日経225デイトレード波動分析、日柄分析

日経225デイトレードで重要な波動と日柄を公開します
相場は様々な外部要因、材料で動きますが
結局大きな流れでは波動と日柄に逆らうことはできません


テーマ:


機関投資家が行うアービトラージを

個人投資家でも可能としたシステム

簡易版を無料プレゼント

お申し込みはこちらから



●日経平均は  9520円  40円安

日銀の追加緩和の中身は

「資産買入基金の規模を従来の65兆円から70兆円に引き上げ、

長期国債の買い入れ限度を10兆円増額、

ETFを2000億円、J─REITを100億円増額、

買い入れ対象国債の残存年数は1年延長し3年以下に、

基金の買い入れ期限は2013年6月末へと半年延長、しかし

今年12月末時点の基金規模は従来予定通り、65兆円。

と言う内容です。

http://www.boj.or.jp/announcements/release_2012/k120427a.pdf

http://www.boj.or.jp/announcements/release_2012/rel120427c.pdf




長期国債買い入れは10兆円増額になるものの

買い入れ期限も半年延長のため

月額の買い入れ額は今の1.5兆円から1.6兆円程度とあまりインパクトはない感じです。


概ね予想通りの内容で

日銀が市場圧力、政治圧力に譲歩したと言うだけの内容と思われます。

賛否両論出ていますが

注目された相場の動きは

発表後は円が買われ、一瞬上げた(日経)先物は円高で売り叩かれました。


アルゴリズムトレードと言われていますが

5000枚以上の大口の先物売りも出る

値動きの荒い投機的な動きで出来高は膨らみました。

そろそろ動くとお伝えしてきたタイミングですが

今日のところは派手に上下に動いただけです。





相場の反転ポイントを明確に導き出す波動と転換点について書いています。
昨年からざっと振り返っただけでも主な転換点に対しては次のような結果となっています


● 2月17日 高値 10891円を

10716円から10818円と予測


● 2月24日 安値 10428円を

10455円と予測


● 3月4日 高値 10768円を

10660円から10845円と予測


● 5月2日 高値 10017円を

10020円で跳ね返される可能性あり、高値つかみ注意と予測


● 6月17日 安値 9318円を

9143円から9115円と予測


● 7月8日 高値 10207円を

10122円と予測


● 7月14日 安値 9884円を

9911円から9870円と予測


● 10月5日 安値 8135円を

8156円と予測

・・・・・・・・


・・・・・・・・

● 1月20日 からの短期上昇波動入りを予測

● 2月15日 変化日からの中期上昇波動入りを予測

● 4月11日の 上昇後目先 安値を予測





このブログは今日の波動の分析

毎朝の会員さん向けメールレポートの一部です。





機関投資家が行うアービトラージを

個人投資家でも可能としたシステム

簡易版を無料プレゼント

お申し込みはこちらから







///////////////////////////////////////////////////////////////
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事