大山阿夫利神社(下社)

テーマ:

大山阿夫利神社(下社)に行って参りました。


阿夫利神社御祭神

大山祇大神(オオヤマツミ)山の神様

大雷神(オオイカツチ)雷の神様

高龗神(タカオカミ)水の神様


阿夫利神社HPより

「阿夫利神社は、古代から人々の心の拠り所となり、国を護る山・神の山として崇められてきました。
山野の幸をつかさどる水の神・山の神として、また、海上からは羅針盤をつとめる海洋の守り神、さらには、大漁の神として信仰をあつめると共に、山岳信仰の中心として、今日に及んでいます。」

 

 

以前より人様の勧めもあってぜひ行きたいなぁと思っていたのですが、先日のラジオ収録にゲストで来てくださったJJさんにもお勧めしていただき、偶然にもその翌日の仕事が休みになったこともあり「これはベストなタイミングなのでは」ということで得意の「思い立ったが吉日」の精神で早速お参りしてきました!


ケーブルカーに乗ったのですがすごい傾斜をぐんぐん登っていきました。


本社まで行くとなるとしっかりとした登山の格好が必要なくらい大変みたいです。


ケーブルカーで山を登ってさらに階段を上がっていくと圧巻の景色が広がっていて遠くにはなんと江の島が見え思わず感動…。



大山阿夫利神社について。
大山は「あふり山」(雨降り山)とも呼ばれていて雨乞い信仰の中心となっていたそうです。


願いを護摩木に書いて火にくべました。
神様に届け〜!!!


本殿の脇にある巡拝道には神泉があり大山名水を汲んで持ち帰ることができます。

(飲むこともできますが生水なのでお早めに)


お土産にお清め用のお塩を買いました。食用としてもお使いいただけます。
小分けにして人様に配って回りたいです。


大好きな水の神様、水を育む山の神様、そして雷の神様。手を合わせてたくさんお話させていただきました。ありがたやありがたや。

雷の神様とのご縁を繋がせていただいたのを機に雷そのものへの苦手意識が薄れたら嬉しいなぁ…。