アナログおやじの鹿島でワッショイ!

アナログおやじの鹿島でワッショイ!

鹿島アントラーズのゆるサポ日記です。

NEW !
テーマ:

お早うございます。アナログおやじです。

 

お盆が終わりましたね。

先祖の霊は、生前を過ごしたそれぞれの自宅からお墓に帰られたことでしょう。

我が家でも、ゆっくり過ごすことができたかな?

 

私と父は、若い頃衝突することのほうが多く、お互いに分かり合える存在ではありませんでした。

息子と父(おじいさん)は仲が良く、ウマが合うような感じに見えました。

祖父と孫というのは、そんな関係になるのかもしれませんね。

 

さて、この話は、先日のお盆にあった出来事です。

迎え火の夜、息子はソファ―で熟睡していました。

「寝ているのを起こすのも」と思い、迎え火は息子抜きで・・・

 

 

 

その日の夜、遅くまでパソコンをやっていたのですが、突然パソコンがフリーズに!

すぐにパソコンに詳しい息子を呼びました。すると、

「これは、すぐに直らないよ。」と、息子はお手上げの状態です。

 

「んっ、ちょっと待てよ。仏壇に線香を上げたかい?」と息子に言うと、、「まだだよ」と・・・

そういえば、父の葬儀の夜に、突然自宅の電波時計の針が早く回り出したことを思い出したのです。

「すぐに線香を上げた方がいいよ!」と息子に言い、息子は仏間に向かいました。

 

線香を上げ、戻って来た息子に、「もう一度、パソコンを見てみてよ」と頼んだのです。

「うん、やってみるよ」と息子が言い、パソコンを操作すると・・・。

なんと、パソコンが復活したではありませんか!

 

もしかしたら、祖父が仲の良かった孫(息子)に、自分が帰って来たことを知らせたかったのかもしれません。「一緒に迎え火をやってほしい!」と言いたかったのかも。

 

皆さんは”霊”の存在を信じますか?

私は、信じています。

それは若かりし頃、真夜中の墓場でふわふわと浮遊する「火の玉」を目撃して以来・・・

 

P.S オマケです。

 

 

「治一郎のバームクーヘン」息子のお土産です。 口に入れた瞬間のしっとり感が何とも言えません。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス