昨日、ランチした友達、入社1年目からの付き合いなので、かれこれ35年の付き合いとなりますニコニコ

 

苦しい時も楽しい時も、お互いにすべてをさらけだして付き合ってきました。親友と言えると思います。

 

昨日、話していて私の義母の話題になりました。義母は60代後半で認知症になり、それまで友達付き合いも多かったのですが、一切付き合いがなくなりました。

 

認知症が発症したあと、ある時、1人の友達から電話があって、友達みんなで集まっているから義母にも参加しないかと誘いがありました。義母は一人で出かけていきました(まだその頃は、それほど認知症がひどくなかった)

 

義父が心配して、義母の後をそっとつけていきました。義母は友達の集まっているところにはたどりつけず、その辺を一周して家に帰ってきてしまいました。

 

そうなんです。認知症になると友達付き合いができなくなるのです。義母はとても社交的な人だったのに。

 

そのことを思い出して、昨日ランチした友達に「認知症になると、友達付き合いできなくなるんだよね。あと何年友達でいられるだろうね」と言いました。

 

友達は「まだ、そんな先のこと考えなくていいじゃない。認知症になったらなったその時だよ」と。友達は私より楽天的です。

 

身近に義母のような人がいると、いろいろ考えてしまいます。

認知症はすべてのことを奪います。

 

この友達とは死ぬまで付き合っていきたいなあニコ