our wedding & life by minnie

  • 24Aug
  • 31Jul
  • 19Jul
  • 30Jun
  • 22Jun
  • 02Jun
    • FTレポ&今後の方針

      もう4ヶ月も前のことですが、リプロでのFT当日の流れを記録のために。***●12:30 受付 受付の方が、リカバリールームに案内してくださいました。 カーテンで仕切られた簡易個室みたいな小部屋が5-6部屋くらいあったと思います。 お部屋の中は、ベッドと鍵付きのチェストのみ。 術衣に着替えて待つ(靴下は履いていて良いと言われました!寒かったから良かった)。●13:30頃 Nsさんが来てくれて、点滴のためのルート確保。 たぶん、同じ時間枠で採卵の方もいらっしゃるようで、ベッドはほぼ全部埋まっていたようです。 時間が空いていたので、休日で家にいた夫とLINEしながら待っていました。 (BGMでライオンキング流れてるよー!とかたわいもないこと笑)●14:20頃 Nsさんが呼びに来てくれて、独歩でオペ室へ。 オペをしてくれるDr.1名、オペ室のNsさん1-2名でした。 ベッドに横になって、本人確認のために氏名と生年月日を伝える。 「麻酔入れるので目を瞑って深呼吸してくださいねー」とNsさんに声をかけられ、「本当に効くのかなぁ?」と思ったらもう寝てました 笑●14:45頃 Nsさんの声で目を覚ますと、既にリカバリールームのベッドの上! しかもスッキリ覚醒できたみたいで、ぼんやり感一切なかったです。「あぁ〜良く寝た〜〜!」という心境 笑 お腹は生理痛のようなズーーーンと重い感じだったので、痛み止めの座薬を入れてもらうことに。 念のため、血圧測定し問題ないことを確認してから、入れてくださいました。 湯たんぽも用意してくれて、痛み止めが効くまでの15分くらいお腹に乗っけて待ちました。 痛み止めが効いたらとても楽になりました! これ以降、痛みは全くなく、薬追加せずにOKでした◎●15:30頃 リカバリールームで用意してくださった、噂のカントリーマアムとドリンク(選べました!私は糖分補給のためにミルクティー)をいただく。 朝7時以降は絶食で、水やお茶等もお昼までと制限されていたので、もうお腹ぺこぺこで・・・沁みました〜 着替えて待合へ。 すぐに内診(止血用のガーゼを抜く)→診察(「無事に終わりましたよ〜」と。どこがどうなってて、FTしてどうなった、みたいな詳しい話はなかった・・・Dr.によるのかな?)。●16:00過ぎ 会計徒歩+電車で帰宅。私の場合は体調悪くなったりもなく、至って普通どおりでした。この日は夫が夜飲み会で食事を作らなくて良かったので、自分の分だけ買って帰ったか冷蔵庫の残り物で簡単に済ませた記憶。***手術自体 寝ている間にあっという間に終わり、痛みを感じたのも術後目覚めてから座薬が効くまでの15分くらい。卵管造影が痛すぎたので、それと比べると(比べることもできないくらい)超あっさり終了でした。(麻酔からの目覚めは個人差あるようです。時間のかかる方や、最初ぼんやりしている方もいらっしゃるみたい)*FT後は半年がゴールデン期間と言われていますが、私の年齢を考えると、5周期を目処に、と言われました。そして、今月からその最後の5周期目がスタートです。3、4周期目は通院お休みしていました(1、2周期で積もり積もった通院ストレスのため←また書きたいです。本当にイライラモヤモヤしっぱなしだった・・・)。5周期目は通院再開します。結局、人工授精は今のところ1回も出来ていませんが、今周期トライ出来ても出来なくても、来周期からは体外受精に進むつもりです。今月の説明会を予約済みで、夫婦で参加予定です。今は、さっさと体外受精に進みたい気持ち。何か新しいことが分かるのでは、と前向きなステップアップ。もともと、どんどん先に進みたい、最短で妊娠・出産を目指したいからこそ、最初の最初から選んだリプロ。まずは今周期うまくいったら嬉しいけれど、あまり気負わずにストレスフリーで日々穏やかに過ごせるようにしたいと思います

  • 02May
    • FTの費用まとめ

      平成のうちに更新したい!と思っていたら、令和になってしまいました。「令和(れいわ)」の漢字も音の響きも、好きです穏やかで平和な時代になりますように。*約2ヶ月ぶりの更新。仕事→ヘトヘトで帰宅、ご飯、お風呂→寝る→仕事 ・・・のループでした。ブログはPCで書く派なので、家で机に向かう時間が減るとそのままブログの更新率に反映されます 笑あ、まだ妊娠していません 笑 念のため。前回書くと言っていたので、FTの費用まとめます。***★【費用(3割負担)】FT(卵管鏡下卵管形成術)両側の費用:約28万円▽【高額療養費制度】FTは高額療養費制度の対象になる手術です。・加入している公的医療保険(健康保険組合、国民健康保険等)で、個人で手続きが必要。・個人の所得に応じて自己負担額の上限が決められていて、上限を超えた分の自己負担が軽減されます。手術が決まったら、早めに「限度額適用認定証」を入手することをオススメします。私はギリギリ間に合わなくて、一旦窓口で全額支払って、後日上限を超えた分の支給をしてもらいました。申請から支給まで2-3ヶ月と言われていて、実際 私は2ヶ月半くらいかかりました。▽【加入している公的医療保険独自の給付金】これは国の制度ではなくて、私が加入している公的医療保険独自の制度だったのですが、高額療養費制度に加えて一部負担還元金が支給されました。(高額療養費制度と同じで)標準報酬月額により自己負担限度額が決められていました。設けていない医療保険もあると思いますが、調べてみる価値はあると思います。私の場合はこれでかなり負担が減ったので、とてもありがたい制度でした。▽【民間医療保険の手術給付金】手術給付金対象の手術だったので、これも申請できました。手術が決まったら、事前に保険会社に連絡して必要な申請書類を送ってもらいました。医師に記載してもらわないといけない保険会社・手術もあると思いますが、私の場合は本人手書き+診療費明細書添付でOKとのことだったので楽でした。-------上記全てで、最終的に自己負担ゼロになったばかりか、プラス1-2万円になりました。FT後3周期終えましたがまだ妊娠していないし、効果についてはまだどうともコメントできないですが、費用面では負担が少なかったし、手術自体も寝てる間に10分?20分程度でサラリと終わり、麻酔の影響や術後の痛みもほぼ無くて。そういう面ではやって良かったなと思っています。手術当日のことは、また早めに記録しておこうと思います。FT後の妊活記録も。GW後半突入ですね。私は、リセットの体調不良(ひたすら眠い、体が重い)で寝る+必要最低限の家事しかしない前半でした 笑体調もやっと上向きになってきたので、後半は活動的に過ごしたいと思います

  • 23Feb
    • FT後、2周期目

      1月に無事にFT(卵管鏡下卵管形成術)を終えました!また、当日の細かいことはレポしようかな。私も術前はGoogle検索やigで色々検索していたので(手術自体より、静脈麻酔が初めてで心配だった)、どなたかの参考になればと思っています。お金のこともまとめるつもり。先に書くと、高額療養費制度+健康保険組合独自の給付金+民間保険の手術給付金により、私は自己負担ゼロでした。*FTを終えて、すぐに妊活再開しました。前回、人工授精どうするか?と書いていましたが、別の先生に相談して納得できたので、この半年の間に都合が合えば人工授精も取り入れる予定です。FT後 1周期目は先生に言われた日は都合が合わなかったのでタイミング法で。でも、先生の計算間違いだったと思うのだけど、私の予想排卵日だったら夫も休みで人工授精できていたと思う。実際の排卵したであろう日も、私が予想した日付近でした。先生も間違うから、疑問に思ったら納得できるまでその場で質問しようと強く思いました・・・。いつも混雑してるし、体外の患者さんがメインのクリニックなので、なんだか気後れしていたのですが(タイミングごときで来てすみません・・・みたいな)、そもそもお金払って診察してもらってるので、都度聞きたいことは聞いて納得して進もうと思います。仕事で疲れて夫の帰宅を待てずに寝てしまったりして、私的にタイミングがパーフェクトに取れなかったので、「ダメかな〜」と思っていたのですが、高温期9日目くらいに鍼灸院に行ったら、脈診してくれた院長先生が、脈を診るなり「もしかしたら妊娠してるかもね!」と言ってくださり、少し期待してしまいました 笑結果は、2日遅れくらいでリセット。着床しようと頑張ってくれていたのかなと前向きに捉えております♡*そして、ただいまFT後2周期目。今周期は初めて経口の排卵誘発剤を使うことになりました!私にとっては初めての治療らしい治療です。レトロゾール(商品名:フェマーラ)をD3、D4の2日間だけ1Tずつ服用。自力で毎回排卵するし、ホルモンの数値も問題はないのですが、AMH高め+排卵まで時間がかかりがち(大体D20前後で排卵)のため、薬を使ってみることになりました。きちんと排卵できる人も、誘発剤を使うと妊娠率がアップするようです。また、排卵誘発、というと多胎妊娠を想像しますが、レトロゾールはクロミッドよりも多胎妊娠のリスクは低い薬剤だそう。2日間だけ、というのもあると思いますが、「副作用も無いと思って良い」と説明を受けました。帰宅してから自分でも添付文書検索して読みましたが、私は特に気になるものはなかったです。何しろ初めてなので私にどれくらい効果を発揮してくれるのか?手探りですが、次回のD10の内診が楽しみでもあったり。良いペースで育ってくれてたら嬉しいなぁ。理系人間としては妊活も実験・検証・考察の日々で、今のところなんだかんだ楽しめてますFT後のゴールデン期間なので、この半年の間に赤ちゃん来てくれたら嬉しいな。流産経験したからか、夫もとても協力的でありがたいです。

  • 19Jan
    • 2019、FTを受けます。

      あっという間に年が明けて、1月も残り10日ほど・・・!久しぶりのブログになってしまいました。今年もよろしくお願いいたします。***ブログを書いていない間に、流産後2回目・3回目の生理が来ました。2回目生理が来てD3に受診 →hCG採血で1.5 mIU/ml!この時、流産から76日目だったかな。「まだhCGが残ってるの??!!」と驚きと落胆が半端なかったです 苦笑そして、今回3回目の生理が来てD3に受診。やっと血中hCGが0.0 mIU/mlになりました。流産から3ヶ月半、ようやくスタートラインに立てます。*こんなにもhCGゼロを待ち望んでいた理由。妊活再スタートはもちろんなのですが、その前にFT(卵管鏡下卵管形成術)を受けたかったからです。リプロでは、陰性化してから初めて次に進むという方針なので(少なくともhCGは1未満であってほしいとのこと)、その点でも前回hCGが残っていた時には結構衝撃でした。年内にFT!!と覚悟とやる気満々の状態だったので 笑来週FTを受けて、タイミング法を再開します。そして、お休み期間に色々考えて、夫とも話し合って、通院当初は人工授精からと思っていたけれど、少し気持ちが変わってきました。・前回 卵管造影直後にタイミングで妊娠できたこと・フーナーテストや精液検査に問題がないこと等々から、「果たして私達にとってタイミング法より人工授精が有益なのか???」と疑問が湧きました。前回先生に聞いて見たら「人工授精、意味がないってことはないと思いますよ〜」と言われたけど、その根拠は先生から言ってくれず。ちょっとモヤモヤ・・・。今度別の先生にも見解を聞いてみようと思っていますが、今は、”FT後タイミング半年ほど、その後は人工授精はスキップして体外受精”と考えています。それか、半年後に再度卵管造影して、タイミング継続かな〜。***初詣のおみくじ、私も夫も「大吉」でした久しぶりに大吉引いた気がします♡書いてあることも二人とも良くて、結ばずに持ち帰りました。「待ち人」の欄は一言「来ます」と。今年は無事に授かり、元気に出産したいな。まずは前向きで健康第一。夫婦仲良く過ごしたいと思います

