

本物のハーブエステの技術を取得されて他店との差別化を図りませんか??

クロイターピールは14種類100%天然ハーブを使用していますが、
その配合比率が他社には真似のできないオリジナルの黄金比率です。

たった3日間でターンオーバーを促進し、 新しいお肌に古い汚肌が押し出されて
自然に剥離します。
いろんなハーブエステがある中、どれも同じ??と思っていませんか?
クロイターピールは再生力と結果を重要視しています。

クロイターピールご紹介動画!

本物の美を追求したいエステティシャンの皆様へ!


 

クロイターピール・核酸DNA美容法の無料セミナーを全国で開催します!

全国セミナー情報はこちらをクリック


美を追求するエステティシャンの皆様へ

 

 

ロイヤルトラスト株式会社さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント