みなさんおはようございます晴れ

今朝は一言占いはお休みしてお盆休み特集・・・(ほどでもないが・・・)を書きますビックリマーク

ブロ友さんが教えてくれた赤城山の木道のある湿原「覚満渕」ですニコニコ


HPによると↓

大昔は大沼とひとつの湖であった、周囲800mほどの中間湿原/高層湿原です。湿生植物と高山植物の宝庫で、「小尾瀬」とも称されます。

 大沼の東南、駒ケ岳と小地蔵岳の間に覚満淵はあります。「覚満」とは平安時代の比叡山延暦寺の高僧の名で、覚満淵の名は覚満がここで法会を行ったということに由来します。
 湿原の向かいには県立赤城高原ビジターセンターがあり、駐車場とトイレが利用可能。ビジターセンターから出発し、覚満淵を一周する木道が整備されており、家族そろっての自然観察にも最適。ニッコウキスゲやモウセンゴケといった湿原特有の様々な植物が見られます。北東側には2~3mの厚さで泥炭層が体積し、高層湿原植生が見られます。低木林である周囲のススキなどへと続く植生のグラデーションに注目してください。


入り口すぐにちょっとしたトレッキングがありますが、膝の悪い私でも大丈夫なぐらい。
DCIM2297.jpg
その先に木道が伸びていいます。。。
DCIM2296.jpg
2〜3分で淵に。。。
DCIM2298.jpg
はぁ〜この空気。。。深呼吸・・・
DCIM2303.jpg

DCIM2305.jpg

DCIM2307.jpg
木漏れ日。。。癒されるわ〜
DCIM2311.jpg
静かな静かな赤城山の山頂。。。
DCIM2312.jpg
深呼吸何回目かしたら肺が満たされるわ〜ふぅ・・・
DCIM2308.jpg
素敵な淵でした音譜


ブランチしたのみで既に16時の私たち、淵の入り口に丁度お蕎麦屋さんがありました。

「風の庵」雰囲気たっぷりの素敵なそば屋さん。




DCIM2319.jpg

古民家風?なのか古民家だったのか、囲炉裏や・・・
DCIM2313.jpg
木組み天井の、お屋敷みたい。
DCIM2314.jpg
もうお腹すき過ぎてがっついてしまいまして、食べてる途中の喰い散らかした写真でスミマセン。
DCIM2315.jpg

山菜の天ぷらと冷たいお蕎麦。十割蕎麦は細麺で優しい触感。とっても美味しかったです!
DCIM2316.jpg
器も凝ってらして益子焼に似た感じ。聞いてみると店主さんが焼いているそうです!

どうりで店内の販売スペースが広いと思った。
DCIM2317.jpg
しかも床は土間ですよ〜店主さん人生楽しんでますね〜素晴らしいビックリマーク

DCIM2318.jpg
旦那はトウモロコシが好物で、これに釣られて出掛けたという話(笑)ブロ友さんが教えてくれたトウモロコシやさんは閉まって、てふもとの何件かあったモロコシ屋さんの比較的駐車場が広い所で焼き立てを頂きました。




DCIM2325.jpg
40分程並んで(勿論旦那が)やっと有り付けた(笑)おじちゃんが外で剥いて、おばちゃんが汗ダクで延々と炭火で焼いていく作業・・・おじちゃんがウチワデ煽ってあげてて・・・(笑)

私は車の中で涼んでました・・・蚊もいたしハハハ
DCIM2322.jpg
一本350円!醤油と焼き立ての香りが〜う〜んニコニコ甘くて美味しかったのでお土産も550円で買って・・・
DCIM2323.jpg
今朝の朝ごはんになりました(笑)茹でてる姿は夏の風物詩!
DCIM2324.jpg
湯気で曇ってます(笑)美味しそうですね〜
DCIM2326.jpg
寝坊助な旦那は自ら匂いに誘われて起きてきた(笑)

美味しく頂きました音譜


平成最後のお盆休みを楽しめて良かったですラブラブ

ここちゃん、ありがとうね〜音譜

皆さんも残りのお休み楽しんで〜ラブラブ