  • 21Nov
    • 流産後、1回目のリセット

      まだまだ暖かいな〜と思っていたら急に冷え込み、私の冷えも加速しました。。。10日おきに通っている鍼灸院で検査。下半身の冷えがこれまでで最悪に・・・!(数値化されるのでとても分かりやすいです)迷っていたけど、先生と夫の強いすすめにより電気毛布を購入しました。届くまでは、布団乾燥機+湯たんぽで乗り切ります。***40日周期で流産後、初のリセット。基礎体温を見ると、流産→翌日からずっと低温期(当日は測定できなかった)→リセット、だったので、無排卵月経のよう。Day5にクリニック受診し、hcg 12.1。hcgがゼロにならないと妊活は再開できないので、次の生理が来たら再度hcgを測定して確認します。*そして、この日は今後のことを相談してきました。卵管造影をしたのが8月で、直後の周期で妊娠。たぶん、妊活再開は早くても年末年始。ゴールデン期間と言われる半年が目前なのと、それ以降は気持ちが焦ってしまいそうなので、2回目のリセットが来たら、FT手術(卵管鏡下卵管形成術)のスケジュールを組むことにしました。(以前コメントで通水検査のおすすめも頂いたのですが、リプロは通水はやっていないみたい)Day10に手術をして、その周期からトライできるみたいなので、お休み期間がないのも決め手。今回タイミングで妊娠出来たので、もうしばらくタイミングだけでも良いのかなぁとも思っていますが、年齢もあるし、次の受診の時に私達の場合 人工授精のメリットがどれくらいあるのか?を先生に相談してみようかと。メリットがあるのであれば、夫と私の都合がつきそうな時だけタイミングにプラスしてやってみようかな、と考えています。(ちょっと人工授精やってみたい、というのもある)***まだまだ妊活お休み期間は続きます今は、とにかく冷えや貧血改善も含めて、心身を整えることに注力!今月は紅葉、来月は旅行。こちらも楽しみです。

  • 21Oct
    • 流産2w後のフォローアップ診察

      あっという間のような、長かったような…2週間ぶりにリプロへ行ってきました。*流産後3日目までは生理3-4日目程度の赤い出血がありましたが、それ以降はピタリと止まりました。腹痛もなし。そして数日前から、・生理前のような子宮の中のモヤモヤ感・腰がだるくて重い・イライラ・疲れやすい、頭痛があり、もしかしてそろそろ生理?と思っていたのですが、まだみたい。笑ただのホルモンバランスの乱れかしら…。内診では「子宮の戻り良いね◎」と言ってもらえました。自然排出された組織の病理検査結果も問題なし。診察担当の先生。完全流産なのに流産手術した体で話され、さらに、まだ2wしか経っていない+当日のエコー写真も目の前で見ていたのに「生理きた?」と聞かれ、(前回のカルテちゃんと見ました?)とモヤっとしてしまった…。普段なら何ともないのに。ちゃんと目を見て話してくれる良い先生なのに。イライラしてるなぁ私。卵胞がたくさん見えたので、これから排卵して生理かなぁ。まだ3週間くらいはかかりそうな気がするので、今のうちに妊娠したら出来なさそうな他科の治療など、考えたいと思います。次は、生理が来たら受診。hcg採血して数値OKだったら、妊活再スタート予定です。(hcgが下がりきらないままだと、妊娠率が下がるそうです)*この日は、リフレッシュしたい!凝りでバキバキの身体を整えたい!と思い、クリニック後に美容鍼+全身鍼灸+顔のカッサ&コルギに行ってきました。たまたま行ったところが、妊娠治療としての鍼灸もされていて。通われている方の大半はそちらが目的だそうです。妊娠治療としては全然考えていなかったけれど…今年に入ってから 夫が私の頭や足裏のマッサージをゴリゴリ(←私の過剰な反応が面白いらしく… 笑)してくれるのですが、眼精疲労からの頭痛がスッキリしたり、末端冷え性な足先がポカポカしたり。今まさに「ツボって侮れないんじゃない?」と興味を持っていたところ。あまり棍を詰めたくはないので、通うならリフレッシュ目的メインにしたいなぁと思うけれど、ちょっと色々調べてみています。身体はだいぶ戻ってきた感じはあるものの、まだ完全ではないので、癒されながら整えられたら。

  • 16Oct
    • 中山寺へ。

      流産から1週間。抵抗力低下を引きずっているみたいで、膀胱炎に風邪、と次から次へと体調不良が続く…週末は風邪をひいている中、夫と人間ドックへ行ってきました。(一人だと健診ですらサボろうとする夫…数年前から強制的に一緒に行くようにしている 笑)今年で3?4?回目の胃カメラ。先生の手技次第ということがよく分かった回でした 笑辛すぎた……*人間ドックの後は、初めての宝塚へ。阪急宝塚駅も初めて降りたけど、さすが宝塚歌劇の街だなぁという感じで、照明やら窓の形とか上品レトロでとても雰囲気がありました。お腹ぺこぺこで、JR中山寺近くの洋食屋さんにてランチ。地元の家族連れで賑わっていました。少しお高めかなぁ。洋食は、梅田三番街のロンが好きです♡*宝塚へ来た目的は、中山寺。夫が提案してくれて、水子供養へ行ってきました。関西で安産祈願といえば!の有名なお寺ですね。いつか行く日を楽しみにしていました。水子供養をしているお寺は他にもありますが、また赤ちゃんが来てくれたら安産祈願や御礼参りで来る場所だろうから、こちらに。その一回しか行かないのは寂しいなぁと思って。*この日もお宮参りやお礼参りの赤ちゃん連れで賑わっていて、夫から「辛くなったりしない?大丈夫?」と聞かれましたが、私、大丈夫なんです。「いいなぁ♡」「うらやましいなぁ♡」という気持ちだけで、嫌な気持ちには全くならなかったです。むしろ、まだほやほやの赤ちゃんを抱っこして、とろけそうな表情の祖父母さんにニヤニヤしてしまいました(*^^*)笑なんとも微笑ましい光景でした。*阿弥陀堂でお坊さんに供養してもらい、水かけ地蔵で塔婆供養。次に来るときは、安産祈願も出来ますように。

  • 12Oct
    • 東大寺歌舞伎

      9月の連休に、歌舞伎を見に奈良へ行ってきました。大阪から快速で50分。梅田でランチしてのんびり出発しました。途中、のどかな車窓にポカポカ陽気で車内でお昼寝も…公演後は帰れなくはなさそうだけど、深夜になりそうだったので、駅近のホテルを予約しました。駅直結の温泉付きホテルでしたが、良い選択でした。ビジネスホテルなんだけど、随所にリラックス出来るような工夫がたくさんあって、のんびり。ホテルで少しゆっくりしてから、巡回バスで出発。JR奈良駅から10分くらいで東大寺大仏殿へ。鹿って、奈良公園にしかいないと思ってたのですが…東大寺にもいっぱいいる!1頭目は「おぉ〜!」とテンション上がりましたが、距離が近いし、糞はたくさん落ちてるし、匂いもそれなりで 笑夫婦ふたり、少し気持ちが落ちました 笑夜の東大寺は壮大でとても幻想的で、素晴らしかったです。これだけでも見に来た甲斐があったなぁと思いました。会場の大仏殿前は広い芝生に椅子が並べてあるだけなのですが、月明かり、芝生のふかふか感と澄んだ空気と芝の香り、虫の声…気持ち良い気候で心地良かった。癒し効果抜群。*藤娘に、連獅子。有名な演目を鑑賞できました。初めての歌舞伎は中村屋を見てみたいなと思っていたので、東大寺という特別な舞台で見ることができて満足。初心者は解説イヤホンをレンタルして正解でした。次は歌舞伎座で見てみたいなぁ。

  • 10Oct
    • 流産の記録:妊娠の経過まとめ

      *流産にまつわる記録です。気持ちを整理して、今回のことを受け止めて前に進むために、書いています。不安を与えてしまうかもしれないので、流産の話が苦手な方や、妊婦さんで読まれたくない方は戻るボタンを押してください。***自分の記録として経時的に振り返りたいので、妊娠の経過をまとめてみます。●8/25(おそらく)排卵日●8/26 高温期1日目●9/6 3w5d・初めての早期妊娠検査薬(生理予定日から使えるもの) 薄ーく薄ーく陽性→この日から毎日検査薬で試して、濃くなるか確認していた・下腹部〜左足の付け根突っ張る感じ、腰がだるい●9/9 4w1d・AM:赤い出血少量あり、腹痛なし・夕方にかけて時々茶色出血→鮮血は一回きりでごく少量だったので、後々 着床出血かなと思った(ただ、それだと着床まで平均より時間がかかったのかな〜という感じ)●9/10 4w2d・茶色のおりもの、腹痛なし・突っ張る感じは無し・夕食後、胃痛・寝つきが悪い●9/11 4w3d・茶色い出血少量・お腹がゆるい・夜イライラ・胃がぐるぐる気持ち悪くて寝付けない●9/12〜14 4w4d〜6d・倦怠感・疲れやすい・眠気・頻尿・ほてり・イライラ・お腹は便秘になったり緩くなったり・胸の張りも出たり治ったり・子宮左側のつっぱり感●9/15 5w0d・朝方、トイレが近くて目が覚めるように。・お腹ゆるい、頻尿、眠気、疲れやすい、お腹にガスが溜まりやすい・風邪を引く・イライラ●9/16 5w1d(初診)Day40(高温期22日目):クリニック受診・胎嚢確認 3.2 mm●9/18 5w2d・お腹ゆるい、疲れやすい、下腹部チクチク感、寒気、眠気・胸の張りまた和らぐ●9/20 5w5d・吐き気が出現し始める・倦怠感、眠気、胸の張り・茶色のおりもの →久しぶりに出て、不安になる・乗り物酔い・下腹部痛と張る感じ・眠りが浅く、朝方何度も目が覚める。寝汗。●9/21〜22 5w6d〜6w0d・吐き気、倦怠感、強烈な眠気(日中もひたすら眠い)・また風邪をひく・お腹が減るとムカムカする気がする、お腹が減るのが早い・寝汗・6w0d ドゥテストでようやく判定線>>終了線の逆転現象を見る→前日の茶おりで不安だったので少しホッとする。●9/23 6w1d(受診)Day47(高温期29日目):クリニック受診②・胎嚢の成長確認 10.8 mm、卵黄嚢確認●9/24 6w2d・とにかく眠い(朝寝、昼寝と、とにかく寝る)・茶色い出血少量●9/25 6w3d・吐き気増強(特に起床時〜午前中)・赤っぽい茶色出血あり。生理1日目くらいの量。→この日から出血の様子がそれまでと変わりました。生理のような感じ。この出血がこの後ひたすら続くことに・・・。・下腹部つっぱり、チクチク感●9/26 6w4d・吐き気、めまい(立ちくらみ?貧血?)、寒気・夕方:赤よりの黒っぽい出血がドバッと出る。生理3日目くらいの量で血の塊あり●9/27 6w5d(受診)Day51(高温期33日目):クリニック受診③・胎嚢の成長確認 12.9 mm、卵黄嚢少しくっきり。胎芽は見えず。・出血点見当たらず・つわり増強(乗り物酔い、吐き気、貧血)・腰痛・赤い月経様出血続く●9/28〜10/2 6w6d〜7w3d/ 7w1d(受診)Day54(高温期36日目):クリニック受診④・胎嚢の成長確認 14.9 mm、胎芽見える(心拍は微妙)→内診担当の先生からは「ぼんやり赤ちゃんが見える気がするし、ゆっくり点滅してる気がするけどなぁ・・・また1w後に見てみよう!」と言われました。たぶん、"ゆっくり点滅"なので赤ちゃんに元気がなさそう・・・とぼやかしてくださったんだろうなぁと今なら思います。翌週にこの日のエコー写真を見た別の先生は、見るなり「ここに赤ちゃん見えてるね」と言ってくださいました。・吐き気、めまい、倦怠感、眠気・赤い月経様出血続く(生理3日目くらいの量)●10/3 7w4d・骨盤(特に左)が痛み出す。横になるのも一苦労。→これも何かの準備だったのかな・・・・吐き気少し軽くなったような・・・・倦怠感、眠気・赤い月経様出血続く(生理3日目くらいの量)●10/4 7w5d・軽めの吐き気、眠気、倦怠感・朝:軽い日用ナプキンいっぱいに出血あり。その後、出血おさまる。・朝方、「とてもとても可愛い女の子を、驚くほどの超安産で出産する」という夢を見る→スピリチュアルなこととかあまり信じないタイプだし、夢もほとんど見ないほど毎日熟睡するタイプなのですが・・・ある意味、予知夢だったのかもしれません。妊娠期間のほとんど出血していたけれど、腹痛があったのは当日朝だけ、しかも通常の生理痛程度でした。胎嚢が出てくるときも出血はほぼゼロで、痛みも全くなくスルリンという感じ。●10/5 7w6d(流産当日)→10/6 8w0d(受診)Day60(8w0d):クリニック受診⑤流産の記録:当日〜診察日のこと流産の記録:夫のこと***流産翌日夕方〜翌々日にも時々子宮収縮の痛みはありましたが、全体を通して見ても、かなり痛みは少ない上に、当日の出血も少なかったと思います。(他の方の体験談を見ると、大量出血だったり、生理痛の何倍もの痛みだったりするようなので・・・)ずっと出血が続いていたので、当日は軽くて済んだのかな・・・胎嚢の大きさは、本当に人それぞれのようですし、私と同じくらいの大きさ・成長スピードでも無事に元気に出産された方もおられました。なので、大きさは先生から何か言われない限りはあまり心配しない方が良くて、成長してるかどうか?が大事なのかなと思います。(「心配や不安な気持ちは、子宮を収縮させることが分かっている」と、リプロの松林先生のブログでも読みました)ただ、やはり赤い出血はサインだったと思います。私の場合は、6w3d以降、明らかにそれまでの出血と様子が変わりました。生理みたいな色・液状の出血。先生も分かっていたけど、この時期は治療も何もできないし不安を与えすぎないように敢えて黙ってくださっていたのかもしれません。そんな状態の中でも、少しずつ成長を見せてくれた赤ちゃんに感謝です。*流産前日の不思議な夢の話を、昨日夫に初めてしました。当日はいい夢なのかよくない夢なのか分からなくて、何となくできず・・・翌日には流産してしまい、その後は夫の顔を見たり流産の話になると涙が出てきて言葉にならなくて。でも、一昨日ワンワン泣きながらも流産のことや今後のことをやっと話せるようになったことで、夢の話も出来るようになりました。夫は、「やっぱり女の子やったー」と嬉しそうだったのと 笑、「ちょっと早く来すぎちゃっただけ。急ぎすぎて心(魂)を忘れて来ちゃったから取りに戻ったんだよ」と言っていました。コメントでも同じような言葉をかけてくださった方がいらっしゃり、心が救われました。ありがとうございました。忘れ物しちゃうなんて、なんてうっかりさんなの 笑忘れ物を持ったら、また我が家においでね。我が家に来たら、きっと楽しいよ。お父さんも、おじいちゃんもおばあちゃんも、みーんな元気に会えるのを楽しみにしてるよ。***流産の記録はこれで最後です。時間が経つと辛い記憶を封印してしまいそうで。でも無かったことにはしたくなくて。経験してすぐに書いたからこそ、少しずつ気持ちの整理がついてきたような気がします。とはいえ…文章にすることはできても、夫以外の人に直接自分の口で話すことはまだまだ当分出来そうにありません。たぶん泣くか黙るかのどちらかしか無理です。時間が経ってもこの悲しみが完全に癒えることはないかもしれないけれど・・・母は私を産む前に2-3回流産を経験しています。直接その話を詳しく聞いたことはありません。なぜなら、父がその話をしようとすると、「何でその話するの、やめて」と泣きそうな顔で止めるからです。何十年経っても辛く悲しい経験には変わりはないのかなと思っています。辛いことばかりではなくて、短い妊娠期間 幸せな気持ちもたくさんたくさんもらいました。書くことでそれを思い出せたのが良かった。今後は、日常の記録の中で、2w後のフォローアップ受診のことや供養(水子供養に行こうと思っています)のことを書いていければなぁと思っています。

