日経225デイトレード波動分析、日柄分析

日経225デイトレードで重要な波動と日柄を公開します
相場は様々な外部要因、材料で動きますが
結局大きな流れでは波動と日柄に逆らうことはできません


テーマ:
///////////////////////////////////////////////////////////////


このブログは今日の波動の分析

毎朝の会員さん向けメールレポートの一部です。




///////////////////////////////////////////////////////////////

日本を脱出しようと言う本が人気になっているようです
<脱出指南書が人気に>
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE84T05G20120530?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0&sp=true

正直でまじめな国民の気質、

こんなに良い国は他にはないと思います。



「日本を出て暮らすことにしました・・・・と言うようなメールが来ますが

国籍も変えて二度と戻ってこないのもいいかも知れないですね。

いやなら出て行けば良いと

その代わりもう戻らないでくださいねと。


多くの先人達が作って、命を懸けて守って来たこの国を捨てるなら

当然ですが日本人では無くなる覚悟でお願いしたいです。

最近の流行みたいに考えているだけならどうなんでしょうか。

民主党政権にも日銀にもいらだちしか感じませんが

この国を大切に思うからです。本当に国を思う政治家を期待しているからです。


正直でまじめな国民の気質、

こんなに良い国は他にはないと思います。」




●日経平均は 8633円  23円安

中国の新華社通信の「大規模景気刺激策」を否定する報道で下げて始まった日経平均は

スペインのバンキア銀行の資本注入問題から銀行株の下落

金融システム不安でユーロ全面安、円高も悪材料となりました。

中国の景気悪化懸念が強まり、アジア市場が軟調の中

中国関連銘柄も下落しました、

後場は日銀のETF買い観測もあり下げは止まりましたが

6月8日のメジャーSQ、雇用統計を控えて様子見となりそうです。

東証一部売買代金は4日連続で1兆円割れとなっています。

・・・・・。



野田首相と小沢さんの会談がまとまらないのはみんながわかっていたことですから

影響は無しと言えます。



5月のユーロ圏景況感指数は予想以上に悪化し、

2年半ぶりの低水準となっています。

ユーロは対ドルで2年ぶり安値近辺の1ユーロ=1、2367ドル。

円に対しても98円割れとなっています。

円は対ドルでも一時、78円台突入で

今年の日経平均の上昇がスタートした2月15日以前の水準まで上げてきました。


イタリア国債入札で利回りが急上昇したことや、

スペイン金融システム不安や

30日に公表されたギリシャの一部世論調査で、緊縮財政に反対する急進左派連合(SYRIZA)が

支持率を伸ばし(支持率は30%)首位に立ったこともユーロ安の理由です。




日経平均は4%程度(8835円)の戻しで終わったとしても

そろそろ戻るタイミング・・としていましたが

円高の影響もあり

反発するもあまりに弱い状態が続いています。

戻りの弱さからも


下記 ※※ 5月6日に書いた内容は変わらずで、

更に濃厚となってきました。


日経平均は11月25日安値 8135円を下抜け

8000円割れ が視野に入ってきます。

その場合 中期下落波動再開で 7499円を目指して

8月20日前後を 目処に下げていくと言うことも

考えなければいけなくなります。・・ということです。


当面の安値か、一旦の戻しかは

相場の流れによりますが

年明けの上昇波動スタートとなった1月16日 安値から51日後(二期)

3月27日に 高値 10255円となっています。

そして、

同じく 3月27日から 二期 51日後の6月8日、

または変化日 ●日あたりは注意です。


※※ 均衡表では三役逆転とあわせて

雲の抵抗帯も下抜けになり

短期波動は完全な下落波動に変化します。

その後、短期下落波動状態が続いたまま長期線が下降に転じて

その下に実線(株価)が入り込むと

中期上昇波動が今度は中期下落波動に変化していきます。

(現在は長期的にはまだまだ下落波動のままです)

そうなると

昨年末からECBが計1兆ユーロの大量の資金供給を行う前の時点で

覚悟していた状況の再現となり

日経平均は11月25日安値 8135円を下抜け

8000円割れ が視野に入ってきます。

その場合 中期下落波動再開で 7499円を目指して

8月20日前後を 目処に下げていくと言うことも

考えなければいけなくなります。※※


昨晩のNYダウは

160ドル安の12419ドル。

中古住宅販売成約指数が期待外れの内容だったこと

ギリシャのユーロ圏離脱懸念、スペインの銀行の健全性への不安から下げています。

アメリカ国債は引き続き買われて

10年債利回りは1.6170%と、昨年9月のこれまでの最低1.6714%を下回って

60年ぶりの水準に低下となっています。

英国債、独国債も買われています。



NYダウは10月末の戻り高値12231ドルを割れていないので

まだ、なんとか崩れてはいません。

12231ドルを引け値で割れてくると

その後、一旦戻っても再び12231ドルを割れた時点でダブルトップからの

確実な下落トレンドスタートとなってしまいます。

このまま踏みとどまれるかと言うところです。



株式波動トレードで個別株を掲載していますが

売り銘柄の目標達成が次々に出ていること、

売り持ち銘柄が増えてきたことから

ここからの反発に備えた買い待ち銘柄も

徐々に増やして掲載しています。

ですが安いから買いと言うのではなく

上昇波動に変化したら買いという状況です。

買いに掛かるのはまだ少し先になりそうです。

日経平均の状況では

反発したら最後、また下がると言うことも

考慮しておかなければなりません。


個人投資家は自分の判断を信じて自分の資産は自分で守る覚悟が必要です。


※変化日 

6月●日、・・・。
(1日、2日の違いは許容範囲として変化日とします)





●今日の日経先物


昨日の先物は


8550円から8670円のレンジで動きそう


としていましたが

ザラ場安値は 8560円

ザラ場高値は 8650円と

レンジ内想定どおりの動きでした




CMEは8500円


このあたりで寄り付いた場合

本日の先物は


●●・・。

というスタンスで見ます。


///////////////////////////////////////////////////////////////


このブログは今日の波動の分析

毎朝の会員さん向けメールレポートの一部です。




///////////////////////////////////////////////////////////////



///////////////////////////////////////////////////////////////
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事