また出来た音譜

 

 

先日完成したクロッシェレースのハットがこれ

 

 

詳細はリブログ元記事を参照*星*

 


2個目を編んだのはこの糸たち

 

 

前回、書き忘れてたけど

ブリムの縁のレース部分はパピーのリーフィーで

つまり和紙糸レースだったのだw

 

 

今回も和紙糸主体+コットンヤーンなれど

このコットンヤーン・・・太過ぎた^^;

 

 

それが功を奏して

クラウンのトップはテクノロートを編み込まずとも

形崩れし難い硬さになったが

針の号数も上げたので目数が違ってしまい

クラウン部分の模様編みは

ちょうど一模様分を減らす羽目に・・・汗

 

 

前回は

クラウン部分は1模様3目で30模様編んで

ブリム部分は1模様6目で15模様編んで

縁のレース部分でまた30模様に戻る仕様で

目の数を数えなくても編み進めた・・・

てか、それが狙いで

模様編みを何度も編み直して調整したのだった!

 

それが今回は

クラウン部分を1模様3目で29模様にしたので

ブリム部分から2模様分を1模様にすると

1模様分が足りなかった滝汗

 

当たり前のコトだったが

そこまで編み終わるまで気付かず!!

 

だからと言って編み直すワケにもいかんのだよ

なんせフィット感から29模様になったので

30模様に編み直しをしたら

ぶかぶかの帽子になってしまう笑い泣き

 

こういう時はこれまでの模様は無視して

1周の全目数から約数を計算して

新しく模様を考え直すに限る・・・

 

29模様×3目=87目

 

何この圧倒的な素数の連鎖チーン

 

でも1目増やして88目にすれば

約数は2、4、8、11で

なんだ、4目で模様が組めるるる~キラキラ

 

そして出来上がり合格

 

 

結局、全く違う模様を編まざるを得なかったので

時間は倍以上かかったが

納得行くモノが出来たのでヨシとしようデレデレ

 

 

前のよりレースがゴージャスになったかなニヒヒ

 

 

被ってみたデレデレ

 

 

次はこの糸たちで^^

 

 

今夏にいくつ編めるかな?!

 

 

約数とか最小公倍数とか

編み物するのには役に立つよなキラキラ