  • 08Oct
    • 流産の記録:夫のこと

      *流産にまつわる記録です。気持ちを整理して、今回のことを受け止めて前に進むために、書いています。不安を与えてしまうかもしれないので、流産の話が苦手な方や、妊婦さんで読まれたくない方は戻るボタンを押してください。***今回のことで、夫もとてもショックを受けています。妊娠が分かった時、「まだどうなるか分からんもんな」ととても慎重だった夫。それは、コウノドリで、妊娠・出産の奇跡を知っているから。ふたりで、「心拍確認が出来て初めて“妊娠確定”だから、まだ喜びすぎないようにしよう」と話していました。夫は、当初「正直、実感わかへんなぁ」と言っていたのですが、男性はお腹に赤ちゃんがいるわけでもなく体調の変化もないわけで、「生まれるまでは実感わかなくても自然でしょ」と私も思っていました。そしたら、「生まれてもしばらくは、“なんかちっこいのがおるなぁ”って感じかもしれんで」と言ってましたが 笑ただ、こんな風に色々言ってますが、夫や私の友人宅に赤ちゃんに会いに行くと、ずーっと抱っこしてあやしていたり、赤ちゃんの「もう一回!」攻撃にも嫌な顔1つせずに延々と対応していたりするので、私よりも母性が強くて、忍耐強くて、子育てに向いているタイプだと思っています 笑*私は着床期から御守りがてら「トツキトオカ」のアプリを見ていました。検査薬陽性後くらいから「実感が湧くかな?」と夫にイラスト画像を送ってみたら、自分もアプリをダウンロードして、私と連携設定していました。トツキトオカは、父親側にはパパ向けの赤ちゃんの言葉が見れたり、私が記録した母体の体調記録が見れたりします。それを見て、LINEやトツキトオカ上でこまめにメッセージを送ってくれたり、声をかけてくれたりしていました。(興味を持ってくれるご主人にはとてもオススメのアプリです♡)---ある日は、帰宅後 私が入浴中のお風呂に直接やってきて、突然「赤ちゃんっていつから動く?心拍確認出来たら動いてるのわかるの?!」と聞いてきたり。まだまだ先だねぇ、年末くらいじゃないかなぁと答えたら、「そっか!」と。とても興味があるみたいで、分かりやすく楽しみにしてくれていて、可愛かったです 笑---またある日は・・・。ネットの名付け姓名判断をしてみたら、夫希望の名前がイマイチの結果だったみたいで、「漢字がなぁ、姓名判断だと良くないみたい…」と寂しそうに言っていたり 笑夫は妊娠前から女の子希望で、(年の離れた妹や、姪っ子たち、親友の娘さん、全員女の子なので、男の子の赤ちゃんが身近にいなくて想像できないだけだと思います。男の子でも可愛がってくれると思う)この名前をつけたいなぁというのが既にありました。---毎日 私の体調を気にかけてくれて、夜は帰宅すると、お腹をさすって赤ちゃんに声をかけてくれていました。トツキトオカも、私より頻繁に見ていたみたいです。とてもとても楽しみに、大切に思ってくれていました。「まだ心拍が確認できていないし、分からない」と二人で覚悟を持っている中でもそんな感じだったので、今回こういう結果になり、病院の帰り道にポツンと「あかんわ、俺も落ち込んでるかも。残念やな…」と。私は、胎嚢が小さいような気がしていたり、出血の様子がおかしい気がする、と思いブログにも不安を綴っていましたが、先生に何か言われていない以上は余計な心配をかけるだけだと思い、夫には不安点としてはあまり伝えていませんでした。まだまだおチビちゃんだね〜とか、ちょっと出血がきになるかな〜までに留めていた。なので、私よりも「突然起こったこと」で衝撃は大きかったんじゃないかと思います。*とてもメンタルの強い人なのと、私が先に泣いてしまうので、本人が悲しみを表に出せないんじゃないかと思っています。そこが心配かな・・・。夫のこともきちんと見て、支えていきたいです。***流産すると、妊婦さんや赤ちゃんの姿を見ると辛くなる方もいらっしゃるようなのですが、私は全くそういうことはありません。なので、これからも、Instagramやブログでも妊娠や育児記録を楽しく見させていただきたいと思っています。自宅でも、ご近所から赤ちゃんのふにゃふにゃ可愛い泣き声が聞こえてきます。声を聞きながら、次は我が家にも元気に産声をあげて生まれてきてくれますように、と(きっと)近い未来を想像させてもらっています。

  • 07Oct
    • 流産の記録:当日〜診察日のこと

      *気持ちを整理して、今回のことを受け止めて前に進むために、流産当日と診察の日のことを記録します。生々しい表現もあると思います。不安を与えてしまうかもしれないので、そういったことが苦手な方や、妊婦さんで読まれたくない方は戻るボタンを押してください。***7w6d ●06:00頃腹痛で目が覚める。生理の時のような、子宮の中がぐるぐるして経血を押し出そうとしているような、子宮収縮の痛み。「良くない痛みだ」とピンとくる。うずくまるほどではないけれど、「鎮痛薬飲みたいなぁ」と思うレベルの痛み。お手洗いに行くと、軽い日用のナプキン全体が赤く染まっている。便器にも出血。生理3日目くらいの量(2日目ほどではない量。6w3dから続く出血の中で、特段量が増えた!という感じでもない)。お布団に戻って横になる。流産の場合は、30分以上痛みが続くとネットで見たので、安静にして様子を見ることに。●07:00過ぎ夫 出勤。痛みが継続しているので、仕事は休暇連絡を入れる。●12:00頃ウトウトしていたらいつのまにか眠っていたようで、目が覚めるとお昼。痛みは無くなっている。つわりのムカムカ感ゼロで、「やっぱり・・・」という思いが強くなる。数時間おきにお手洗いへ。毎回出血はあるが、少量。横になり、安静にして過ごす。●19:00過ぎ腹痛無し継続。お手洗いへ→出血はごく少量。ペーパーで拭こうとしたら、何かが出ている感覚。恐る恐る引っ張ってみたら、白い袋のような塊。それまでの出血は、6w3dからずっと続いていた生理のような赤い出血で、組織っぽいものが混じったのは一切ありませんでした。この時目にしたのは今までの人生で見たことのない形状のもので、出てきてしまった…と思いました。胎嚢だと思います。3-5cmくらいはあったかな。エコーで見ていたよりも大きかった。念のため、真っさらのナプキンで包んでジップロックへ入れて冷蔵庫へ(翌日の受診時に提出するため)。夫にLINEで報告。●20時半頃夫から電話。話していたら涙が出てきて言葉が出なかった。●21時半頃夫、帰宅。この日は食事を摂る気力がなくて私も夕飯はまだだったので、買ってきてもらったお惣菜を一緒に食べる。具体的なことを話そうとすると涙が出てきて言葉が続かない。翌日のクリニックのことだけ話して、就寝。色々考えすぎて深夜までなかなか寝付けなかった。-------------------------8w0d ●09:50夫と一緒にクリニックへ。受付(予約は10時の枠)を済ませる。すでに待合は半分くらい埋まっていて、長くなりそうだな、と覚悟。一人の時は受付すぐのソファ席に座って待つけれど、今回は夫も一緒だし、人が少ないところが良かったので、奥の外の景色が見れるカウンター席へ。景色があるだけで気が紛れるので良かったです。夫も気を遣ってくれて、「頭が悪くなるウィルスがおるんやって!嫌やなぁ 笑」とか、ネットで見つけた面白ニュースを私に見せてくれてました。●10:05頃私だけ内診室へ。担当は院長先生。エコー画面は全体がモヤモヤしていて胎嚢は影も形もなし。先生の言葉を待つ間に「やっぱり昨日の塊は胎嚢だったんだな」と確信。「…出血とかありましたか?」と先生に聞かれ、昨日からのことを話しました。「詳しくは診察の時に話しますね」と言われ、退室。●10:15過ぎ土曜日はすごく混雑するので、内診後1時間近く待つことになるかもなぁと思っていましたが、5分くらいで診察へ呼ばれた。結果が結果なので、診察の優先順位を上げてくださったと思います。担当は、初めましてのY先生。夫と一緒に話を聞きました。とても丁寧に、ひとつひとつ言葉をかけてくださり、ボロボロ涙が溢れました。夫が横にいてくれて良かったです。そして、前回7w1dのエコー写真を確認して、「ここに赤ちゃん見えるね」と。やっぱり見えていた!と少し嬉しくなりました。綺麗に自然排出されているので、手術などの処置は必要ないとのこと。胞状奇胎の場合もあるので(発生率は稀だが、起こると母体の命に関わる)、後日内診をして経過を見ましょう、となりました。この日提出した塊(胎嚢らしきもの)を病理検査に出してもらうので、その結果もあわせて2w後に受診予定です。※自宅採取・自宅保管なので、どうしても組織の劣化等があるそうです。正確な結果が出ない可能性もある、とのこと。了承の上検査をお願いしました。今後の妊娠については、生理が来て、hcgも下がっていることを確認できれば、次の妊娠を考えて良いと言われました(胞状奇胎がなければ)。生理が来るまで大体1-2ヶ月くらいみたいです。「今回妊娠できたからね。次も妊娠できるよ!」と言って頂けました。今回は残念な結果になってしまったけれど、妊娠できることが分かったのは大きな一歩です。噂通り、退室の際ドアを開けてくださったり、最後まで紳士な先生でした。雰囲気も話し方も選んでくださる言葉も全てが温かくて、ありがたかったです。夫も、「めっちゃイケメンで優しい先生やったな!」と言ってました 笑●10:30過ぎ会計。受付から会計まであっという間でした。なるべく滞在時間を少なくできるように、配慮してくださったと思います。*「流産は5-6回に1回は起こること」と考えると、きっと同じように悲しい思いをされている方はたくさんいらっしゃるんだろうなと思います。正直、2度と経験したくないことです。当日のことを思い出すと、恐怖しかありません。赤ちゃんが出てきてしまった瞬間のこと、今でも感触が頭に焼き付いてしまい、トラウマになりそうです。でも、短い期間だったけれど、お腹に赤ちゃんが来てくれたという幸せな気持ち、まだまだ姿ははっきり見えなくてもとても可愛くて愛おしい存在でした。テレビを見て、笑うことができます。夫とも楽しい話をして、笑うことができます。でも、ふとそのことが頭をよぎったり、夫が私の目を見てきただけで涙がブワッと出てきてしまいます。(夫には、私が我慢しているようにうつるらしく、「泣きたい時は泣きなさい」と言われました。)なかなかこの気持ちを表すのは難しいですが、喪失感、という言葉が一番しっくりくるかな・・・。夫は私を励まして支えてくれますが、夫自身もかなりショックを受けています。夫のこともまた書きたいと思います。夫婦で助け合い、少しずつ時間をかけて乗り越えていきたいと思います。

