憂い | 一緒に歩いていこう、またそう言える日まで ~自死遺族の日記~

一緒に歩いていこう、またそう言える日まで ~自死遺族の日記~

反復性うつ病と診断されていただーさん。
闘病5年の末、2017年9月突然私を残し逝ってしまいました。

《一緒に歩いていこう》

これはだーさんと私の闘病ブログのタイトルでした。
今はだーさんの死と自分の生に向き合うブログです。


テーマ:
こんにちは。

セミが鳴き始めました。

夏の始まりに鳴き始めるセミ。
ニィーニイー

次は
ジビジビジビ

ミーンミンミンミン

ツクツクボーシ

7月が終われば8月が来て、そして9月が来る。
当たり前の事だけど。

一周忌を2ヶ月前に控え、既に気持ちが沈みがちです。

もう10ヶ月経ってしまうんです。

一人の時間が増えていくにつれ、だーさんのがどんどん遠くに行ってしまうようで、辛いというか、悲しいというか、淋しいというか。

仕事をしていることで『孤独という病』を拗らせずに済んでいるのは確かなのだけど、だけど突き詰めてみるとやっぱり孤独は孤独なんだよな、と思う事も多く。

何でこんな早く私を置いていったのかな。

仕事行ってこよ。

ローザグラウカさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス