#R623~弱小輸入雑貨屋のカラフルでスパイシーな日々

#R623~弱小輸入雑貨屋のカラフルでスパイシーな日々

会社員辞めて雑貨屋店主になっちゃった!!
南の島の旅する弱小輸入雑貨屋さんの中高年を元気にするブログ。
Life with color and spice!
カラフルでスパイシーな人生を!
旅ネタ・起業ネタ・人生観を忖度抜きで書いてます!
Shop open since 2020~

Blog since2008~








ファスティング3日目が過ぎようとしている、思っていたほど辛くなかったウシシ
メンバーに励まされて、毎日店に監視に来てくれて乗り切ったぞ〜〜〜アップ






結果は2kg減、体脂肪は2.2%減。









なんだか新しい世界へ飛び込んだ感じ、いつもなら「私なら絶対無理」って断ってたな。
でも断ってたらファスティングメンバーとここまで仲良くならなかった。
と言ってもメンバーがたまたまお店のお客さんだったのもあって知った顔ばかりで楽しかった。
お客さんと店の外でここまで仲良くなる事ってなかなかないけど、改めてやって良かったな。
なんか新しいコラボの話とか出てきて仕事にも繋がりそうだし、
うちのお客さんにもフィードバックして次回は3人ファスティングエントリーしてるし。



縁が広がってる〜〜、楽しい〜、やはり体験型ってのはいいなちゅー
実は海外のオーガニック健康食品なども少し入荷し、顧客の幅を少し広げた。
それを使ったレシピなどもお客さんがLINEで共有してくれて、なので私は夜もお客さんとLINEでやり取りしている。
「それ残業じゃないの?」って思うかもしれないけど違うんだな、すごく楽しくて苦にならない。








次回は私はお財布の都合でエントリーしませんがこの体験はすごくいいと思う。
(語彙力がなくて説明できないのだが)
ただ物を売り買いとか食事をサーブするだけとかじゃなく、
楽しいや嬉しいを共有するというか。
それは例えば面白い話して笑うとかそんなその場限りの事ではなくて、
みんなで一緒に体験するとか分かち合うとか、そこから横に縁が広がっていってと。
これからはそういうのに価値が生まれてくるんだろうな。
自分の今後の方向性も相まってすごくいい経験になった。




まだあと2日間の復食期間が残ってるのにまとめみたいな事書いちゃった、
明日いよいよ復食で食べられると思ったら嬉しくてついニヒヒ
そういう意味では辛くなかった、確かに頭痛はあったけど。
それを以てしても変え難い経験だった。












義母が梗塞を起こした時に若い医者は3日断食をさせた。
年寄りにそんなひどいと思った。
あれから4年、ホームにはいるもののとても元気だ。
断食をする事によって細胞が活性化して自己免疫が上がるらしい。
それを推奨してる医者は少ないかもしれないけどたまたま良い研修医に当たったのかもしれない。
3日間飲まず食わずで苦しんでいた人も元気になるのだから、
体調が悪い時は今後は断食をしてみよう。(1人でできるかな)






LINEお友達登録してくれたらお得な割引情報届きますちゅー流れ星流れ星

 

 
友だち追加

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ














ファスティング1日経過しての変化目





体重△0.5kg


体脂肪△0.5kg


筋肉+0.5kg笑い泣き







筋肉が増える不思議、誰もが不思議がってたポーン










スクワットして、







すぐプロテインラブ












ニットとブラウスの融合音譜




1枚でサラッと着れる、この常識にとらわれないスタイル好きラブラブ














お洗濯大変そう〜なんて言うのはナンセンス、どんだけ可愛いかがポイントドキドキ








LINEお友達登録してくれたらお得な割引情報届きますちゅー流れ星流れ星

 

 
友だち追加

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ
















薬草カフェピクニック のファスティングモニタースタートしました。












すでに頭が回らないので今日はこの辺で笑い泣き













アフリカンフリークロスご紹介。
ひとつ前にアップしたアフリカ布は私のハンドメイド用のため非売品です(まぎらわしくてすいません)






販売用アフリカ布はこちらビックリマーク










これサイズの割に驚きのプライスポーン
全て一点物です〜〜あせる
ハンドメイドだけではなく壁に貼ったりシーツにしたり自由にアレンジしてください。
しっかりした生地です音譜












