149分と長めの映画を3度も観てしまったのは

魅了されたからに他ならナイ

 

思わずイラストまで描いてしまった!

(まあ鉛筆描きのラフ・スケッチだけど)

 

 

これはマリー・アントワネットが

結婚初夜にルイと2人きりになってる時に

打ち上げ花火があがって1人ではしゃいでるシーン

 

『名作映画 歴史を創った偉人たち』のDVDセット

『マリー・アントワネットの生涯(1938)』が

目的で買ったものの・・・

 

 

他の収録作品も自分が好きな分野のばかりで

ビデオで持っててDVDかブルーレイで

買い直したかった映画が3本も入ってたし・・・

 

 

ローマ皇帝の中ではネロをこよなく愛する自分なのに

『暴君ネロ』は未見だったので

気に入る気に入らナイは別として

一応、観ておきたかった映画だった

 

1つづつ買い集める手間と金額を考えたら

今回、¥2,000もせずに欲しかった10作品って

なんて好い時代になったんだろうか^^

 

しかも

秋の夜長に読書してる場合ではなく

これらの映画を観尽くさなければと思いつつ

まだ1本目ばかり観てるって

このDVDセットのお得感、パネ~!!

 

 

マリー・アントワネット役のノーマ・シアラーは
透明感のある高貴さ漂う美女で
所作の美しさと愛らしさにあざとさが無く
当時35歳くらいのはずなのに
14歳の無邪気なアントワネットも
違和感なく演じてて
自分もぬこきっつぁんも
すっかり彼女の虜になった・・・ホゥ(*-∀-)

 

それとこの映画でキーマンとなってる
オルレアン公フィリップ(※)にも魅せられた!

オルレアン公爵ルイ・フィリップ2世ジョゼフ

 

 

このいかにもヴェルサイユ染みた容貌の男が
風見鶏騎士団(日和見主義)らしく
デュ・バリー夫人派から
アントワネット派に乗り換えたり
最終的には革命に加担して
王党派の処刑を推し進めるまでに至り
自身も恐怖政治の波に呑まれて
ギロチンによって最期を迎えるのだが
徹頭徹尾、保身のために非情に振舞うサマは
ある意味、一貫してるとも言える^^;


派閥を作らず、正義感の強さから
善良な政治を執り行い、家族を大切にしたルイ16世にしろ
やはり正義感から不倫を踏み止まって
愛するアントワネットに命だけ捧げたフェルセンにしろ
決してブレナイ生きザマに人として感服するが
オルレアン公も単なる悪役ではなく
観る度に興味がいや増した(←こじらせた悪役大好きw)

 


あらすじはタイトル通りに
マリー・アントワネットの生涯を描いてて
嫁入りが決まってから、断頭台の露と消えるまでを
途中、端折りながらも
大切な場面ではゆっくりと
心を交わし合う機微が染み入るような展開で
引き込まれるるる~

 

そして観終わった後の切なさたるや。・゚・(ノД`)・゚・。

 

大団円絶対主義の娯楽映画では
決して味わえナイ寂寥感に浸れるのが
ちょっと能に通じてる気がしたが・・・


そう、煌びやかな(モノクロームなのに?!)
ファッション、家具調度品、建築・・・
目の保養の連続に酔ってると
それらがあっと言う間に剥ぎ取られ
まさに「驕る平家は久しからず」よろしく

「驕るブルボン王家は久しからず」で
マリー・アントワネットに惹かれるのはこれか?!
と、今更ながら気が付いた!!

 

さて

レースとフリルの洪水のような映画を観ながら

スカートの裾のエジングはこんな風に仕上がった!

 

 

全体像(平置き)はこんなカンジで

上の方のタイトさと下の方のヴォリュームのバランスが

思い通りに仕上がって大満足(*^^*)ムフフ

 


ウエスト(サイド)にクローク・クラスプ付けてみた^^

 

 

これ、ファスナーなんかと比して

本トに便利!

(付け方を数回失敗して、やっと心得たトコロで

偉そうには言えナイのだがねw)

 

裾のエジングは予定通りの6段を編んで

先端の一段はブルー系→ピンク系に変更

(実際、そんなに色味の違いは無かったりするがw)

 

 

このエジングのレース編みは

1段にほぼ1玉で6玉以上を使用してて

自分が着用するために納得行くように編んでるから

そういう使い方で全然、問題は無いが

ハンドメイド品を売る目的で作るんだとしたら

裾だけで¥2,500以上かかってて

何時間も費やしてるとか><

 

コスパ的にバカみたいだよなwww

 

いや、そういうラグジュアリーさを

手編み作品で追及するのが好きだから

編んでるだけなので

これからも材料費をケチるコトなく

手間暇も惜しまずに

閃きを大切に編み続けようかと♪

 

あ、着画は近い内にアップ予定ヽ(´▽`)/