まずは今朝までのショールの進捗

 

ロングピッチのグラデーションの糸
スプリングレインボーの紺→青緑→黄緑の
紺×2&青緑×2まで編んで
こんなカンジ・・・

 

 

ちょっと戻って
青緑がやっと出て来たトコロ

 

 

この前、編み上がったのに比べると
コントラストがはっきりしてて

随分イメージが違って見えるるる~

 

 

今月中には2枚目も仕上げる予定!

 

さて

自分が置き時計や掛け時計に求めるのは
正確さ第一、文字盤の見易さ第二で
手間要らず(今なら電波時計)

 



学校の教室にあるような時計を理想としてて
改築前まであった古い柱時計には
正直、忌々しささえ感じてた

 

 

カチコチ稼働音が響いてうるさく
ましてや時報は夜中でも容赦なくボンボン鳴るし
月に1度とかネジを巻くのがメンドウだったし
肝心の文字盤は見づらかった
(画像はイメージでアマゾンから拝借)

 

だがしかし

カッコウ時計(鳩時計、あるいはからくり時計)となると
嫌いではなく、むしろ好きな方^^

 

でもそれも広場にあって

何分も人形が踊ってるようなのを

旅先で目にしたらの話で

その簡易Ver.が家にあるって発想はなく

ウールさんのブログに驚愕した!


 

凄い!

ミニとはいえ

家にあるって凄い!!

 

何十万円もすると想定してたので

実際にいくらくらいするのか気になったのと

ドイツのブラックフォレスト社って

英語の社名が引っ掛かって

ググってみたら

なるほどSchwarzwald(シュヴァルツヴァルト)で

黒い森=Black Forestだったけど

アマゾンでも鳥が飛び出す程度のなら

2万強~5万弱で購入可能だった

 

 

それに見た目はアンティークでも
中身は今時の時計で
それで2万円台で買えるなんて
例えばオルゴール音で時報が鳴るなら
゚+.(・∀・)゚+.゚イイかも♪
なんて思い立って
アマゾン内で検索したらあった!

 

 

時計機能はクォーツで
時報で鳩がふいご音で鳴いて
オルゴール音で『美しく青きドナウ』が流れて
水車が回ったりする仕様で
2万5千円ほどで国産品(日本製)!!

 

色違いのこちらの方は

商品ページから動画が見れて・・・

 

 

かなり欲しくなってきた・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

 

いや、飾っておく場所も無いので

買いませんがね^^;

 

色々探してたら

こんな猫満載のを見つけた^^

 

 

さすがに10万円もするのね><

 

それにしても

時計って高額なイメージ強かったけど

今は昔より高性能になってて

値段的には安くなってるような・・・?

 

よくよく探してみると

お手頃価格のも出て来たってだけで

50万~100万クラスの高額なのもあって

 

 

デザイン的に1番気に入ったこれなんかは

40万弱!!

 

確かに素人目で見ても

彫刻もからくりもレベルが格段に違うのわかるわ~