LINEお友達登録してくれたらお得な割引情報届きますちゅー流れ星流れ星

 

 
友だち追加

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ






















朝一番に近所のおばさま方が来てくれて、
「あんたがここまでやると思わなかった」と。






というのもこのお方に
「東区でコーヒーと雑貨屋なんて無理でしょ」
と面と向かって言われたのだ、面と向かってだよ?w
さらには「経営とは・・・」のアドバイス付きビックリマーク









同じお方に今日は「コロナなのに繁盛しててすごいね」と言って頂けました笑い泣き








これは誰しもそう思っていた事で、大家さんや両親や伴侶や友人やこの界隈のご近所にまでまるで期待されていなかったw



これまで(島の中では)優良企業にいて辞めてまでやる事かと思われたのだが、
そんじゃそこらの生半可な気持ちで仕事辞めてまで始めた訳ではない、確かにコロナで色々予定は狂ったけど。
経理はずっとやってきたつもりだが内容がまるで違うし、仕入れだってど素人、料理だってど素人、縫い物だってど素人。。。



あれ、なんもいいとこなくない?チーン





逆に仕事辞めてど素人がこんな事始めて大丈夫なの?
いやそりゃ誰が見ても心配だわ、そりゃアドバイスもしたがるわ笑い泣き笑い泣き笑い泣き






しいて言えば自分の好きな事を好きなようにワガママにやっている・・・。
あれ、、、ますますダメな感じ?w




相手軸に自分を変えない、自分が相手を振り回してやる!くらいに。
それも目立った動きを見せず、淡々とコツコツと真面目に。(目立ってたらしいがw)
「アドバイスありがとうございます」と聞いてるふりして聞かない。←






珍しいことをするとその時は目立つのだが人はそのうち慣れてくる。
島の固定観念の塊の方々はステレオタイプが酷すぎるけど見慣れたらなんてことはない。
見慣れて景色のようになればそれでいいのでは無いかな。
















胡散臭さ全開の店だったが最近では小学生中学生高校生までフラッと寄ってくれる。
何を買うわけでもないのだが私とおしゃべりしていく子供もいる。
確かに高くてお小遣いじゃ買えない衣類も多いと思う、通販では買ってくれない親もなぜか現物を見ると買ってくれる傾向にある。(私感ですが)
週末は朝から親子連れが多く、悩むことなく衣類を取って真っ直ぐレジへ。
これが3組もいたから尋ねてみたら「前回来店した際に目星を付けていた」そうな、欲しいけど買えない値段だから親を引っ張ってくるのだ。
内地の高校と違ってバイトに制限があるからこのご時世に本当にありがたい・・・











そしてまた続けて2020風の女子がやって来た。
自分の店どーしたのさ!と聞くと、
「えへへ、5時には閉めてきちゃいました〜」

12も年下のかわい子ちゃんなのだがなぜだかウマが合ってまた先日の取材の件で腹を抱えて笑う。
うちら同じ話でどんだけ笑うんw






そして翌日の月曜定休日にはお店で知り合ったお客様達とビーチで筋トレ&ラン走る人走る人走る人走る人







いつも思うんだけど、人との出会いってこの店ありきなんだよなぁ。
ほんと、あの時思い切って仕事を辞めてくれて自分グッジョブだよグッド!
















アフリカ布の発注しました、トータルで96ヤードです(また滝汗)






だって可愛いんだもの、選べない笑い泣き
実は家にまだ70ヤードとハギレ山ほどあるなんて言っていいの・・・?
これは1年分の仕入れだからいーのだ、もうしばらくサイト見ないチーン








96ヤードの中から少しだけご紹介しますビックリマーク














まだまだあるけどさわりだけ。






お部屋がアフリカ布でいっぱいになって、もはやそれに満足しつつある・・・滝汗
いやちゃんと縫います・・・














LINEお友達登録してくれたらお得な割引情報届きますちゅー流れ星流れ星

 

 
友だち追加

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ







去年旅から島へ越してきてこの店で知り合い今は友人で仲間になった女の子、言動が過激で面白い。
4日連続で来てくれて、彼女の歯に衣着せぬ言動に2人で腹抱えて笑う。



 


そんな彼女は最近人間断捨離をしている。
SNS、例えばインスタのアカウントはショップ用とプライベート用がある。
ショップ用は公に、プライベート用は気に入らない人を容赦なくブロックしているそうな。





インスタもTwitterもそれぞれ2つのアカウントを操作してるのすごい、私は不器用なめんどくさがり人間でアカウントをたくさん操作できない。
もしこの人と合わないなって思ってもブロックできないノミの心臓である。
クチコミで回る島だけにそれだけはできないのが理由だが、
彼女からしたら嫌いな人はどう思われようが否応なしに抹消する。










そんなある日、店の書き込みを一切していないTwitterの個人アカウントをブロックされました。











彼女はなんとうちのお客様真顔
私のTwitterは店の事をひとつもつぶやかないただの個人的つぶやきアカウントなので彼女に取っては不必要だと分かる。 私の生活に興味がないであろうから。
しかしフォロー外すだけじゃなくブロックまでするという事は「こっち見んな」って事だろう、
そもそも私は彼女をフォローしていなかったのだが。
ブロックまでしといてこれまた店には時々訪れるのだから心情が分からない。

 





そして私はあまりそこら辺もんもん抱えるタイプではないので、
「ブロックまでする必要ある?」
と、ド直球に彼女に聞いてみた。




 
すると「リアルとプライベートは分けたい」「島の人にプライベートは見られたくない」らしいのだ、
実生活では見たい訳でもないのに見えてしまうし聞こえてくる島の現実。
島の人を嫌いな旅の方だからそう思う事もあるのだろう。





彼女のフォロワーは1000人越えだがあまりにすごいので尋ねたところ誰ひとり会ったこともない旅んちゅばかりらしい、
彼女はその中でどこか自分をアイドル的に作り上げていた。
例えば「おはよう、今日も前向きに頑張ろう」とありきたりなつぶやきにも「おはよう、本土は雪だよ」的な返信がダダーっとあがり、
「Twitter疲れちゃった、やめようかな」と彼女が匂わせると、
「やめないでください」とファンからダダダダーーっとコメントが入るのだ。
同じような事を私がつぶやいたらどうなるであろう、「たかがTwitter、勝手にしろよ」と言われそうw
というか、私なら別れの言葉もなくバンとアカウント削除するだろうな。
こんな小さな島に住むからこそ、自分の事を知らない人達の中でこそ自分の存在価値を見出せるのもあるのだなぁと思った。
一度チラ見したが、実際Twitterの中の彼女は現実とは程遠くイキイキ輝いていた。
顔出しはしてないもののパーツパーツで「可愛い」と匂わせる雰囲気の写真を上手にアップしていた、例えば目だけとか耳からうなじにかけたラインとか。
実際の彼女とは程遠いのだが、知らん人から見たら「この子めっちゃ可愛いんじゃないか?」と想像をかき立てるw



いやむしろTwitterの世界が彼女に取っての現実で、今生きてるこの現実こそバーチャルなのかもしれない。
だからこそ「私のリアルに入ってこないで」と言っているのかもしれない。









私はそんな世界作る事は1ミリもないけど、もしあのキャラを作ったとしたら島の人に見られてると思ったら恥ずかしくて外に出れないw
(自分と他人を比べてはいけないけど)
あぁ、だから島人の私をブロックなのかぁ、理解真顔
となれば一応現実世界がこっち側ってのは分かっているようだ、
あちら側の世界でチヤホヤされないと現実世界で身が持たないのかもしれないなぁ。
なんせ現実は厳しいのだから。










一方、私は人間断捨離は下手くそ。
断捨離中のお二人さんは双方移住者であるからそこら辺の違いなのかな。
SNS整理に至っては、ひとりひとり「いる」「いらない」ピックアップして「いらない」は削除。
だとしたらひとりひとり精査してる暇がないのもあるけど、島の人がこれをやるとどうも角が立つのでできない。
コロナが1人出ただけであっという間に57人も陽性者が出るほどに人間同士の距離が近い島。
そんな小さな島で顔が見える距離でのSNS問題は難しい。
なので私はあまりフォローバックをしない←そっちのがひどいかな?w
Twitterも若干270人フォロワーがいるけどこちらからフォローしてるのは40人そこらである。
不用意に手を広げて肝心の友人のポストを見逃したくないから。









私もブロックされたからといって「私なんかしたかな」とかうじうじ考える人間ではないので、
風が通り過ぎたかのように何事もなかったかのように接する。
ここで立ち止まって「嫌われちゃった」ってめそめそしていても仕方がないのだ。






別の友人にSNSやってるか聞いてみた。



「人間関係で疲れてるのにSNSまで気を使ってられるか」


だそうですw








これこそが究極のSNS断捨離おねがい








一番奥のタイスキをご紹介。






水炊きのように好きな具材を少しの鶏ガラスープで煮込み、
普段なら味ぽんのところをタイスキソースで。







つけダレでもスープでも、意外と辛くない旨みの深いスープになります。







夜でも30度を越えるバンコクで食べたタイスキが恋しい。








 

LINEお友達登録してくれたらお得な割引情報届きますちゅー流れ星流れ星

 

 
友だち追加

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ












 






さとうきびの季節は皆様明るい時間は畑へ行かれるので暗くなる時間帯にお客様が増えがち。
なのでたまに残業します口笛
あんなに残業嫌いだったのに今大好きw







でも暗くなると自動的に着くこのソーラーライトの雰囲気が良く幸せな気持ちになるアップ






































クリスマスあたりから外をライトアップしてるんだけど、
いかにもクリスマスのイルミネーションだとクリスマスが終わると外さねばならない。
きのこやランタンだと季節性の物ではないからつけっぱなし。はいめんどくさいからー
ソーラーパネルだしLEDで経済的だし暗くなると自動点灯するところがつけ忘れがちな私にぴったり。







お店にはずらーっと本も並べてて時々お客様に貸し出したりもしてます、
今度はこんな本を入れてみましたちゅー








時間がある時に数ページずつ読んでるんだけど、
今日は同業者でもあるお客さんが来店してくれてこの本に飛びつき、
しばし読んでいたのだがその場でAmazonでポチっていた。
手元に置いておきたい本だと言っていた。








Kindleもいいけどこれからどうなるか分からない時代なので紙媒体の本がいいと思う。













レビューを見ても圧倒的に星⭐







彼女は昨年4月に島に移住し7月にお店をオープンしたばかり、
2020年風の時代に変革を起こしたこじらせ女子の会(仮名)のお友達、本当に行動に移した彼女は自信に満ち溢れてて格好いい。







あと今日は何かの取材を受けましたポーン
ワーケーションとか言ってたと思います、けどなんでうちに来たの?
コワーキングスペースがあるからかな、未だわからず。。。
なんとその取材を客でもある風の時代の女子に丸投げしてしまった私w









それから最近は週に一度は会わなきゃ気が済まない!
2020年風の時代に変革を起こしたこじらせうじゃんか(オヤジ臭い)女子の会へ参加してきました。
















初対面の時は同じ臭いがしすぎててお互い緊張してたけど、
やはり同じ臭いは同じ臭いだったw




こじらせ女子と仕事で(経費)で沖縄へ行けるのが楽しみだ、私は小売業なので仕入れてなんぼニヒヒ
今私めっちゃ幸せだよぉぉぉと声を大にして言いたい。
こんな事に気付けたのもどん底にいたからなんだろうな、
もうもはや「どん底に落としてくれてありがとう」の域まで来ましたデレデレ
毎日こんな笑ってていいんでしょうか、そのうち「あ、夢か」ってなりませんよう汗







最近前向きな方々とつるむ事が多くネガティブ思考の人達は淘汰されつつある。
自然と離れて行くといったらいいのか。
失った物や人達も多いけど、手放してみるとなんて事はなく、得た物の方が500倍ほどある。
手放したくない余りに一歩を踏み出さないでいたらこんな幸せな生活があるとは知らずに死んでいたな。



去年の今頃はずーっと愚痴や不安を零しながら忘年会や新年会をしていた、
12月はボーナスの時期で結構な額を貰っていた身分だったがその時だけは幸せでそれ以外は幸せではなかった。
与えられたお金内でのやり繰りをしていた訳だが、今お金を生み出している方が500倍楽しい。
もがき苦しんで得た100万円より、笑い転げて得た50万円の方がはるかに幸せだ。
言うて50万円も儲かってないですけどw











今年はiDeCoや小規模企業共済をしてみようと思っている。
でもこれからの時期保険ってどうかなーとか仲間と語りながら結局酒うめーなーってなるんだけど笑い泣き










あと挑戦するのがこちら。







声をかけてもらってファスティングモニターやる事に笑い泣き
それが、1日くらい平気だろーと安請け合いしたら何と3日間の断食ゲッソリ
プラス2日間は回復食・・・



2020年の会(略)が毎晩飲みに誘うと言っていたが心を鬼にしてビックリマーク
一生のうちの5日間だけだ笑い泣き








古代アステカ王国から伝わる製法の古代チョコレート入荷しましたラブラブ




風仲間と海苔チョコ試食してみました、めっちゃうまもぐもぐラブラブ







時間帯によってはお客さんが集中して密になりがちです、感染対策はきちんとしていますがお客様に協力を求める場合があります。






 
 

LINEお友達登録してくれたらお得な割引情報届きますちゅー流れ星流れ星

 

 
友だち追加

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



















長い事勤めた会社を3月いっぱいで辞めて2ヶ月後の6月にはお店をオープンさせた。
と、何度も書いてますが。






同時期に仕事を辞めたメンズに聞いてみたところ
「失業保険の受取日が10月くらいかな〜」ってビックリマーク
コロナで職を失った人が優先なのは仕方ない、私達は会社に嫌気がさしての自主退社なのだから。







だけど4月から10月までの7ヶ月分の生活費はどうなるのキラキラ!?
退職金でやれってか!?
退職金ない会社だとどうするんだ・・・
せめて貰えても7月くらいかと思ってた、そんな私は失業保険貰っていないのだが。





「失業保険でしばらく遊んでたらいいのにもったいない」
と100回くらい言われました〜〜ちゅー




役場の人にも心配されてハローワークも勧められたけど、
「私は平気ー、他の困ってる人に税金使ってあげてー」
と菩薩顔でお返事したんだけどw
そんな綺麗事言ってますけども、喉から手が出るほどお金欲しかったですよwww
受け取れるのが数ヶ月先となるとそれまでの期間どうやって生き延びろと言うのか。
その当時はまさか私が雑貨屋さんを開くとは誰も思っていなかったので、
それはそれはもう周りに心配されました。
某ホテルの支配人にならないかとの話も来ました真顔








中には簡単なアルバイトしながらちゃっかりと失業保険も貰ってる人もいるんだろうけど、
私はそういう事が性格上できなくて。



かといって失業保険しっかり貰い終わった後でお店を開いたらここまで軌道に乗っていたか分からない、
あるいはコロナクラスターもあったしでオープンすらしてないかもしれない。
はたまた某ホテルの支配人になっていたかもしれない、おそらく「コロナで客来ない」って今頃泣いてた事でしょう・・・。







タイミングとは難しいものである。






私は見えない何かに導かれるようにこの仕事を始めた訳なのだが。
周りからしたら「失業保険もったいない」と言われるけれども、
失業保険でのらりくらりと引きこもりしていたらこの店で出会った人達と出会わなかった事になる。
そちらの方がはるかにもったいない、出会いとはお金よりも財産なのだ。
お金に自分を振り回されてたらこうはならなかった。





また私自身も人様の税金で生活していくのは気が引けるので失業保険を貰うとは微塵も思わなかった。
(辞めて翌月に貰えるのであればまた別だがw)
あまりにももったいないと言われるので頭でシミュレーションしてみたが全く想像つかない。
必然かのように私のお店はスタートしたのであるニヤニヤ











