はっぱハギレ部活動もいよいよ最終月、卒業間近です。

ランチョンマット、コースターと作っているので、今回の作品はティーコジー♪
今までの成果を出すために、色々挑戦してみました。

普通のかぶせるタイプは持っているので、今回作るのはハロッズのティーコジーみたいな
お茶の注ぎ口と持ち手部分が開いているタイプです。(^-^*)

○■今回のテーマ

futabato.【型紙を使う and 型紙を作る】
前回までは直線オンリーだったので、
絵を描いてサイズを想像して、展開図を書いて、布に直接書く!という方法でした。

futabato.【曲線に挑戦】
初めての曲線♪

futabato.【色んな素材でデザインを研究】

北欧生地と色や素材を色々合わせてみたいな。


糸麻、綿、撥水加工布、接着芯やレース小物を調達し、
セールだったのでファスナーも買い込みました。
しかし、糸がすぐになくなると思ったら100mでがっくり。
更に100円ショップで買ったボビンは大失敗だったのですが、この話はまた後日(≧O≦)
流れ星

バイアステープを買ってなかったので、勉強を兼ねて自作です。
小さい布を斜めに切ったので、繋げる作業に絶望しました。(夜中の作業なのでまたも手縫いです~)



さて、ぱかっと開くタイプのティーコジー。
カタログを見て想像するに、側面が開いているので底と前後パーツがあれば出来そうです。
作業としては3パーツを繋ぐだけですが、問題は丸底と曲線ですー(≧◇≦)

チューリップ
試作品はなんとなくキルティングの練習もしたので、途中まで模様がついてます。

色々実験した割には意外と可愛く出来てしまったので、
留め具にはハギレ部メンバーとお揃いの、レース編みのお花をつけてみました♪

ピンガ
さて本番。手持ちのティーポットの大きさを測って、底と前後パーツの型を作りました。
丸底はお皿で、前後パーツの壺みたいな形はフリーハンドで描きました。

次はデザイン、布を見つめて悩む事数時間、うーーーーん。はっぱ


こ・・・・・これは!かさ

星ティーコジーといえば花柄や無地が定番ですが、
試作品とは雰囲気を変えるべく、色々なテイストと素材を合わせてみたら、
すっかりインド風になってしまいました。

紅茶といえばインドだけど、目指していたのはコレじゃない!(≧へ≦)

ひよこという訳で全部解いてやり直しです。


糸レースとリボンを1本ずつ繋ぎ合わせて、先程のピンクの布に縫い付けてみました。

さっきよりは目指す方向が決まってきたけど、まだ足りない感じです。



リボン木枠を発見したので、刺繍ぽい事をしてみました。
お花をいくつか縫い付けたら、すっかり疲れてしまったので終了。

ラベンダーアイロンで接着芯も貼ってみました。
今回買ったのは綿ポリ接着芯で、ストールみたいな薄手の物。
もうちょっと厚手でもよかったのかな?


チューリップこのタイプのティーコジーってお茶がこぼれてシミになりそうだったので、
裏地には薄手の撥水加工布を使ってみました。

縫い付けてみたら、縫い代が透けて見えるのが気になります。
布を一枚追加。


ひよこレース+レース用ピンク布+接着芯+裏布+撥水布

何だか分厚くなって縫いにくそう。
不穏な空気が漂いますが、保温には良いかも。ブルークラウン



星丸底も接着芯と撥水加工布を縫い付けてあります。

留め具は120cmのレースを縫い合わせて筒状にし、
ゴムを通してシュシュみたいに作りました。

クラウン
あとは丸底とパーツを縫い付けるだけ♪


・・・・・・分厚いパーツと撥水布がツルツルして、試作品よりも激しく苦戦。
最後は縫い代をバイアスで包みましたが、ここも大苦戦でした。


なんとか完成です♪

レースとリボンと北欧柄のコラボ。

今回はすっかりタグを忘れていました。ひよこ



ケーキ裏側♪

ティーコジー


○側面♪



ひよこぱかっ♪

ハリオのポットにピッタリサイズです。

パイピング裏の縫い目は、普段は見えないから問題なし!(≧▽≦)


裏側~♪


ナイフ&フォークてぃーたいむ(^-^)


クローバーハギレ部の小物作りのおかげで、簡単な構造の物なら
少しずつ形作れるようになってきたかも。(≧O≦)
最初の頃はみんなの作り方を見ても、さっぱり分からなかったのですが、
失敗しまくりながらも、ちょっとずつ前進している気がして嬉しいです。


さて次回はハギレ部最後の作品
作りたい物がいっぱいです(*^-^*)流れ星


リボンリボンリボン


sakamoto house