新国立競技場完成のニュースを
見ていた次男が

「何で赤色にしたんだろう
世界標準は今、青なのに」
と言っていました。

何の話かというと
陸上競技場のトラックの色です。

(写真はネットから拝借しました。)

「確かに」

赤色タータンと
青色タータンというのがあり
今は青が主流になってきているのです


(写真は等々力陸上競技場の改修図面。
ネットから拝借しました)

品質は変わらないそうなんですが

昔は赤を見て興奮させ
モチベーションを上げて
いい記録を出すという考え方が
主流だったようなんですが

青色で冷静になった方が
記録にバラつきがなく
良い記録が出るという考え方が
今は主流のようなのです。 

私は陸上に関する
詳しい知識はありませんが

現役で陸上やってる次男が
そう言っているんですから
間違いないんでしょう。


我が家の
次男は長距離選手で性格は青の人で
長男は短距離選手で性格は赤の人です。

このあたりも
深掘りするとおもしろいのですが

一見関係ないように思える
陸上競技であっても
色の効果を取り入れてるってことですよね。

「カラーセラピー」というと
全く関心を示さない男子の次男も

陸上競技場となると
疑問に思うわけです。

新国立競技場に
赤色タータンを採用した担当者に
話を聞きたいですね😅

色やお花が
人にもたらす影響や効果について
お話しする講座も
開催しています。

12月のテーマカラーは
ゴールド。

2019年を振り返り

2020年、オリンピックの年を
どう迎え、どう過ごすかを
しっかり考える講座を開催します🎵
 
生花のお持ち帰りつきでお得ですよ‼️
(1本だけど😅)

 

 
■2019年を振り返り2020年のスタートダッシュを‼️
  12月15日(日)詳細・お申し込み
★12月16日(月)日野市 詳細・お申し込み
■ライン@にご登録を
★ご登録くださればオンラインでのプチフラワー診断をプレゼントしています。  
                                                友だち追加