彼は片田舎の丸太小屋で生まれた。学校は貧しさのために断続せざるを得なかった。
彼が正規の教育を受けたのは、合計しても一年に満たない。
二十代になって事業を起こす。だが、失敗した。その上、恋人の死という非運に見舞われ、
自身は神経衰弱を患う。その中でも彼は独学し続けた。
そして二十七歳の時、弁護士の資格を取得する。
労働に明け暮れた経験。弁護士活動で得た見聞。それが止みがたい夢と激しい志を育み、

彼を政治へ駆り立てた。 だが、なだらかな道ではなかった。三十代では下院議員選挙二度、
四十代でも上院議員選挙に二度、落選した。四十七歳の時、副大統領選挙に立候補したが、
これも落選した。 しかし、彼は逃げなかった。夢と志が逃げることを許さなかった。

そして大統領の座を射止めたのは五十一歳の時だった。
彼は南北戦争を戦い抜き、奴隷解放という新しい歴史を切り開いた。
彼の名はアメリカ第十六代大統領エイブラハム・リンカーンである。

十八世紀から十九世紀にかけ、世界に重くのしかかる難題があった。梅毒の跳梁である。
決定的な解決策を見出せず、密かに人類の滅亡さえ予感された。
曙光が射したのは二十世紀に入ってだった。
一九一〇年、梅毒の化学療法剤サルバルサンが発明されたのだ。
発明家はコッホ研究所の研究者パウロ・エールリッヒである。
このサルバルサンは別名六百六号と呼ばれる。ヒ素化合物の試作品を次々と作って、
六百六番目に初めて得られた目的を達する薬だったからである。
つまり、エールリッヒは六百五回失敗を繰り返し、その数だけ失望と苦悩を味わったのである。
研究にとって最も大事な物は何かと問われ、エールリッヒはこう答えた。「忍耐」。

時代の古今、洋の東西、分野の差異を問わず、新しい歴史を切り開いた人たちがいる。

それらの人たちに共通する条件を一つだけ挙げれは、こう言えるのではないか。
困難から逃げなかった人たち、困難を潜り抜けてきた人たち――だと。
新しい時代に適った夢と志を実現する。 「歴史創新」とはこのことである。
そして、夢と志を実現しようとする者に、 天は課題として困難を与え、試すのではないか。

松下幸之助の言葉が聞こえる。 「百篇倒れたら百篇立ち上がれ。万策尽きたと言うな。
策は必ずある」 困難から決して逃げない――私たちの歴史もそこから開けてくるのだと
肝に銘じたいものである。


『致知』編集発行人 藤尾 秀昭

AD

思うは 招く

テーマ:

思うは 招く

植松 努


・お金は値打ちが変わってしまう、だから、お金があったら本を買いなさい。

 頭に入れなさい。それは誰にも取られない。

・今出来ないことを追いかけることが、夢。

・人間にとって大事なことは、出来なかったことが出来るようになること。

・人間が生きていくには自信が必要。

・学問とは、社会の問題を解決するために人類が生み出したもの築いたもの。

・教育とは、死に至らない失敗を安全に経験させるためのもの。

・失敗はマイナスではない。

・生まれた時から諦め方を知っている人はいない。

・やったことのないことをやってみろ。  

・まずいと思ったら、逃げること、自分を責めないこと。

・ただ今成長中と思うこと。

・世界を救うために生まれてきた、自分なんてと思わないこと。

・出来ない理由を探さない、出来る理由を考える。

・思うは 招く

・「だったらこうしてみたら」で夢が叶う。

AD

赤ちゃんを産むとき、陣痛というものがあります。

陣痛は、初産で約24時間
2人目以降で約12時間続くことが多いようです。

妊婦さんの中には
この陣痛がとても苦しいので

「産む側は大変、赤ちゃんは生まれてくる側でいいなぁ」

と言う方もいらっしゃるようです。

しかし、助産師さんは
これは大きな勘違いだと言います。

赤ちゃんの方が
妊婦さんの何倍も苦しいのだと。

実は、子宮は筋肉であり
これが収縮したり緩んだりするのが
陣痛の正体。

陣痛が始まり、子宮が収縮すると
赤ちゃんは首のところを思い切り締め付けられ
へその尾からの酸素が途絶え
息ができなくなるそうです。

子宮の収縮は約1分間。
その間思い切り首を締められ、息ができない。

1分たてばまた子宮はゆるむが
また陣痛が来れば1分、息ができなくなる。
しかも陣痛の間隔はだんだん狭くなる。

この陣痛に耐えられなければ
赤ちゃんは死ぬ。まさに命懸けだ。
だからこそ、赤ちゃんは慎重なのだという。

実は、陣痛がおこるためには
陣痛をおこすホルモンが必要といわれています。
このホルモンを出しているのは
お母さんではなく、なんと赤ちゃん自身。

赤ちゃんはとても賢く、自分自身で自分が
今陣痛に耐えられる体かを判断しています。

「生まれたくて生まれたんじゃない」

なんて人はいない。

すべての赤ちゃんは
その日を自ら選んで生まれてくる。

生きるか死ぬかの狭間の中
あの小さな体で
必死に生きようと頑張っている。

子供を授かることもそうですが
出産は母親にとっても赤ちゃんにとっても
すべてが奇跡の連続なのです!

あなたの誕生日も
あなたが命を懸けて
選んだ日なのです。

そう考えると、自分の誕生日が
本当に特別な日なのだと
改めて実感できるのではないでしょうか。

そして、一番いいタイミングで
自分の生まれてくる日を選ぶ。

そう考えると、自分の誕生日も
自分が選んだ日なんだなと・・・

また、急に激しい陣痛を起こせば命が危いので
最初は陣痛を起こすホルモンを少ししか出さず
様子を見てホルモンの量を調整するんですって。

赤ちゃんの中には、予定日を過ぎても
なかなか生まれてこない赤ちゃんもいる。

途中で陣痛を止める赤ちゃんもいる。

そういう赤ちゃんを
「うちの子はノンビリしてる」
なんていうお母さんもいるけど
そのとき赤ちゃんは必死なんです。

生まれて来ないのは、赤ちゃんが
「今の体では陣痛に耐えられず死んでしまう」
と判断しているからだそうです。

赤ちゃんはみんな、自分で判断して
自分の意志で生まれてくる

AD