お疲れ様でした!

無事に!? JP250 鈴鹿4時間耐久レースが終わりました。


実は今回の4時間耐久、参戦決意するまでに色々とありました。

当初は今シーズンを CBR250RR でドリームカップに参戦する伊東選手が参戦する方向で、シーズン当初から計画していました。


ですが、伊東選手が4月末に今シーズン2度目の鎖骨骨折となり、出場を断念。 今年の4時間耐久は見送る流れに、、、


しかし、現在、CBR250R でドリームカップを頑張ってるライダーが2名いる事に…

よし!マシンスペック的には他車に劣りますが…

出てみる??(笑)


そして彼らは単気筒250ccで4時間しっかりと経験を積むためにも出場を決意しました(^O^)


今思えば、僕自身もとても良い経験を出来たと逆に彼らに感謝しています。

今まで、走る立場がほとんどだった僕が、裏方として支える事の大変さ。正直、今まで支えてくれたスタッフに本当に、改めてありがとうございましたと伝えたいです。

それくらい、ライダー以上にスタッフは大変なのです。もちろん慣れてない事は大きいかも知れません。それでも、今回で新たに勉強にもなりましたし、違う角度でもレースはやり甲斐ってあるんだとも気がつきました。

ただ、結論。

もう少しだけライダーでいさせて下さい(笑)


ということで、前置きが長くなりましたが、大波乱の4時間耐久決勝レポートいってみたいと思います(≧∇≦)/




本日は5時起き(笑)

とにかく早いのがウリの鈴鹿の朝。

スタート前チェックからです♪


決勝で使用出来るドライタイヤは1セットのみ。レインタイヤに本数制限はありません。

スタート前チェックで、決勝使用ドライタイヤにマーキングしてもらい、チェック完了♪


これを受けないとグリッドにマシンを並べる事は出来ません(^O^)


そして迎えた決勝。

天気予報、雨雲レーダーなどと睨めっこから(笑)

雨雲レーダーによると、鈴鹿サーキット上空をかすめる予報が濃厚…



今は雨は大丈夫でも、4時間の間に降り出す可能性は非常に高い。

途中でタイヤ交換は覚悟で、スタートの時をピット前で待ちます。


そしてスタート整列♪

これぞ耐久レースの醍醐味の1つ。

スプリントレースと違い、耐久はルマン式スタート方式で、スタートと同時にライダーがマシンに向かって走っていって乗るヤツです(*Ü*)


これがまた一体感を産んで、いよいよ4時間ぶっ通しのレースをみんなで頑張るぞー!ってなるんです(^O^)


偶然にも隣には、高校の同級生の谷選手のチームが♪

当時、ミニバイクでは勝てる気がしなかった谷選手♪ なので、僕はミニバイクには乗りませんでした(笑)

チームは違えど頑張ってね!



そして、ここで僕は大きなミスを犯してしまいます。

ライダーには申し訳ない事をしでかしてしまい…

スターティンググリッドから離れ、ピットスタートとなりました。

自分の未熟さが表に出てしまい、ルマン式スタートをさせてやれなかった事。本当に悔やみます。


そして無事にスタートとなりました。

予選は46台中、45番手スタートのブービースタートから最後尾スタート(TT)

第1ライダーは川端選手♪



序盤はしっかりと落ち着いたライディングで、トラブルもなく自分のスティントをこなしてくれました。

順位を少し上げて、川端選手にバトンタッチ♪♪


途中、他車の転倒でセーフティーカーがコースに入るなど波乱の1時間経過。それでも着々とタイムを詰め、順位も徐々にアップ♪

この頃から雲行きが怪しくなり、風は冷たくなり…ついに雨が降り出しました。

オフィシャルからレッドクロスの表示も。

しかし、益岡選手のペースは下がることなく、さらにペースアップ。 情報によると、西コース区間はまだ雨は降ってなく、東コース区間のみ降り始めている状況でした。

ここでピットインのタイミングを図る大切な仕事が僕に…。 


順位も38番手、時に33番手まで♪

そして雨足が強くなりつつあるタイミングで、ライダーにピットインサインを出しました。

そして同時に2度目のセーフティーカーが…まさにタイミングはBEST。

同ピットのYTRさんもピットイン♪


流石のタイミングです。

そして僕達もタイヤ交換の準備万端で川端選手の帰りを待ちます。




ところが…待てど帰ってこない。

まさか…


雨足がどんどん強くなる中、スタッフ一同帰りをじっと待ちます。 

どうやら転倒している… …

これで終了かと思えるくらい待ちました。 

しかし、再スタートはしたとの情報キャッチ! その瞬間ピットは大忙し!

スペアマシンから交換が必要とされるであろうパーツを取り外す作業開始! 右側に転倒したという事で、ハンドル周り、ステップ、カウリングなどを取り外して準備。

そこに益岡選手がピットロードに!


スクリーンは粉々、ハンドル、フロント周りもかなり曲がっていました…

ステップも…

すぐさまピットinして修復作業開始!



カウリングは割れ欠けはあるものの、奇跡的にそのまま使用出来そうでしたが、ハンドル&フロント周りのダメージが大。



傍からは耐久レースやってるねー!なんて声をかけて頂きますが、愛想笑いすら出来るわけがない(=_=)


一丸となり、マシンを一刻も早くコースに戻すために作業に集中です!


同時に前後タイヤもドライタイヤからレインタイヤに交換。


ステップは右側ASSYで交換。



かなりのタイムロスでしたが、無事に川端選手をコースに送り出す事が出来ました。



僕達スタッフはやれやれ…というやり切った感たっぷりでしすが、ライダーは遅れを取り戻そうとスクリーンもないマシンでラップを刻みます。



転倒してしまった事の悔しさを隠せない益岡選手でしたが、一生懸命やったなら仕方ないのです。

その後、川端選手がしっかりとバトンを繋いでくれ、最後のライダー交代突入!



あとはゴール目指して走りきる益岡選手!

転倒時に打撲した足をかばいながらも、ゴールに向けて走るのみ!


そしてPM12時30分 チェッカー。

4時間耐久レースが終わりました。



最後まで二人とも良く頑張りました!

色々と思う事、悔しい事、あると思います。

それはライダーもメカニックも応援して下さる方々もみんな同じ。

一生懸命やるからこそ悔しいんです。

結果や順位が悔しいのでは無く、あの時こうしとけば…と振り返り、各々がそれぞれ悔しいんですよね。


今回の企画はトップを狙える訳でもない、みんな未熟な集団で4時間を一生懸命やる!
ただそれだけの事。

目標は経験値を増やす!(笑)

結果は41位完走。

本当にお疲れ様でした。

今回の参戦で得た経験値、悔しさを糧に次また頑張りましょうね(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑


今回、たくさんの方に支えられ、大きな怪我もなく TEAM SAMURAI 一同、完走する事が出来ました!

この場を借りて、本当にありがとうございました!

次回は7月 鈴鹿サンデーロードレース ドリームカップに3台参戦予定です。

引き続き、よろしくお願いします!!



Special Thanks. 

NUTEC様
Baby Face様
EK CHAIN様
KABUTO様
yossy19様

中谷選手
岡田選手
元気君
しのみや君
佐藤君
りょうま君
やすひろ君
ホニャララちゃん
TEAM SAMURAI メンバー一同

support by SAMURAI FACTORY

最後に…

photo by 清水さん!いつもありがとうございます!