9/9(日)~9/10(月・夏休み)に
人生2度目の家族旅行に
那須まで行ってキタ――(゚∀゚)――!!

 

 

写真が多過ぎたので
アルパカ牧場に行ったコトだけ
別途、前の記事で先に書いちゃってて
後出しじゃんけんみたいだがw

 

 

スズメのおとっつぁんを
温泉旅行に連れて行こう企画で
ホテルニュー塩原に
一泊二日で行ってキタ――(゚∀゚)――!!

 

生アルパカを観たかったのと
もう1つ、実物を観たいモノがあって
企画者の自分の独断で那須に決めたが
宿をホテルニュー塩原にしたのは
条件にぴったりのプランがあったからだ

1.喫煙可
2.露天風呂付きの部屋
3.夕食付き

この3つだけなのだが
ネット上で探しまくったけど
これがなかなか無い!

実際、+「川床で呑む」って条件で
川床のある宿か
タクシーでの川床送迎付きのプランを
京都周辺で探しまくったが
1件も無くて断念したのだった><

 

 

喫煙者はぬこきっつぁんだけなので

館内に喫煙場所がある宿でもOKなれど

検索条件にそういう項目が無い^^;

 

部屋に露天風呂付きってのは
初めての家族旅行の宿がそうだったのだ^^

 

人生初の家族旅行に行った結果・・・(前篇)

人生初の家族旅行に行った結果・・・(後篇)

 

色々あって大変だった中で

夜が明けるのを肌で感じながら
お湯に浸かっての読書は極楽だったからね♪

 


それに大浴場では

酔っ払いのおとっつぁんが
倒れたりしたら大変だし
金髪長髪のぬこきっつぁんが
女に間違われたら面白いけど見れナイしwww

 

そんなんで今回は
夕食バイキング付きで

VIP待遇も付いて¥65,000程の

「やすらぎ」って部屋に宿泊してみた

 

部屋に入ると廊下があって

脇に洗面所とトイレがあるのだが

奥に洋間があって・・・

 

 

超絶豪華なマッサージチェア付き!

自分は10回以上使ったw

 

隣にこじんまりした和室

 

 

1番奥には堂々たる和室

 

 

こちらにも洗面所とトイレがあって

普通のお風呂と露天風呂があるるる~

 

 

露天風呂から見た景色

 

 

虫除け網が張ってあって

写真が綺麗に撮れなかったけど

こんなカンジ

 

 

見下ろすと川が流れてて

川からだと地上7階(最上階)

 

 

脱衣所も無駄に広いw

 

 

自分はこの露天風呂に3回入って

夜明け前から夜が明けるまで

読書・・・

 

 

副題に「ゴーチエの青春」とあるが

ユゴーの『エルナニ』に感化された青年たちの・・・

要するにユゴーを頂点とした一味の熱い青春を

ゴーチエを主軸に紐解いたような本

 

青春ってか、春でなく

真夏の猛暑のような熱気に満ちてて

19世紀のフランス文学愛好者(←自分)には

作家の交友関係が描かれてて面白いが

そうでなければ何がなんだかさっぱり意味不明の

実にマニアックな一冊

 

『ドン・ジュアン』の脚色の変遷についてとか

自分1人で調べるのはメンドウな事柄が

解決できてすっきり^^

 

実はアルパカ牧場の前に

エミール・ガレ美術館に行ってキタ――(゚∀゚)――!!

 

 

入場券にも載ってるけど

「つばめたちのひそひそ話」って花器

この実物を見たかったのだ(詳細はリブログ参照)


 

外観写真

 

 

上の全体像だとエミール・ガレ美術館かどうか

イマイチわからんて・・・

 

 

ついでにお隣の教会

 

 

さて

美術館に入って数分もしナイ内に

目当ての花器の実物を観て

喜び勇んでたら・・・

 

 

いかにも興味なさそうなおとっつぁんは

トイレへ・・・

 

 

どこにあるのか一緒に探す内に

ふりだし(入口兼出口)に戻るるる~

 

そして数分後に
トイレから出て来たおとっつぁんと
一周回って出て来たぬこきっつぁんと
そのまま美術館を後にした><

トイレ待ち中に
ポストカードも買えたので
一応、念願は叶ったし
待つのが大嫌いな2人を待たせて
一周してくる勇気は
自分には持てなかった^^;

 

そう、自分はいつも読む本を持ってるので

人を待つのは平気だが

待たせるコトは大の苦手だ!

 

今回、VIP待遇を選択したお陰で

ホテルでは何かと厚遇されて

例えば食事がバイキング形式だったが

一番手前の席を確保してもらえたし

何よりも駐車場を入口からすぐのトコロに

用意してもらえたのが良かった!!

 

但し、ちょっと早く着き過ぎたせいか

どう見てもVIP客に見えなかったせいか

フツーに遠い駐車場を案内されて

ぬこきっつぁんは車を置きに発車した後で

そうと発覚したのだけどね・・・

 

 

まあ翌朝の出発時には

玄関脇からすぐ出発可能で

良かったけどね・・・


それでも先走るおとっつぁんと・・・

 


時間ギリギリのぬこきっつぁんの・・・

 

 

時間差を埋めるのに

1人で奔走してたけどねw

 

いや、とにかく2日とも雨の予報だったのに

1度も傘を差さずに終了したのは

お天気がVIP待遇(?)の

妖怪傘要らず姥ならではだなwww

 

 

車で走行中には降ってても

降りる時には止んでる不思議・・・

 

と、長くなったので次回に続く~