日経225デイトレード波動分析、日柄分析

日経225デイトレードで重要な波動と日柄を公開します
相場は様々な外部要因、材料で動きますが
結局大きな流れでは波動と日柄に逆らうことはできません


テーマ:
日経平均は 14224円  238円安


FOMCでイエレン議長は量的緩和策の縮小継続と

量的緩和策自体が秋に終了し、6ヶ月後の来春には

利上げを実施する可能性に言及しました。

そのため利上げが思ったより近しということで

前日のNYダウは114ドル安の16,222ドルと売られ、

日経平均も引きずられました。

ロシアはアメリカの制裁と同程度の

制裁をやり返すといっていますね。これも悪材料とされました。

19日の米2年債利回りは一時、11年以降で最大の上昇を記録し

米金利高から102円60銭台とドル高・円安水準となりましたが

日経平均は為替の恩恵を受けられずです。


日経平均日足は200日線(14504円)が抵抗となって頭をたたかれました。

ただ、節目の1万4000円を試したとしても

予想PER13倍台となる下値では

割安感から買いが入るとする関係者が大勢です。

そのため日経平均の予想レンジは1万3800円─1万4500円とみられています。

ですが、

日経平均日足チャートは

二空の窓が空いたままで


日柄的にも11日前後の変化日(15256円、15266円、15312円)で

戻り高値をつけてしまいました。


二空窓埋めをして

ここから上昇トレンドにもどれるかですが

上昇トレンドに戻るには・・・・・・・・





     ↓

http://03auto.biz/clk/archives/wraagj.html




今年が正念場ですね





今日の波動の分析

毎朝の会員さん向けメールレポート
      ↓
http://trade-literacy.com/point/






そして、




どこを見ておけばいいのか
一目瞭然ですね


  ↓
http://www.trade-literacy.com/pro_trader_zline/index3.html


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事