帰宅時にちょっと遠回りして

桜でなく、芝桜でお花見してきた

 

 

道があるように見えるも

この中は歩けず(入れず)

 

 

17時ちょい過ぎ頃なので

まだ明るいのだがライトアップされてた

 

 

鉢を並べてあるだけなので

綺麗さっぱり撤収されてしまう前に

ゆっくり観たかったのだが・・・

 

 

夕方に来たのは正解だったようで

誰もいなくて

この光景を独り占めしてた♪

 

さて

トルコ至宝展チューリップの宮殿トプカプの美

堪能してキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !


実は行ったの、もう2週間前だったりw

 

お土産に買ってきたのは

図録とクリアファイル

 

 

美しい模様の製本型ノートと

民芸品らしい葡萄模様の小さな缶と

チューリップデザインボックスが可愛いキャンディ

(背景に写ってるのはクリアファイルの裏側)

 

 

図録を買ったので不要と思いつつも

お気に入りのポストカードを厳選して3枚

 

 

この展覧会の感想を

一言で表現するならば

「まるで錬金術」

 

実際に黄金も使われてるし

宝石や貴石が鏤められてもいるが

布に糸で刺繍を施すコトだけで

黄金の価値がある布に変貌してるのは

まさに錬金術の如しだ((((; ゜Д゜))) ガクガクブルブル

 

日本の天皇に送られたこれなんか・・・

 

 

黄金より眩い(まばゆい)し

むしろ黄金には無い温もりも感じられた・・・ホゥ(*-∀-)

 

目を凝らして

糸の1本1本をつぶさに見据えたが

視力に自信がある自分でさえ

見てるだけで頭痛がしそうな細やかさで

刺繍の技術の繊細さと

出来映えの圧倒的な存在感に

ひれ伏して拝みたくなった(-人-;)ナムアーメン

 

神業と言うのは

きっとこういうモノに使う言葉で

もう濫り(みだり)に使わぬと心に誓ったp(-_-+)q

 

そして帰宅した自分が

編みかけのストールを見て

どれほどがっかりしたか・・・バタリ ゙〓■●゙

 

 

物凄く雑な編み地に見えたからだ。(゚д゚lll)ギャボ

 

これはこれとして

ひとしきり編み上げてしまって

次はもっと優美に編み上げるコトにした><

 

素人の作るモノだから・・・

自分が使うモノから・・・

そんな気の緩みが

編み地に出てるのが恥ずかしくなった。(´д`;)ギャホ

 

これからはもっと

謙虚な気持ちで丁寧に編もう^^;