子供用スカート作ってみましたラブラブ

















ちょっと気が早いけど世界の義理チョコ展始めるよ〜〜デレデレ音譜




LINEお友達登録してくれたらお得な割引情報届きますちゅー流れ星流れ星


友だち追加

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ























このアクセス数にビビりましたポーン



検索ワード 「風の時代」「掌蹠膿疱症」「難病」のようです。
もしかしてAmebaのトレンドに上がったのかなキョロキョロ




掌蹠膿疱症に関しては私はほぼ完治とはいえまだ痕が残っているので、
経過はまたおいおい書いていきます。




病院によっては医者が出す薬には精神安定剤的な物もあるそうなので、
私は医者に「そういうのはいらない」とハッキリ言いました。
精神安定剤を服用してまでストレスの沼で働くくらいなら、
ストレスの根源を断った方がましだと。








この島に生まれて育って良かったと思うところは分かち合える事かな、魚でも野菜でも。
家庭菜園をしているのであげられる物はあげて。
見返りを求める人はいなくて、だけどそれに甘えず、ある物は分け合う。
いつもこの島の悪口ばかり書いてるけどw
仕事を辞めてもどうにか生きていけるのはそれがあるから。




コロナになってから、都会を引き上げてこの島で暮らす人が本当に増えた。
これもまた「風の時代」と託けてしまうけど。
「本能」に左右されてるのかなぁと思う。











 
 
 

LINEお友達登録してくれたらお得な割引情報届きますちゅー流れ星流れ星

 

 
友だち追加

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ

 
 
 
 
 
 
 
地獄の棚卸を終えて、これに懲りて仕入れをやめようと思ったと書いたかもしれないがそんな事はなく。
むしろ在庫管理表をGoogleスプレッドシートで作成し、個数を入力したら自動計算で数字があがるように関数も設定してますますやる気があがってます。
(ってそんな当たり前の事で偉そうに言うなって話ですが)
 
 
 
 
(ほかの雑貨屋はどうこう言うつもりはないけど)まれに都会では在庫を置かないセレクトショップもあるそうな。
要するにお取り寄せ専門、できることならそうしたい。
お店はいつもスタイリッシュにすっきりとして、注文して届いたら必ず買うのだから在庫を抱える心配もない。
ゼロの多いハイブランドなら仕方ない笑い泣き
しかしお客様は再度お店に足を運んで頼んだものを引き取りに行かなくてはならない。
いわゆる二度手間。
再度のご来店の時に店内でまた何かを購入してくれるかもしれないメリットはあるけど、
実際に到着した現物を見るとサイズが合わないとか色が違うとかイレギュラーが発生した時はどうするのだろうか。

 
 
 
 
 
ほかの人はどうか分からないけど、私に限って言えば「そんなら玄関口まで配達してくれる通販でいいかな」と思う。
そしてまたこれも多様性なので「サイズなんかどうでもいい、店主がいい人だからそこから買うんだ」という場合もあり。
 
 
 
 
 
 
もしも島にお取り寄せセレクトショップがあったとしたら。
発注から到着までおよそ一週間かかります。
島の人は注文したものは思ったものと違ってもその場は文句も言わずに買います。
そしてよそで店に足を運んだこともない第三者に口コミします。
第三者は口コミをうのみにしますので、なかなか足を運びにくくなるという。
私はとびきりめんどくさがりの島の人間なので欲しい物が手元に入るのに時間がかかるとなると、
だいたい通販に移行します。
特にこのコロナ禍の時代、私の住む島はクラスターを2度も出してるので人はなかなか外に出てこない。
やっと家から出てきてうちへ足を運んでくれる人が「探してるものがない」というようにしたくない。


「探してるものはなかったけど似てるのがあったからこれでいいや」

せめてこれくらいのレベルにしたいw
なのでうちの場合は選べる自由をコンセプトにしたいと思ってます。
可能な限り「欲しい物がある」というやつです。
アジアの元気な雑貨屋がしょぼい品揃えではいけないと、見栄もありますw
うちの店に「あーなんか買わなきゃ出られない」ってストレスを抱えてる可哀そうなお客様が見受けられることもあります、
全然気にしないので遠慮なく出てもらって大丈夫ですよ~~~音譜
大きなモールに入ってるアジアン雑貨屋ってそういう立ち位置で、島の人なんか特に買うものないけどお香の香りに誘われてふらーっと入るじゃないですか。
そんで一通りアジアの雰囲気を感じて「欲しい」と思っても「荷物なるな」って思い直してふらーっと出ていく。
そんな感じで全然あり!!!
 
