救急搬送 | 一緒に歩いていこう、またそう言える日まで ~自死遺族の日記~

一緒に歩いていこう、またそう言える日まで ~自死遺族の日記~

反復性うつ病と診断されていただーさん。
闘病5年の末、2017年9月突然私を残し逝ってしまいました。

《一緒に歩いていこう》

これはだーさんと私の闘病ブログのタイトルでした。
今はだーさんの死と自分の生に向き合うブログです。


テーマ:
今、大学病院の救急救命センターにいます。

救急車呼びました。

私は今日仕事に出ていたのですが、仕事が一区切りついてスマホを見たらLINEが一杯来ていて、それはODの実況でした。

急いで帰ると、すでに酩酊状態にあり、その時は多少会話は出来たのですが横になって寝ました。

途中、吐瀉したのでそれを介護し、脈を測ったりして様子を見ていたのですが、次第に顔色が悪くなってきたので、これは酩酊ではなく昏睡だと思い救急車を呼びました。

救急車を待っているうちにみるみる青ざめてきて呼吸が止まったので、人工呼吸をしながら待ちました。

私、ちゃんとだーさんの保険証とお薬手帳と自立支援の受給証持って救急車に乗り込めたんです。

冷静に頑張ったと思います。

今、処置をしています。

私の親はもとよりだーさん母にはもっと話せません。

でも、友達が来てくれます。

大丈夫かな。
こわいよ。

ローザグラウカさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス