日経225デイトレード波動分析、日柄分析

日経225デイトレードで重要な波動と日柄を公開します
相場は様々な外部要因、材料で動きますが
結局大きな流れでは波動と日柄に逆らうことはできません


テーマ:
おはようございます

伊藤です。

本年も大変お世話になり

ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。



来年の相場はどうなるのか・・・

振り返りますと

一昨年、昨年、と大納会に高値を更新して

新しい年を迎えたのですが

昨年は年初から5月23日の暴落まで

上昇の勢いがものすごかったのに対し

今年は年初から下げて始まりました

ようやく12月に高値更新となりましたが

本日、大納会に高値更新となるのは難しい感じです。

では、来年の1月はどうなるのか・・・・

ヒントは外人のポジションと言えそうです。

http://www.opticast.co.jp/opt/gcom/market/kokunai/shutai.htm

http://www.tse.or.jp/market/data/sector/index.html




10月売り越した外人は

11月に買いこしに転じ

12月先週までの状況では今のところ買い越しとなっています。

一時はヘッジファンドとも思われる換金売りの売り物も出ていました。

ただ、外人が買っていれば、売りを出しますし、

売っていればキャッシュポジションが高まりますので

買いを入れやすいということがあります。



そして、今日の会員様向けレポートでも書きましたが

昨日日経が下げたのにも関わらず

NT倍率が引け値ベースで今年最高を更新しています。

これは、違う見方をすれば

日経よりTOPIXが弱いということです。

上げる時は日経がTOPIXよりも大きく上げ

下げる時はTOPIXが先行して下げていくことが多いです。

つまり下げ場面でTOPIXが日経よりも弱いと

大きな調整につながる可能性が高い傾向があります。

今年の相場は年初から

会員様向けレポートでは

下記のように書いてきました。

※※日本株バブルの間は

N計算値の 17900円、V計算値の 18645円を目指す可能性が高いです。

日本株バブルというのは

日銀が消費再増税のために金融緩和を行って

消費再増税が行われ

実体経済の回復の間もなくダウンが明らかに

なった後の「相当期間」・・・というところでしょうか。
(最短で年明け1月23日前後)

V波動の16443円、16765円が目先の目途となります。※※


NY市場がしっかりしていれば

緩和方向に向かわざるを得ない日本の金融政策では

最後の日本株上昇(バブル)の可能性は大きく残ったままです。


最後のバブルには期待したいところです。※※




年初は下げたものの年末には

年初に想定していた通りのバブル相場になりました。

目先の目途としていたV波動の16443円、16765円は

11月4日に超えて来ました。

そしてN計算値の 17900円は12月8日高値 18030円でクリアしました

また、消費再増税は延期となりました。


来年はアメリカの金利引き上げ

原油相場の動向、

デフレ懸念からのECB,日銀の

更に強まりそうな金融緩和の傾向…等々

大きな激動相場になることが

今から予測されます。


朝のオープニングトレードレポートでは

不定期ではなく

毎朝 8:45頃

トレードポイントとレポートが届きます。

来年の激動相場に備えたいという場合は

参考にしていただけます。

今すぐこちらからお申込みください。
       ↓
http://mya101.net/l/m/1flXGDwCpmSKMd




:::::::::::::::::::::::::::
では、

どんなレポートが届くのか?

12月30日朝のレポート一部抜粋しました
      ↓

● 今日の新バージョン・トレードシステムサインは





(前日の結果 +300円)