  • 06Oct
    • Day60(8w0d):クリニック受診⑤

      *胎嚢確認後のブログです。目にしたくない方は、戻るボタンを押してください。***色々な方に見ていただいて、お祝いや励ましの言葉をいただきました。不安な時も力をもらい、赤ちゃんを信じよう、と前向きになれました。本当にありがとうございました。*今日は夫とリプロへ。昨日色々あり、たまたま朝イチで予約の空きが出たので予約変更し、朝一番に受診してきました。結論から書くと、「流産」です。お腹の中には何も残っていません。きれいに出てきてくれました。先生方はとても優しくて、ひとつひとつ言葉を選びながら丁寧に説明してくださいました。今日は母の誕生日だったので、順調だったら、(私としては少し早いけど)報告しても良いのかなぁと考えていましたが、出来なくなってしまいました。午後は夫とゆっくり過ごしたいと思います。また詳細は改めて書かせてください。

  • 05Oct
    • Day54(高温期36日目):クリニック受診④

      今年は台風直撃が多いですね…。一度通ると道が出来て毎回そこ通るのよ、と母に言われましたが、あながち間違いではなさそう…と思える。25号、逸れてくれますように。*胎嚢確認後のブログです。目にしたくない方は、戻るボタンを押してください。また、ジャンル変更は妊娠確定(心拍確認)後の予定です。***この記事でようやくリアルタイムに追いつきます。台風24号の接近情報を気にしながらの7w1d。【この頃の症状】・量は変わらずも赤黒い出血続く(月経様出血)・つわりは6w5dが一番酷く、この数日はそこそこ・乗り物酔いしやすい(妊娠前は、小型飛行機で荒天に巻き込まれても全然平気なほど、三半規管が強いタイプ 笑)・2ー3日に1回便秘になる腹痛はないものの出血が続いているし、前回胎嚢の成長が少し足踏みな気がして…無事でいてくれるだろうかと不安はピーク。内診の結果、◎胎嚢 14.9 mm(少し成長)卵黄嚢の下に何か見える気がする…と思っていたら、「赤ちゃん見える気もするけどなぁ〜点滅してる様な気もするけど、ぼんやりしててはっきりしないねぇ。また1週間後に見てみましょう!」と先生。診察担当は別の先生でした。●出血について問診:鮮血か、量は増えてないか→この時点では6w5dと変わりなかったので、その旨回答。特にコメントは無かったけれど、やはりこれだけ出血が継続しているのは良い傾向では無いんだろうなぁという印象。●胎芽と心拍:かなり言葉を選んで説明してくれました。「8週に2回診察しましょう、そこで見えれば万歳だし、1回目で見えなくても2回目に見えることもある。慎重に判断する」と。→期待させないように、でも不安にさせ過ぎないように、と配慮してくださっていました。初診から胎嚢もだいぶ小さくてゆっくり成長している感じだし、出血も延々続いているし、その他色々(年齢とか、母が反復流産だったこととか)不安なことはあったので、今日見えなかったら言われるだろうなぁと覚悟はしていました。まだ分からないけれど、決まったわけではないけれど帰宅したら涙が出てきました。夫とも話して、落ち込むだけ落ち込み、今は落ち着いています。ただ、次回8w0dの診察は1人で耐えられる自信がなく、夫にも付いてきてもらうことにしました。(内診室にはもちろん入らず、診察室のみ一緒に入ってもらう予定です。リプロは夫婦で一緒に受診できるのがメリットでもあるので、普段もご夫婦ご一緒の方がたくさんいらっしゃるクリニックです。)いよいよ明日。怖いけど、ランチは2人で美味しいものを食べて元気をつけて、病院に行こうと思います!*【最近の症状】●ムカムカはここ数日は軽め→慣れてきただけかも?笑●腰痛が突如出現。体勢によるため、動くのが結構辛い…。横になるにもベストポジションを見つけるのに一苦労。筋肉というより、骨が痛い感じなので骨盤かなぁ。●下腹部ちくちく、ツッパリ感再び●出血は継続(数日前から鮮血な気も。もう分からない…)、量は先週より軽減傾向な気がする●嗜好が変わった。米派から麺派に(そばが食べやすい。今まで飲まなかった出汁も結構飲んでしまう)。ジャンクなものも食べやすい。塩気が良いのかも。●いつもの1食分の量が食べきれず、体重1.5kg減。嘔吐はまだ無し。食事は食べたいものを食べれる分だけ、こまめに摂ってます。お腹は空くものの食べたいと思えるものが少なくて、なかなか難しいです。

