腑に落ちるブログを発見


記事は書いてませんが、生きてます。

元気です。

そしてアメブロ巡りはほぼ毎日してます。

そんな中でたまたま見つけたこちらのブログ。






なんかどの記事見ても腑に落ちる感じで、わたしが求めてたのは量子論とか脳科学だったのだろうか?と思うくらい。

ここ数年、自分なりに色々と生き方を模索してきて、今だいぶ自分の中で考えがまとまってきていて。

でもまだ、自分で確信をもててないところがどっかにあったのです。 

それでいいんだ、大丈夫って頭ではわかってるんだけど。
 
その微妙に思ってたところを、見事に肯定してくれたブログです。

わたくしこれからは、自分を信じてゆけますチュー

一応言っときますが、回し者でも何でもありません(笑)

ただブログが気に入っただけですチョキ


久々に更新

9/1に大阪へ戻ってきて、はや一ヶ月ちょい。

 
まったりモード満喫中。

だけど、まったりにだいぶ飽きてきた今日このごろ🐸
(以前のわたしなら、いつまででもまったりできてたのに!)

さあどう動きだそうかなあ👼


なんかもうすべては整ってる感じがしてて、あとは自分次第でどうとでもって感じ。

だったらわたしは、楽しく、幸せに生きていく。

それだけを自分に刷り込んでます。

いらぬ思考はカットカット。

だってせっかく生まれてきたんだもん。

人生楽しまなくっちゃねー😁

というようなことを思う毎日でございます。

理由はわからないけど

今月半ばあたりから、なんだか急に元気です😃

エネルギーがうまいこと体を巡ってるとでもいうのか。

こんな感覚、子どもの頃以来かも。

怒りや不安や不満とかがなくなったわけじゃないけど、それよりも元気のエネルギーが勝っている状態。

うれしいです。

9月になったらこの島を出るって決めて、大家さんに8月末に部屋を出ますって連絡して、その後くらいからかなあ、急に調子が上向きに。

そのことが理由なのかどうかよくわからないけど、とりあえず今のわたし、元気でよろしゅうございます🐒


島を出た後はひとまず大阪に帰ります。

もう実家に帰るつもりはなく出てきたけど、一旦帰ってしばし休憩して、次の行き先を決めようと。

さあ、次はどこへ行くのかな、わたし🌏

職場のみんなが、わたしが帰るのを残念がって引き止めてくれたのが、うれしくもあり。
帰るのがちょっと寂しくもあり、な感じです。


こちらに来て生活に慣れ出した頃から、
生きるってなんだろう、
命ってなんだろう、
寿命ってなんだろうって、
よく思うようになりました。

腑に落ちる答えはなかなか出なくて、でも、自分のこの人生、好きなように、楽しく生ききりたいという思いはずっとあって。

それがここ一ヶ月くらいの間に生命というものを思う機会が急に増えて、わたしの中で確信に変わりました。

誰にどう思われようと、自分が生きたいように生きたらいい。

行きたいことがあったら行けばいいし、やりたいことがあったらやればいい。

時間がないとか、お金がないとか、家族が反対するとか、そんなのは関係ないし、本気で想うならどうとでもなる🙆


わたしは何者かにならなければならない、って思いがとても強かった。

世間的に認められているような職業に就くこととか、国家資格もってるとか、たくさんお給料をもらっているとか、結婚して妻や母になることとかね。

まあ、いわゆる、社会的なステータスがないといけないって思ってたのです。

それかせめて、自己紹介のときに、わたしは◯◯をしていますって言える人じゃないとダメだって。

大学生のときに就活を一切せず、結婚もしないで未だにふらふらしてて、あれこれ手を出して資格難民だし、定職もないし、働いてもバイトで給料安いし。

自分の人生、自分で好きに選んできたにもかかわらず、社会的ステータスのない自分をずっと認められないでいました。

ま、これ、うちの母親の考え方の影響をモロに受けてたわけですが。

その呪縛からも徐々に解き放たれてきている模様。

何者かにならなくったって、ただ生きてるだけで、おーるおっけー💮


台風の影響で、今日は結構長い間停電してました。

電気が復旧して、電化製品が使えることのありがたみを感じましたねー😳

台風で停電って、人生初の体験かも。

今は風の音がだいぶ小さくなってきています。

ゆかり













青い海と空。緑の木々。
癒やされます😚

初めての、よかった

今日、島のイベントでフラを踊ってきました。

島に来てから2週間後くらいから、習い始めました。

今回のイベントで踊ること、あんまり乗り気じゃなくて、でも断る理由もないし、思い出作りに出とくかって感じで。


でも、踊り終わって、チューハイ片手にライブ演奏を観ていたら、とても幸せな気分になっていました。

初めて、この島に来てよかった、幸せだなって思っている自分がいました。

ちょっと酔っていたせいもあるけど。


正直、あと二ヶ月後に島を出る日が早くこないかなって毎日思っていたのです。

もうなんか、いろいろ疲れちゃって。

そんな現実を創ってるのは自分だってわかってるけど、そのことにも嫌気がさしていました。

一体どうしたらいいんだよ、、って。


でも今日は楽しい一日だった。

幸せな時間を過ごせた。

最高の日、でした。

うれし涙がでてきます。

いろんなことに、ありがとう。


良い気分で創る現実

しばらくブログ書いてないな~と思っていたら、1ヶ月半も書いてなかったという事実とびだすうさぎ1

や~その間にいろんなことがありましたけども、ざっくりまとめると、

自分の芯をもつこと、自分のメンテナンスをしっかりすること、良い気分を選択すること、「今」という時を生きること。

それらのことを学んだ、あるいは絶賛学び中、そんな感じです。


今いる沖縄の離島に来るまでは、あまり社会と関わらない暮らしを何年もしてたもので、好きなだけ自分の世界にこもれてました無気力ピスケ

それが楽だったし穏やかで好きだったわたし。

でも週6で働いている今はそうもいきません。


自分の思いが今の現実を創っているということをしっかり認識して。

良い気分でいることを選択して。

自分の望む世界ってどんななのかを感じて。

というーか、その前に自分という存在を自分が心から愛してあげているかを確認して。

今そんな段階にいますウインク


4月に入ってから、
「いま見ている現実は自分のマインドが創ったものだということを認めなさい」
というメッセージを見聞きすることが多くて。

幸せだと思える現実を創るんだ~と思いながらも、心のどこかにあったモヤモヤを洗い出し中です。

そして最近やっと、自分が良い気分でいたら、良い気分になれる現実を引き寄せられるという実感が徐々にでてきましたカナヘイピスケ

まだ徐々にだけど。

目の前で起きた現実にイライラすることもまだ多いけどてへぺろうさぎ
(そういうときは、間違いなく自分で良い気分を選択してないということにも気づき始めた)

焦らずに、一歩一歩。
進んでいこうと思いますカナヘイきらきら

ゆかり

力を抜くこと、わがままであること

島で生まれ育った人が職場にいるのだけど。

その人を見ていると、わたしは生きることに対してまだ力が入っているなあと感じます。

小さいことは気にしない、たとえ小さくなくてもまあ大丈夫さー、なんとかなる。

起きる現実に対して、執着がない。

そして、「我が、まま(そのまま)」。

我儘という感じじゃなく、「我が、まま」。

飾り気のない自分のままなんです。

自分の気分通りに行動してる感じ。

良いこともそうじゃないことも笑い飛ばせる。


年配の人の中には、こちらからするとも~本当に我がままな人もいて。

いやいや、それ、なかなか他の人に迷惑かかってる気がするんですけど?状態。

でもそのことに周りは苦笑しながらも、しょうがないねえ、くらいな雰囲気。

中にはイライラしてる人もいるかもしれないけど、それはたぶんあまり長く住んでない内地の人でしょうね。


力を抜いて生きること、完璧であろうとしないこと、執着をもたないこと。

島に来たのは、そんなようなことを学ぶためもあるのかなと思いました。

わたしは力を抜いて思いのままに生きることに、実は抵抗があるのかも。。


昨日と今日と、初めての連休。

いま人手不足で、今後いつ連休が取れるかわからないので。

今日は自分の心とからだと、たっぷり向き合います。

ゆかり

優しさと許しと執着しない心

今日、借りていた人様の持ち物に大きな傷をつけてしまいました。

自分の不慣れさが原因とはいえ、かなりヘコミました。

だけど起きてしまったことは仕方がない。

とにかく謝って、どんなに高くつこうが弁償しようということしか頭にありませんでした。

ですが持ち主の方はその物に対して全く執着がなかったらしく、無料でもらったものだし長く使うつもりもないから、傷がつこうがどうなろうが全く問題なしとのことで。

「全然大丈夫です、よかったらまた借りてください」とさらりと言っていただきました。

その優しさと許容に感謝です。


起きることには必ず意味がある。

じゃあ今日のこの出来事が起きたのはなぜだろう。

自分が今日受けた優しさと許容を、他の人に分けれる人でありなさいということなのかな。

日々生活して仕事をして、人と関わっていると、うれしいこともある反面、そうではないこともあります。

イライラすることだって、不満に思うことだってあります。

でも、人と人との繋がりって、本来はとても優しさや温かさや愛に溢れているはず。

いろんな執着や価値観を手放したところに、今回わたしが感じたような、優しさや許容が生まれるのだろうなと感じています。

執着心を手放すということ。

いろいろ手放したつもりでも、まだまだ執着してることがいっぱいあるんだろうな。

心当たりがありあり。


近頃少し仕事に慣れてきて、人に対して不満に思うことが増えてきていたから。

以前のように自分の殻に籠って、社会との関わりを閉じていられたら楽なのになって時々思っていたから。

そういうことに対するメッセージの意味もあったのかもしれません。

この島にいると否応なしに人との関わり、繋がりについて考えさせられますね。


2度と同じことがないように反省するところはしっかり反省して、今を生きる。

自分の内面を今一度見つめてみようと思います。

ゆかり

わーっと楽しく話したい

なんだかわーっと楽しく話したい気分な今日この頃。

自分はおしゃべり好きじゃないってずっと思ってたけど、実は話すのが好きなのかもイヒ

最近、仕事にも新しい環境にも少し慣れてきて、精神的肉体的に楽になってきました。

チベット体操や瞑想も再開して、ありがたいことに心身の調子の良いときが多くてピンク薔薇

そうすると誰かと楽しくおしゃべりしたくなる。

なんですけどね、なんだか周りにいる人たちがけっこう冷静っていうか。

話していると、こっちばっかりがテンション上がっててUMAくん

え、わたしグランディングが足りてないのか?この違和感は何??ってなっちゃう。
(そう思うってことは、実際足りてないのかもねー)

普通に話してるつもりでも、今日はオーナーのおばあさんと電話で話しているときに、「大きな声で話さないで・・、、」って言われちゃった。

人からどう思われようと構わないと思えるようになったとはいえ。

みんなに良く思われたいという気持ちがまだどこかにあって、わざと明るく元気に話してるってのもありそうだなと気づかされましたひらめき電球

んー、どうしたもんかなー。

お年寄りにとっては高くて大きい声は煩わしいみたいだから、これからは気をつけようと思いつつ。

少しテンション下げて話すと、なんだか楽しさ半減というか、生きている幸せ感が薄れるように感じて。

でもちゃんとグランディングできていたら、そんなハイテンションにならなくても十分に幸せを感じれるだろうし。

グランディングの見直しと、時にはわーっと楽しく話せる相手を見つけることが解決策かなと思うのでしたにやり

ゆかり

エンパス体質

テーマ:
去年だったか一昨年だったか。

エンパスという言葉を初めて知りました。

人の波動に影響されやすかったり、人の感情を自分の感情のように感じたりする、エンパス体質。

子どものころからを振り返ると、わたしはまあまあなエンパス体質らしい。


今回離島で久しぶりに接客業をしているわけですが、当然いろんなお客さんがいるわけで。

中には怒りのエネルギーや重く疲れたようなエネルギーをまとった人もいます。

一緒に働くスタッフもしかり。

側に居て心地よいと感じる波動をもつ人ばかりではありません。

自分が違和感を感じるエネルギーに会うと、急にわたしの波動が下がるというか、一気にそちらにひっぱられそうな感覚になります。

そういうときこそ自分軸気合いピスケ

それはわたしの持つエネルギーではないから大丈夫よ、と自分に言い聞かせ。

必要ならレイキのシンボル使います。

そうすると最小限の影響で済むような気がします。

エンパスという言葉を知らなくて、人のエネルギーに影響を受けてるとわからなかった頃は、けっこうしんどかったですねー、今思えば。

寝る前に自己レイキをして、ケアをすることも多くなりました。

自分の身は自分で守って、楽しく幸せに♪

I  enjoy  my  beautiful  life  つながるうさぎつながる花1つながるピスケ

ゆかり