検証済みの新システムに基づいて

寄り前の 気配値も反映したサインです。

新たに見送りサインも出現します。



トレードシグナルは一切の裁量、相場観を排除して
システムに基づいたシグナルをお伝えします


● 日経225波動デイトレードによる売買ポイントは




ザラ場で10円、20円を固く利確していくポイントとして見ます。


前日の結果


-40円・・・・17850円買い




● 日経平均は 17729  円   89円安


西アフリカからの帰国者がエボラ感染の疑いと発表され、

薄商いの先物に売り仕掛けが入るとするすると下がり

一時日経平均は293円安までありました。

その後は下げ幅を縮小しました。

エボラ緊急感染症患者の隔離搬送用として

ウイルス・細菌の拡散や感染防止に効果があるという

バイオセーフティーカプセルを製造している日本エアーテックがストップ高となりました。

夜になって厚生省はエボラは陰性だったと発表しています。

ひとまず安心というところです。

新興株式市場はしっかりしており

日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数とも続伸しています。



東証1部の出来高は19億3,247万株、売買代金は1兆7,966億円と

前日よりはましなものの昨日までの数日間は

掉尾の一振の期待は空振りという感じです。

本日大納会ですが2012年、2013年に引きつづき

大納会に年初来高値更新で

12月月足高値引けとなるのが臨まれますが

12月8日 18030円を上回って引けるのは

かなりきつそうです。


また

来年の日経平均高値はPER16倍評価で2万800円とという話も出てきていますが

これは専門家の株価予測の中でも控えめな方の話です。

ただ、ここ数日書いていますように

今年のバブル相場は予想通りでしたが

来年はバブルが続かない可能性が大ということも

頭に入れておかないといけないと思えます。



日経平均は下げたものの

昨日NT倍率は12.53倍と

今年最高となっています。


昨年12月25日にNT倍率は

2000年以降での最高水準となる12.72倍まで上昇していました。

(去年の今頃は 毎日のようにNT倍率が ここ10年以上見たこともない水準・・・・と書いていました)

NT倍率上昇での年末高は今年のように

年初安にならないかと警戒感が出ています。



日経平均は下記ほぼ高値目途に到達していますし

上記NTの上昇の過熱感。

そして、引き伸ばしになったとは言え、

10%への消費増税が決定してしまいました。

年末までの最後のバブル相場という


年初の予測はまあまあ当たりましたが

来年以降のバブル相場が続くかはわかりません。

どこかで大きく下に振られることも

注意の段階に入ってくると思われます。


12月月足陽線引けはほぼ大丈夫でしょうか・・。

年明けは油断できないですね。


注目されていたギリシャの大統領選出投票は

サマラス首相が29日、今回3回目で

最後となる大統領選出投票で十分な票を集められなかったため、

議会は解散総選挙に追い込まれました。

反緊縮の急進左派連合 が勝利すれば

国際的支援の前提条件が危うくなりギリシャ危機3たびとなり兼ねません

このあたりの火種にも火が付きました。

昨晩のNY市場はS&P500は過去最高値を更新し

ダウは15.48ドル(0.1%)下げて18038.23ドルとなっています。


とりあえず本日だけは掉尾の一振、さいごの年末上昇を

期待して今年のレポートを終わりたいと思います。

良いお年をお迎えください。





※ ここ11年間をみると

日経平均12月の月足が陰線引け(12月に株が下げた)したのは

2回だけで後の9回は陽線引けとなっています。

今年の12月日経平均始値は 17475円ですから

ここを下回って終わる確率は低いと言えそうです。


ただ、1989年から見ると

12月の陽線引けは15回、一方陰線引けは9回で

15勝9敗と勝率(12月が高く終わる確率)はかなり下がります。※



個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。





※変化日

1月23日


(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)



●今日の日経先物

前日の先物は




上限 17970円、
下限 17770円



としていましたが

ザラ場高値は

17940円


ザラ場安値は

17540円



でした

CME 日経先物は 17730   円


今日の先物は



上限 17810円、17930円
下限 17630円、17590円



というスタンスで見ます。






///////////////////////////////////////////////////////////////

● 今日の重要ポイント 日経225


12月30日


17930
17880
17810●
17720●
17630
17590●
17400●



あくまで情報の提供が目的であり、内容には充分注意していますが、
内容の正確さが保証されたものではなく、また、投資の判断はご自身の責任でお願いいたします


良いお年をお迎えください

それでは失礼いたします。








毎朝 8:45頃

トレードポイントとレポートが届きます。

来年の激動相場に備えたいという場合は

参考にしていただけます。

今すぐこちらからお申込みください。
       ↓
http://mya101.net/l/m/1flXGDwCpmSKMd



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事