 
 
 
 
 
話を戻すとお取り寄せ専門のおしゃれなセレクトショップにしろ、うちにしろ。
そこらへんはもう会社や店主の営業方針でしかないので仕入れや在庫事情は自由(結果それw)
 
 
 
 
私がどこかショップへ行くとしたら。
スカスカの店へ行くよりも、ぎっちりたくさん揃っていて選べる自由が欲しい音譜
すっきりした見やすい店が好きな人もいるだろうけど、ごちゃごちゃしたお店ってのが私の方針です。
店主が違えば方針も違う、正しいか正しくないかは店主が決めるので。
 
 
 
 
 
 
 
そんな在庫マニアの私ですが、衣料品に関しては島では絶対人とかぶらないをポリシーにやってますので在庫多しと言えど一点物ばかりです。
(雑貨や食品は別でね)
あまりに個性的すぎて「すごく欲しい!けどこんな派手なの島で着れるかな」という声もチラホラありますが。
人が着てるものに対して第三者が「似合う」「似合わない」を決めつけてはいけないのです。
人の目を気にせず好きな物を着ていいと思います。
この島はとにかく「人からどう見られるか、どう思われるか」にフォーカスしがちなので、
できるだけ目立たない格好になりがちですが今はもうそんな時代ではないと思う。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑この「気をつけなくてはならない人種」にも書いた、
今年開業目標にしている某お食事屋のお姉ちゃんとまったり飲みながら語りました。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
やはり周りのヤジに参っていて2人で話し込みました。
彼女の資材購入と私の仕入れとで近々沖縄へ行く予定です、ここら辺が個人事業いいところニヤニヤ
まぁコロナなどの状況によるけども。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は第3者というワードをよく使いがちですが、他人は本当に関係ありません。
それは自分勝手に生きて他人を大事にしないという解釈ではなく、むしろ逆で他人を尊重しなくてはならないのです。
相手がしている事にどうこう言う必要などない、ましてや着ている服ごときで本人のアイデンティティまで傷つけちゃなんねえ。
他人を自分の立場に置き換えて物を考える必要なども全くない。
「私だったらあんな服買わないわ」なんて今の時代ナンセンスなのです。
 
 
 
 


 
逆説的ですが私の仕入れとはそこなんです真顔
「いやー、私だったら絶対島で着れないわー」って思った物をあえて入れるんです真顔ビックリマークビックリマーク

 
 

それはガラが派手だとかではなく、男勝りの私が絶対に着れないワンピやスカートなど。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 そしてその方がなぜか売れるのです音譜
 
 
 
 

 
 

年齢なんて関係ない、ファッションに年齢制限なんてない。人がどう言おうが関係ない。
うちに来てくれるお客様は女性メインで、それもひときわ芯の強い女性が多い。
自粛ばかりで外に着ていく服なんかどうでもいいって思ってたらもったいない。
一都三県は緊急事態宣言が発令され、島も関係ないとは言ってられない。
もはやファッション雑貨などは嗜好品の部類。
そこで生き抜くにはどうしたらいいか、いつだって模索中です真顔
でも嗜好品は中毒性がある、お客様に中毒性をもたらす物とはなんだろう。
考えて考えて物質ではなく体験型の価値を付けるのが2021年の私の課題。
色々な事業主とのコラボも企画中。
自粛で籠るお客様が、それでも来てくれるような価値をつけた物。
買って終わりではなくプラスアルファの何かを思案中。







この逆境の中でも無事に6月に1周年を迎えられますよう、今年の目標。
 
 
 
 
 
 
 
 ↑ 在庫あと60個あります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LINEお友達登録してくれたらお得な割引情報届きますちゅー流れ星流れ星

 

 
友だち追加

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 














開業費用60000円とざっくり書いたのですが。
申告前に確認したところ驚きの修繕費が出ましたポーン























48473円笑い泣き





什器込み・・・。










その代わりに仕入れにお金をかけてますビックリマーク
できるだけ選べる楽しさを!!










 
 
 
 
 
 

LINEお友達登録してくれたらお得な割引情報届きますちゅー流れ星流れ星

 

 
友だち追加

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