  • 04Oct
    • Day51(高温期33日目):クリニック受診③

      10月に入り、なんだか一気に冷え込みました。電車の中、咳してる人が多くてヒヤヒヤしています…。関東も風疹が流行っているし、心配。感染者の大半は男性らしいですね。(夫は、先日 風疹・麻疹の抗体検査を受けてもらい、結果は◎でした。)*胎嚢確認後のブログです。目にしたくない方は、戻るボタンを押してください。また、ジャンル変更は妊娠確定(心拍確認)後の予定です。***リアルタイムより少し遡ります。これまで茶色い出血だったのが、6w3d、6w4dに赤寄りの赤黒い出血がドバッと出てしまい…予定を早めて6w5dに受診してきました。不安いっぱいの中、内診…胎嚢はちゃんといてくれました 泣◎12.9 mm(少し成長)卵黄嚢は、前回よりくっきり。ちょっとだけ、ホッ。ただ、先生が丁寧に探してくれましたが、胎芽や心拍はまだ見えませんでした。相変わらずのんびりさんのようです。出血原因もかなり丁寧に診てもらったけど、これと言った原因が見当たらないそう。生理2日目まではないけれど、そこそこ量があるのと、5週後半からずっと続いているので、不安。安静にしても動いても変化なしなので、どうしたら良いのやら。(特に「安静に」とも言われていないです)先生からは、「出血は今の時期よくあることだし、(内診の結果)今出血してる感じもないし、胎嚢も大きくなっているから大丈夫」と言っていただきました。鮮血かどうか、量が増えてないかは聞かれるけど、この時点では鮮血ではない感じでした。(もはや、出血続き過ぎてどこからが鮮血と言うべきレベルなのか分からなくなってきた…)赤ちゃんの生命力を信じるしかないです。今日来ちゃったし、次回の診察いつにしよう…と思っていたら、「心配だろうから、元々の予定(7w1d)に来てくれて良いし、1週間以内くらいに来たら良いからね!」とのこと。ありがたく受け取って、予定通り7w1dに受診となりました。毎回5000円くらいかかってるし、9月の医療費はなかなかの出費です 笑安心代ですね。*6w5dの受診の日は、つわりを自覚し始めてから一番体調が悪くて。嘔吐はしないけど、もうずっと船酔い状態で横になっても起きてても具合悪くて吐きそうでした…。電車も病院の待合も、気を抜くと倒れそうで自分の腕や足を掴んで意識を保つのに必死。これがまだ酷くなるのかと思うと、すでに心が折れそう(もっと辛い方たくさんいらっしゃるのに、この程度で…すみません)。この際、プラシーボ効果でもありがたいし、シーバンドを買ってみました。効果を感じられるといいな。

  • 25Sep
    • Day47(高温期29日目):クリニック受診②

      連休2、3日目はお天気も良くて、暑いくらいでしたね。7月から夫婦デートの予定を月に1回入れているのですが、今月は、連休中に奈良まで歌舞伎を見に行ってきました!初めての歌舞伎は、念願の中村屋でした。また改めて記録したいなと思います。*妊娠検査薬 陽性後のブログです。目にしたくない方は、戻るボタンを押してください。また、ジャンル変更は妊娠確定(心拍確認)後の予定です。***6w1dの診察でした。前回、小さいような気がして心配だった胎嚢・・・長くて不安いっぱいだったこの1週間、気が気でなかったですが、無事に成長してくれていました 泣◎前回 5w1d 3.2 mm↓◎今回 6w1d 10.8 mm胎嚢の中に、まぁるい卵黄嚢もしっかり見えてホッとしました。まだまだおチビちゃんですが、愛おしくてたまらない・・・かわいい。先生からは「前回からの成長具合も問題ないから、順調と言っていいと思います」と言っていただけました。茶色い出血が数日前から続いていたのですが、・出血=流産、というわけではない・茶色いのは古い出血で、今の時点では継続中の出血箇所も見当たらないから大丈夫とのこと。初期は出血しやすいみたいですね。次は、また1週間後です。順調に大きくなってくれていますように。赤ちゃんの姿や心拍もそろそろ確認できるかなぁ。たぶん、私に似てスロースターター。マイペースで良いから、すくすく大きくなってね。*体調のこと。●つわり?5w後半くらいから、「あれ?ムカムカする?」程度の胸焼け感出現。気のせいかもしれないし…とやり過ごしていましたが、今朝から「あぁ、これはツワリってやつかも」と自覚できるくらい具合悪くなってきました。戻すまではなくて、食べれないものがあるわけでもなくて、ずーーーっとムカムカ具合悪い感じ…。いっそのこと一度戻した方がスッキリしそうな気もする…。午前中〜お昼過ぎまでこの状態でしたが、午後からは少しマシな時間も増えてきた。つわりのピークは8wからというし、これから酷くなっていくのかな・・・。●疲れやすい&寝ても寝てもねむいこれも5w後半から拍車がかかってきたような。休みの日は、<朝寝+昼寝+夜もしっかり寝る>という感じで、ひたすら寝てました。それでもまだまだ眠い。●倦怠感ずっと熱っぽいのもあり、体が重だるいのは変わらず。●便秘妊娠が判明する前からお腹が緩いのが続いていましたが、ここに来て突然の便秘に。お腹が張って苦しかった…ビオフェルミンを1日3回&水分摂取量を意識して増やすことで2日で改善。●肌荒れ●その他胸の張りは、張ったりおさまったりを繰り返して、今はおさまっている状態。もともと小胸だし、生理前も張ったり張らなかったりだし、妊娠で胸が大きくなるタイプでは無いのかも…笑イライラは時々。でも、比較的穏やか。生理前の方が荒れている 笑*今日は新たな出血っぽいのもあり(赤茶色)、心配は尽きず・・・様子見て必要なら、次の受診を早めようと思います。