離脱症状の中で、最後まで残っているのは、

羞明と胃腸障害である。

 

ジェイゾロフトを1/4から1/8錠へ減薬しようとしたあたりで、

目を開けていられないくらいひどい羞明が起き、

元の1/4錠で5年間ステイせざるを得なくなった。

 

PCもテレビも眩しいのだが、夏場の太陽光が最も苦痛だ。

 

この頃から、車の運転が苦手になった。

屋外の眩しさもさることながら、

動体視力も落ちてしまったようで、

周りの車のスピードが恐ろしく感じられ、

40キロまで加速することさえ困難になった。

結果、今年の春ついに免許を返納するに至った。

 

この夏秋を過ごしてみて、

以前よりは眩しさが軽減してきていることに気づいた。

 

あの羞明さえ起きなければ、今も車を運転し、

行動範囲も制限されずにいたものを、

という悔しさはやはり拭いきれない。

しかし、まあ、永久に車を駆っていられるはずもない。

それが人より少しばかり早まっただけと、

自らを納得させるしかないだろう。

 

胃腸障害も、長々と居座っていたが、

最近落ち着いてきている。

 

断薬から2年を過ぎて、

ようやく薬の影響が薄れてきたという感じがする。